京都遠征で、モモタロウ、ゲンキ、ゲンタロウと感動のご対面(京都市動物園)

4月16日、日曜日、京都は曇り時々晴れで気温は12度~26度。
京都に遠征してきました。京都市動物園のお目当ては、ゴリラの一家で、モモタロウ、ゲンキ、ゲンタロウ。
さっそく、ゲンタロウです。

b0291402_08394114.jpg


ゲンタロウは2011年12月21日生まれの5歳。パパはモモタロウ、ママはゲンキです。
パパのモモタロウは上野動物園のモモコの長男なので、ゲンタロウはモモコの孫。
モモコの娘たちのコモモ(7歳)、モモカ(4歳)は、ゲンタロウの叔母さんにあたります。

b0291402_08395159.jpg


高いところもへっちゃらです。そりゃあ、ゴリラの子供ですからね。

b0291402_08400019.jpg


檻の外を見ながら得意の表情。

b0291402_08401105.jpg


ゲンタロウのパパ、モモタロウは、食欲旺盛!!、2000年7月生まれで16歳。
パパはビジュ、ママはモモコですが、こんなに立派なオスゴリラに成長しました。
日頃、上野でモモコの写真を撮ってますが、顔がどことなく似てます。

b0291402_08402182.jpg


上から陽が当たると、檻の陰が筋骨隆々なシルバーバックに映ります。
ちょっと独房の囚人風ですが、これはこれで絵になります。

b0291402_08403246.jpg


ゲンタロウのママのゲンキは、1986年6月生まれの20歳。
ここのゴリラ舎は、ガラスに映り込むので撮影に苦労しますが、外の桜の花が映り込むこともあります。今だから撮れる桜に囲まれたゲンキ。

b0291402_08404589.jpg


ここの魅力はゴリラとの距離が近いこと。そして上野や、名古屋の東山ほど混んでないこと。
常連さんは望遠レンズの先に、映り込みを防ぐカバーを付けてますが、さすがです。

b0291402_08405435.jpg

実はこの写真を撮ってる女性は、エキサイトブログのブロ友さん。
日頃は東山動物園と、京都市動物園で写真を撮られてる、montomatoさんです。昨日はありがとうございました。
彼女のブログは、素敵なゴリラの写真が満載です。

写真は300枚以上撮りましたが、次回は3匹の顔写真や、親子の触れ合いをお届けします。



# by tabi-to-ryokou | 2017-04-17 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(24)

ミロが構想し、ミロの故郷に設立した、作品数が1万点超のミロ美術館(その後半)(スペイン、バルセロナ)

昨日の日記の後半です。
ミロは1893年にバルセロナに生まれ、90歳で亡くなるまで、スペインを代表する画家でした。

b0291402_23312602.jpg


ミロの描く人物や鳥は、かなりデフォルメされています。

b0291402_23314017.jpg


原色を基調とした激しい色使いは、有機的な形態とマッチして生命感が溢れます。

b0291402_23314993.jpg


古典的・写実的なシュルレアリストの作品とは、そこが決定的に違います。

b0291402_23315868.jpg


順路通りに歩いていると屋上に出ました。小雨がパラつくバルセロナの景色です。

b0291402_23320878.jpg


再び絵画を続けます。

b0291402_23321740.jpg
b0291402_23331909.jpg
b0291402_23322727.jpg


b0291402_23364757.jpg


出口にはミュージアムショップがありました。

b0291402_23323825.jpg


ミロは90歳で亡くなるまで作品を描き続けたので作品数も多く、マヨルカ島のパルマのアトリエで、絵画以外に、陶器や、彫刻も制作しました。
wikiを引くと、愛知県美術館、岐阜県美術館、福岡市美術館、富山県立近代美術館にもミロの絵画が収蔵されているそうです。
でもバルセロナのミロ美術館で、これだけ沢山のミロを見ると、もっとミロと言われても、もうじゅうぶんですと答えたくなります(笑)

土曜・日曜は、ちょっと遠くまで取材に出かけてますので、コメント欄は閉じさせていただきました。


# by tabi-to-ryokou | 2017-04-16 16:00 | 絵画 | Trackback

ミロが構想し、ミロの故郷に設立した、作品数が1万点超のミロ美術館(その前半)(スペイン、バルセロナ)

2月11日に、メトロと、バスを乗り継いで、ムンジュイックの丘にあるミロ美術館を訪ねました。
ミロの故郷に、ミロの作品を収める美術館は無かったのですが、友人たちの協力もあり、ミロを中心に現代美術1万点超を収蔵した美術館が1975年に開館しました。

b0291402_22565869.jpg


入り口ではミロの彫刻が出迎えてくれます。

b0291402_22585617.jpg


無償で設計を担当した友人のホセ・ルイ・セルトは、来館者が建物内を自然に進めるようにと中庭やテラスも設けました。

b0291402_22571880.jpg



ここからミロの作品です。(全作品の撮影がOKでした)

b0291402_22572995.jpg
b0291402_22575816.jpg
b0291402_22580862.jpg
b0291402_22581771.jpg
b0291402_22582823.jpg



屋内には外光が取り入れられており、柔らかな明かりがミロの絵画を引き立てていました。
全作品は撮れなかったのですが、ミロの代表的な作品は撮ってきたので、次回に続きます。

土曜・日曜は、ちょっと遠くまで取材に出かけますので、コメント欄は閉じさせていただきました。



# by tabi-to-ryokou | 2017-04-15 16:00 | 絵画 | Trackback

撮りフライト君や、空見ちゃんは必見。飛んでる飛行機が間近に迫る撮影場所(成田国際空港)

成田国際空港で、「撮り鉄」ではなく、「撮りフライト」をしてきました。

撮影場所は成田国際空港A滑走路の北側に位置する「さくらの山」です。

b0291402_08511804.jpg


こんな光景も見えます。JALのボーイングー767型機です。

b0291402_08513470.jpg


お~~危ない!!!

b0291402_08514567.jpg


距離は離れてるから大丈夫ですが、迫力満点です。

b0291402_08515651.jpg


成田国際空港の魅力は海外の航空会社や、LCCが多くて、機体の塗装が華やかなこと。
ピーチ航空のエアバスー320型機。

b0291402_08520855.jpg


なんとジェットスター航空はお腹にまでロゴマークが。
同じくエアバス320型機ですが、撮りフライトや、空見ちゃんに見せるためでしょうか(笑)

b0291402_08521822.jpg


ANAのボーイングー787型機は、バンコックからの到着便。
見せてくれました、タイヤの摩擦で上がる派手な白煙。

b0291402_08523473.jpg


中華航空のジャンボ機は、ボーイングー747、ダッシュ400です。
エンジンが4基、ランディング・ギアーも4基の重量級。

b0291402_08524534.jpg


この日は、エンジン噴射の陽炎がユラユラと見えました。
ランディング・ギアーをお腹に格納して台北に向かいます。

b0291402_08525430.jpg


やはり空港はいいですね。私の昔の職場です。
飛んでる飛行機が簡単に撮れる「さくらの山」は、JR成田駅、もしくは京成成田駅からバスで15分です。



# by tabi-to-ryokou | 2017-04-14 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(20)

行けば必ず写真を撮る、私のお気に入りは、オランウータン、レッサーパンダ、そしてユキヒョウ(日野市、多摩動物園)

ウータン、レサパン、ユキヒョウを撮るなら多摩動物園。ゴリラと、ハシビロコウなら上野動物園。
レサパンは多摩動物園にも、上野動物園にもいますが、上野は檻が狭くて撮りにくいのです。
先日、多摩動物園で、私の人気御三家を撮影してきました。

2014年6月19日生まれのアピ君は、2歳の男の子です。

b0291402_16134087.jpg


得意は木登り、なんたって、やんちゃ坊主です。

b0291402_16135089.jpg


リキ君は2012年11月14日生まれのオスで4歳。アピ君とは母親違いのお兄さんです。

b0291402_16140199.jpg


本日の、ド・アップ特集はアピ君。それにしても若ハゲが可哀想(^。^)

b0291402_16140918.jpg


レッサーパンダのフランケン君。2012年6月12日生まれなので4歳です。
カナダのカルガリー動物園から「種の保存」に寄与するためにと寄贈されました。

b0291402_16142590.jpg


ド・アップ特集。鼻が真ん丸で可愛い。

b0291402_16143398.jpg


ユキヒョウのミミちゃんは、オーストリアのザルツブルグ動物園からやってきました。
2009年5月13日生まれなので、7歳のメスです。

b0291402_16144387.jpg


ド・アップ特集を撮ろうとしたら、「ベ~」をされちゃいました。

b0291402_16145331.jpg


ここで嬉しいお知らせが。・・・と言っても嬉しいのは私だけかもしれませんが、
上野動物園ではゴリラの「モモコ」が妊娠しました。出産予定は10月で、モモタロー、コモモ、モモカに続いて4頭目の子供になります。
多摩動物園で生まれたチーターの三つ子の赤ちゃんが、4月8日から公開されています。生れたのは2月5日なので、まだ2ヵ月。
早く見に行きたいのですが週末は予定があり、初対面は来週になりそうです。



# by tabi-to-ryokou | 2017-04-13 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(30)

美容家の山野愛子さんが半生を過ごした邸宅で、いただく懐石料理(新宿区)

学生時代の同級生が月に1回集まる同窓会。
昨年も山野愛子邸で開催しましたが、今年は花見をかねて4月4日に8名が集まりました。

地下鉄東新宿駅から徒歩2分ですが、抜弁天通りから山野愛子邸の途中にソメイヨシノが1本。

b0291402_07475122.jpg


お庭にはボケが咲き・・・・

b0291402_07480045.jpg


紅梅も咲いてました。

b0291402_07481005.jpg


開宴10分前の5時50分には全員が集まり、宴会スタート!!
最初の料理は前菜盛り合わせ。かなり手が込んでます。

b0291402_07483997.jpg


始まって10分で、既に宴たけなわ。次はお椀です。
飲み放題なので、自分が注文した飲み物が確保できたら、皆さんおしゃべりに夢中。

b0291402_07484846.jpg


ここで大失敗。次の「刺身盛り合わせ」を撮るのを忘れました(笑)
そりゃ、無理です。飲み食いとおしゃべりで、カメラは全く忘れてました。
次は「鯛と新若布しゃぶ」です。

b0291402_07490055.jpg


鯛は紙鍋で、若布とともにいただきます。
鯛が2切れだったのは、物足りなかった。しゃぶしゃぶなのでせめて5切れは欲しい(笑)

b0291402_07491266.jpg


私はビールのあとは、いつも赤ワイン。
カニグラタンです。

b0291402_07492140.jpg


海老と山菜の天ぷら。

b0291402_07492907.jpg


にぎり寿司。ここで赤ワインを冷酒に変更。

b0291402_07494939.jpg


この月次同窓会は既に10年以上続いており、毎月会ってるのに、つもる話はつきません(笑)
政治、経済、投資、スポーツ、趣味、健康、年金、老後、ETC、ETC・・・・・
ここで大失敗、最後のデザートも撮るのを忘れました(笑)

どんな邸宅かというと、こんなお屋敷です。我々の部屋は2階の一番左側でした。

b0291402_07542035.jpg


庭が眺められる個室、懐石料理のコース、呑み放題もついて、6,500円。
興味がありましたら「がんこ新宿 山野愛子邸」で検索できます。



# by tabi-to-ryokou | 2017-04-12 16:00 | グルメ | Trackback | Comments(26)

ハヤブサが空を舞い、ルアーにアタックする美しい姿(埼玉県吉見町)(最終回)

お花見に浮きたち、桜の写真が続いてる今日この頃ですが、本日はハヤブサが空を舞います。
満開の桜も優雅ですが、ハヤブサが飛ぶ姿も優雅です。

b0291402_08362698.jpg


鷹匠さんのコントロールで、ハヤブサは空を飛び、急降下してはルアー(疑似餌)を狙います。

b0291402_08363500.jpg


ハヤブサが付けてる装置は、どこかに飛んでいってしまった時のためのGPS。

b0291402_08370276.jpg


空を飛びながらも、視線はルアーを見ています。

b0291402_08371197.jpg


アタック開始。

b0291402_08373136.jpg


急降下して接近中。

b0291402_08374263.jpg


鷹匠さんは、巧みにルアーを操り、ハヤブサとぶつからないようにします。

b0291402_08375649.jpg


後から見ると、足をきちんとお腹につけて飛んでます。

b0291402_08382615.jpg


鷹匠と、ハヤブサとの日頃の練習のたまもので、ハヤブサは何回もアタックを繰り返します。

b0291402_08383663.jpg


50回近くのアタックを終え、ご褒美のお肉をいただくハヤブサ君。

b0291402_08420663.jpg


最後にカメラ目線の、ドヤ顔!!。なんか笑顔に見えました。

b0291402_08421579.jpg


カワセミが飛ぶのは速すぎてうまく撮れませんが、ハヤブサなら飛んでいても撮れます。
こういう大会が、次はいつあるのか分かりませんが、2回にわたって撮影した競技会は、猛禽類と、猛禽類が好きな人たちが集まる楽しい祭典でした。



# by tabi-to-ryokou | 2017-04-11 16:00 | | Trackback | Comments(16)

東京は桜が満開なのに、土曜も日曜も雨。仕方なく桜のイベントを開催中という水族館に出かけました(墨田区、すみだ水族館)

4月9日、日曜日、最高気温は15度、北風が吹き、小雨がぱらつく寒い1日でした。

前日は雨が止むかと期待して、結局は止まずに撮影に出れなかったので、今日は止むかどうか分からないまま待つのは止めて、
家訓に従い(笑)、雨の日は水族館ということにしました。

すみだ水族館では、日本最大級の屋内開放型ペンギンプールで春を表現した映像を投影するそうです。

b0291402_07142095.jpg


10時15分から、僅か7分間の投影ですが、何も知らずに泳ぐペンギン君。そしてペンギン君を見つめる少女。

b0291402_07143095.jpg


ペンギンプールの底面全体にプロジェクションマッピングを用いての映像が始まりました。

b0291402_07145059.jpg


過去にも「ペンギンキャンディー」というプログラムがありましたが、今回は「ペンギンピクニック」というプログラムです。

b0291402_07150303.jpg


よく分からない映像ですが、クラゲが泳いでるようにも見えます。

b0291402_07152732.jpg


春の風物詩である桜などをあしらった映像と書いてありましたが、これでしょうか。

b0291402_07153713.jpg


まあ、これが桜ということにしときましょう。

b0291402_07155151.jpg


7分間の投影はあっという間に終わり、次はクラゲの水槽内へ投影する「クラゲと桜」です。

b0291402_07165275.jpg


左上に桜の花びらのようなのが見えて、水槽は桜色に染まりました。

b0291402_07170781.jpg


クラゲが、お花見にやって来たという雰囲気で、華やかでした。

b0291402_07171659.jpg



自宅を出たのが9時15分、すみだ水族館に行って、ショーを見て帰って来たのが11時15分。
今シーズンは今日が撮り納めかなと、雨が降りしきる中、傘を差したまま自宅前の桜を撮りましたが、道路には桜の花びらがこんなに散ってました。

b0291402_07215079.jpg


自宅といってもマンションで、右は隅田川、左は我が家があるマンションです。北側の部屋からは隅田川と桜が見え、南側の居間からはスカイツリーが見えます。
それにしてもこの週末は雨にやられました。あと1回くらいは、桜の写真を撮りたかったのですが、東京のソメイヨシノは既に散り始め。がっかりの恨み節です(笑)


私の桜ショット&お花見弁当



# by tabi-to-ryokou | 2017-04-10 16:00 | | Trackback | Comments(24)

桜が満開の週末に無情の雨。かわりに「花桃」と「カタクリ」です(古河総合公園&横浜ズーラシア)

満開の桜を撮ろうと張り切って待っていた土曜日(4月8日)ですが、1日中雨。残念ながら、桜は空振りに終わりました。

3月に古河総合公園で撮ってきた花桃の未公開画像です。

b0291402_16173844.jpg


色は微妙に違いますが、写真上も、写真下も「矢口」という花桃だと思います。

b0291402_16174739.jpg


菜の花も咲いてました。

b0291402_16175962.jpg


花桃&菜の花です。

b0291402_16180841.jpg


桃源郷って、こんなホンワカした夢のような世界なんでしょうね。

b0291402_16181748.jpg


茨城県が誇る、日本一の花桃の里でした。

b0291402_16182824.jpg


場所はかわって、こちらは今月、横浜のズーラシアで撮ったカタクリです。

b0291402_16184890.jpg


群生を期待して行きましたが、見頃は3月で既に終わっており、咲いてたのは数輪でした。

b0291402_16185950.jpg


午前も、午後も雨で、結局家から1歩も外に出ていません。仕方なくケニアの野生動物のフォトブックを作って過ごしてました。
明日(4月9日)は晴れて欲しいのですが、降水確率は30~50%。なんとも微妙です(笑)



# by tabi-to-ryokou | 2017-04-09 16:00 | | Trackback | Comments(20)

ケニアの人気者が勢揃い。象、クロサイ、ライオン、チーター(到着して6日目・7日目のサファリ)

2月18日、2月19日に出会った動物をまとめてお届けします。

日の出前の一瞬、ピンンクに染まったサバンナを、象の親子がゆっくりと歩いていきます。

b0291402_11273346.jpg


ケニアの希少動物、クロサイです。

b0291402_11274361.jpg


過去に何回か、この日記にも登場した、ビッグママ花子の子供だそうです。こんなに近くで見たのは初めてでした。

b0291402_11275112.jpg


立派なタテガミのオスライオン。

b0291402_11281512.jpg


身体が大きくて、タテガミが立派だとメスにもてるとか。

b0291402_11282400.jpg


変わった鳥をご紹介しましょう。ミナミジサイチョウ。

b0291402_11283389.jpg


樹上ではなく地面で暮らしていて、昆虫やヘビなどを捕食して食べるそうです。
真っ黒だと思っていたら、白い羽根もあることを見せてくれました。

b0291402_11284226.jpg


ここからはタンザニアとの国境の近くを縄張りとするチーターです。

b0291402_11291012.jpg


サバンナで一番美しい肉食獣と言えるでしょう。彼女は7歳~8歳、メスのチーターです。

b0291402_11291998.jpg


身体はしなやかで、毛並みは美しく、チーター特有の綺麗なドット柄でした。

b0291402_11292896.jpg


90分にわたるご対面で、近くから撮ることができました。

b0291402_11341342.jpg


正面からのアップ。常に鋭い目つきで周囲を見渡してました。

b0291402_11342346.jpg


ケニアのサファリでは、サイ、ライオン、チーター、豹が人気者。出会えたら必死に撮ってます。
象、キリン、シマウマ、バッファローは、毎日何回も会えるし、川に行けば、カバもいます。なので「あ、またいたよ」って感じで、気が向けば撮ってます(笑)
でもサバンナの夜明けの景色を見て、光と風と空気を感じながらドライブしてるだけでも、じゅうぶんに楽しいです。
次回は最終回、主にライオンを中心にお届けします。



# by tabi-to-ryokou | 2017-04-08 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(22)