タグ:CANON EF24-105mm F4L IS USM ( 915 ) タグの人気記事

スリランカの、ここは見ておきたい(その20)(タンブッラ、ホテルの食事とお庭)

7月5日、スリランカの4日目の朝を迎えました。

本当なら、午前中に訪問予定のタンブッラ石窟寺院を、前日に観光したので余裕の朝です。
ホテル内ですが、左の手前が自分のコテージです。

b0291402_19353658.jpg




リゾートホテルなので、プールもあります。

b0291402_19354825.jpg



左側は川、右がレストラン棟。正面はカメラを見てポーズをとってくれた掃除中の従業員さん。

b0291402_19355918.jpg



エントランスには、番犬ならぬ「番象」が2頭。でもハリボテの彫刻でした。

b0291402_19361133.jpg



食べれるフルーツらしいのですが、名前は忘れました。

b0291402_19362453.jpg



こちらはパイナップル。毎朝、食卓に出て来ました。

b0291402_19363349.jpg



この花も名前は聞いたのですが、メモするのを忘れました。

b0291402_19364602.jpg



ウェイター君です。彼も私のカメラを見てポーズをとってくれました。でも恰好つけすぎ(笑)

b0291402_19371581.jpg



このホテルには2泊しましたが、これは昨晩の夕食です。日本の牛肉に比べると、スリランカの牛肉はまるで「スルメ」の硬さ。
「3食ともカレーです」というお国柄なので、料理に関してはイマイチ、イマニ、イマサンでした(笑)

b0291402_19381244.jpg



さあ、タンブッラを出発して、世界遺産の聖地キャンディまで3時間。
さっそくの渋滞ですが、スリランカの4日目が始まりました。

b0291402_19372563.jpg



この日はキャンディ観光、夜は伝統舞踊のダンスショーの見学があります。
スリランカ日記は、のんびりと書いてきましたが、まだ3日分残ってるので、すこしペースを速めます。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-20 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(18)

覗きのエンターテイメント、浮遊する光の幻想空間!!、万華鏡展2017(渋谷、Bunkamura)

3連休の真ん中の日曜日でしたが、台風18号接近で雨が降る渋谷に出かけました。
目的は「Bunkamura Gallery 万華鏡展」、今年で15回目だそうです。

会場は結構な賑わいです。世の中に万華鏡ファンって、多いんですね。

b0291402_14375806.jpg




人気作家の作品が、ずらりと並びます。

b0291402_14380952.jpg



有難いことに、どの万華鏡も手にとって覗くことができ、会場内のカメラ撮影は自由でした。

b0291402_14382074.jpg



大がかりな作品から、覗いてびっくりの面白い作品まで。その場で買って、持ち帰ることもできます。

b0291402_14383185.jpg



覗き口が大きな万華鏡は、写真を撮ることもできました。

b0291402_14385807.jpg

b0291402_14391184.jpg

b0291402_14451735.jpg



圧巻はこの作品、万華鏡のドレスです。
おやまあ、なんとなんと、と驚きながら光と色彩の幻想空間を楽しんできました。

b0291402_14511695.jpg



なお万華鏡展2017の開催期間は9月24日の日曜日までです。
久しぶりに渋谷まで来たので、渋谷駅の改良工事の様子を「ヒカリエ」から撮ってきました。
左側が渋谷駅の上に建設中の高さ230mの商業施設です。完成は2019年度。

b0291402_14454969.jpg



銀座線渋谷駅では、現在のホーム位置が表参道方向へ約130m移動して、明治通りの上に
出てくることで、現在の窮屈なホームが広くなります。でも完成は2020年度。

b0291402_14455980.jpg


JR東日本が公表している渋谷駅改良工事は2015年に着手し、全体の完成は2027年度。
バルセロナのサグラダファミリアが、工期を150年短縮し、2026年完成と公表したので、
サグラダファミリア完成の翌年に、渋谷駅の改良工事が終了することになります(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-09-19 14:34 | イベント | Trackback | Comments(18)

遠州の 古刹に風鈴 秋近し(静岡県袋井市、法多山尊永寺)(最終回)

8月27日に遠州三山の古刹を廻り、その風鈴祭りを撮影しましたが、
1回目は萬松山可睡斎、8月28日の日記でした
2回目は医王山油山寺、9月6日の日記です
3回目は高野山真言宗別格本山の法多山。今回で遠州三山の風鈴祭りは最終回です。

1290年ほど昔、神亀2年(725年)聖武天皇の勅(みことのり)により行基上人が開山した高野山真言宗別格本山である法多山は、
厄除観音として地域の人々に愛されています。
遠州三山でも境内は一番広く、仁王門前の駐車場から本殿まで15分も歩きました。この仁王門は、国指定重要文化財に指定されています。

b0291402_05451755.jpg



黒門という名前の門なので、ここはモノクロで撮りました。

b0291402_05452944.jpg



「参道」のつもりでしたが、この道はきつい「山道」でした。

b0291402_05453983.jpg



最後の最後に、石段。15分の道のりでしたが、ずっと登り坂できつかったです。

b0291402_05455084.jpg



ここが法多山本堂です。風鈴まつりの風鈴はというと、本堂両翼の回廊に吊るされてます。

b0291402_05460011.jpg



回廊に吊るされた絵付け風鈴は、左右の回廊で合計480個ほど。

b0291402_05461324.jpg



回廊に設けられた竹製の格子に1つ1つ風鈴が吊るされています。

b0291402_05463809.jpg



風鈴に吊るされた木の短冊に願いごとを記入して、1枚200円で奉納することができます。
まずは「家内安全」ですよね。

b0291402_05520994.jpg



そして「病気平癒」も。

b0291402_05522491.jpg



カランコロンと風鈴の音色が届きますが、鈴には鮮やかなイラストが描かれ、モチーフは花火、金魚、朝顔、そして蛍などでした。

b0291402_05523580.jpg



願い事は「毎日笑顔」

b0291402_05530103.jpg



ひとたび風が吹けば一斉に響く軽やかな音色は、鉄琴の和音のようでした。

b0291402_05531311.jpg



1枚200円の短冊を奉納する時間はありませんでしたが、「家内安全」、「毎日笑顔」と、「健康」をご本尊に、祈願してきました。
3回にわたってお届けした遠州三山の日帰り旅は今回で終わります。
またこんな旅に出かけられるといいのですが、次はいつになることやら。


by tabi-to-ryokou | 2017-09-16 16:00 | 旅行 | Trackback | Comments(14)

スリランカの、ここは見ておきたい(その19)(世界遺産・タンブッラの石窟寺院)

7月4日、スリランカの3日目、気温は31度。
午前中はシーギリヤロックに登り、ホテルに戻ってから昼食をとり、ゆっくりと休憩してから、夕方に2件目の世界遺産を目指しました。

スリランカでも有数の石窟寺院は、岩山の頂に5つ並んでいて、壁画や仏像の美しさと歴史的な価値からユネスコの世界遺産に指定されています。

b0291402_07330837.jpg



第1窟は「神々の王の寺」と言われる最古の石窟で、2100年前に造られました。
この色彩鮮やかな壁画が2100年前のものだとすると、凄いことです。

b0291402_07334696.jpg



壁と同じ自然石に彫られた約14mの涅槃仏。黄金色に染められてました。

b0291402_07335889.jpg



第2窟は、ダンブッラ最大の洞窟で、幅52m、奥行き25m、高さ6m。
仏像と天井をご覧下さい、自分の表現力では言い表すことができませんが、素晴らしいです。

b0291402_07341023.jpg



タンブッラとは「水の湧き出る岩」という意味で、天井から湧き水が滴り落ちています。
雫の落ちる所には壺が置かれ、囲いがありますが、この壺の水は減りもせず、増えもしないので不思議な聖なる水と言われます。

b0291402_07342269.jpg



第3窟は、「偉大な新しい寺」と言われ、18世紀後半に造られたそうです。
第1窟から第3窟まで、あっという間に、紀元前1世紀から、18世紀まで移動しました。

b0291402_07345115.jpg



右側は全長9mの寝仏の頭です。

b0291402_07350255.jpg



そして、その寝仏の足。

b0291402_07351423.jpg



石窟から石窟の間はこんな回廊で繋がっています。

b0291402_07354465.jpg



ずっと石窟の中にいるのも圧迫感があるので、外を歩いたり・・・・・

b0291402_07360179.jpg



池の睡蓮を撮ったり。

b0291402_07410593.jpg



再び戻って第4窟、第5窟を観ましたが、どちらも新しい石窟なので第3窟までと比べると見劣りしました。

b0291402_07414818.jpg



第3屈から、第5窟までで、目立った仏像です。

b0291402_07413382.jpg

中には、人相・・いえ仏相が、あまりよくない仏像も。

b0291402_07420066.jpg



段々と、観光客も少なくなり、岩山の頂から陽が沈みます。

b0291402_07421116.jpg



第1窟から、第5窟までを見学すると、壁画と仏像で、スリランカ仏教の歩みが分かります。
特に壁や天井の壁画は、仏陀の生涯や、スリランカの歴史が描かれており、迫力がありました。
タンブッランの石窟寺院は、1991年に世界遺産に指定され、スリランカに8つある世界遺産のうちの一つです。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-14 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(8)

魚河岸とな、それはいかん、サンマは目黒に限るのじゃ(目黒さんま祭り)

9月10日、日曜日、東京は晴れ、気温は22度~30度

古典落語「目黒のさんま」で、殿様はサンマは魚河岸でなく、目黒に限るとのたまいました。
そのオチがきっかけで始まった、目黒のさんま祭りは今年で24回目。今や、秋の風物詩です。
通りの奥のほうが、さんま会場ですが、この目黒駅前の熱気は朝の10時です。

b0291402_08003623.jpg



例年3万人の人出があり、サンマにありつけるのは先着の7000人。
最初からサンマは諦めてるので、来賓の片山さつき議員を眺めてから、会場に向かいます。

b0291402_08004849.jpg



カメラマンは、まず全体を把握しなければ(笑)。行列はというと八幡神社の前ですがこのくらい。

b0291402_08010174.jpg



サンマは岩手県宮古産が7000匹。「三陸沖の海洋深層水」を取り入れた氷で鮮度を維持したまま、今朝、直送されました。

b0291402_08014038.jpg



「目黒のさんま祭り」の白いシャツは、目黒駅前商店街青年部(通称:め組)の皆さんです。

b0291402_08011818.jpg



青いシャツは、応援にかけつけた宮古市の皆さん。
「本州最東端の街、岩手県宮古市から新鮮なさんまをお届けしています!」と書かれてます。

b0291402_08012778.jpg



手前はこれから焼くサンマ、奥は焼きあがったサンマ。

b0291402_08015236.jpg



こんがり焼けたサンマがこちら。漂う煙と、香ばしい匂いが、もう堪りません(笑)

b0291402_08020596.jpg



スダチは徳島県神山町、大根おろしは栃木県那須塩原市、備長炭は和歌山県みなべ町が、毎年提供して下さるそうです。

b0291402_08021710.jpg



焼き立てが美味しそう!!、きっと朝早くから並んだんでしょうね。

b0291402_08022858.jpg



行列はというと、目黒駅から延々と上大崎の交差点まで。平均待ち時間は3~4時間とか。

b0291402_08102116.jpg


「目黒のさんま」に登場するお殿様は、松平出羽守ですが、きっとこの行列を見たら、馬から転げ落ちて驚くでしょうね(笑)
なお目黒には、もう一つのさんま祭りがあり、目黒区民まつり。
こちらは9月17日の日曜日で、気仙沼産のサンマ5000匹が、ふるまわれます。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-11 16:00 | イベント | Trackback | Comments(24)

部門別熱演賞を贈りたいダンサーたち(浅草サンバカーニバル)(その最終回)

8月26日に開催された浅草サンバカーニバル。

(その1)は美女10名でしたが、
(その2)は圧倒的存在感のダンサー9名と1組。
(その最終回)は部門別熱演賞を贈りたいダンサーたち。写真は15枚です。

羽根飾りに熱演賞

b0291402_05502335.jpg




b0291402_05504101.jpg




b0291402_05505292.jpg




b0291402_05510300.jpg




ここで休憩、美輪明宏さんに熱演賞

b0291402_05512939.jpg



衣装に熱演賞

b0291402_05521390.jpg




b0291402_05522530.jpg




b0291402_05523539.jpg




b0291402_05524590.jpg



ここで休憩、「H女」さんに熱演賞

b0291402_05532744.jpg



露出で熱演賞

b0291402_05580028.jpg




b0291402_05581330.jpg




b0291402_05582590.jpg




b0291402_05583774.jpg



ダンサーたちも頑張ってくれたけど、男性カメラマンの諸君も頑張ってました。

b0291402_05590038.jpg


雷門通りに西日が差し、今年のサンバカーニバルが終わります。
私の熱闘7時間も終わりました(笑)
また来年を楽しみに。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-09 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(16)

つまみは前菜3種、ドリンクが2杯フリー、パスタを選び、さらにメインの料理も選べるイタリアン(麻布十番)

大事な会食や、商談や、デートにも適したお店を紹介する新シリーズの2軒目です。
その条件は個室での食事、料金は3,500円以下。

今回のお店は麻布十番。ランチなのに44種から選べるドリンクが2杯も付くので、呑兵衛同士の会食・商談にはぴったりです。
つまみは前菜3種、料理はパスタを選び、さらにメインの料理も選べるイタリアン。

最初は、【選べる2ドリンクメニュー】
■ワイン       スパークリングワイン・ワイン白/赤
■ワインカクテル   キール・ミモザ・オペレーター・ワインクーラーなど
■カクテル      ジントニック・カシスグレープフルーツ・オレンジブロッサム・モスコミュール・スプモーニなど
■ビール       ドラフトビール・シャンディガフ
■ウィスキー     ハイボール・ジンジャーハイボールなど
■焼酎        ウーロンハイ・レモンサワーなど
■ソフトドリンク各種

b0291402_19453356.jpg



■前菜3種盛合せ

b0291402_19461845.jpg



■厳選野菜のスープ
■バケット(おかわり自由)

b0291402_19464856.jpg



■パスタ
・本日のパスタ もしくは ・A5ランク佐賀牛のローマ風スパゲッティーニ

b0291402_19471814.jpg



■メインディシュ
・本日の鮮魚炭火焼き 
・チャコールグリルポーク 
・ローストチキン 
・A5ランク佐賀牛の赤ワイン煮込み(+500円)

b0291402_19474878.jpg


店内の写真です。

b0291402_19481817.jpg



コーヒーまたは紅茶と、帰る時にはもれなくお見送りのイケメンも付いてます(笑)

b0291402_19484793.jpg


気になるお値段は、1人当たり税込みでぴったり3,000円。
お店は、港区麻布十番1-5-30 董友ビル1F、「イタリアンレストラン GODDESS」でした。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-08 16:00 | グルメ | Trackback | Comments(26)

遠州の 古刹に風鈴 秋近し(静岡県袋井市、医王山油山寺)

8月27日に遠州三山の古刹を廻り、その風鈴祭りを撮影しましたが、1回目が萬松山可睡斎、8月28日の日記でした。
今回は2回目で、医王山油山寺です。

油山寺の正式名所は、医王山薬王院油山寺。今から約千三百年前(大宝元年)に本尊薬師如来を奉安、開山された真言宗の古刹です。
山門は万冶2年(1659年)の建立で、国指定の重要文化財。

b0291402_10113025.jpg



格式高い古刹に合わせて、撮影はモノクロです(笑)
昔、この山から油が出ていたので通称「あぶらやま」と呼ばれ、寺の名前になりました。
諸病全快、特に目の守護、眼病平癒のお寺として深く信仰されてきました。

b0291402_10120018.jpg



常香炉の奥が薬師本堂。元文3年(1738年)に再建寄進されたもので静岡県指定文化財。

b0291402_10121672.jpg



ちょっとゴチャゴチャした社務所。
献木と薬師千体仏の受付、御朱印の受付、目のお守り、足腰のお守りと、なんでもあります。

b0291402_10122829.jpg



開運・幸運の茶釜が見えてますが、小さな隙間からお賽銭を投げて金の茶釜に入ると、運が開き福がわきあがるとか。
自分の前の女性が投げ入れましたが、敢え無く失敗。こりゃあ、無理だと自分はやめときました(笑)

b0291402_10124012.jpg



風鈴まつりの風鈴です。軒先に鉄でできたような古風な風鈴がいくつかぶら下がってました。

b0291402_10125265.jpg



遠州三山が、それぞれ特色のある風鈴を飾っており、なかなか風流です。

b0291402_10130565.jpg



金属なので、ガラスと違い、音色は重みのある渋い音でした。

b0291402_10131553.jpg


医王山油山寺の参拝を終わり、次は法多山尊永寺 (高野山真言宗)に向かいました。
遠州三山は次回が最終回です。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-06 16:00 | 旅行 | Trackback | Comments(14)

スリランカの、ここは見ておきたい(その18)(なんとか登頂、世界遺産の巨岩シーギリヤロック)

7月4日、スリランカの3日目、気温は31度。

前回は、シーギリヤロックの麓から、ライオンテラスまでのきつい階段を紹介しました。
日記の最後に掲載しましたが、ライオンテラスから上は、この階段を登ります。

b0291402_05335716.jpg



カメラがブラブラすると邪魔なのでリュックにしまい、ひたすら階段の足元を見ながら登りました。
ようやく見えてきた王宮跡。ここでカメラを取り出しました。もうひと踏ん張りです。

b0291402_05340872.jpg



ここが山頂というか、シーギリヤロックの岩頂。皆さんが一番高いところに集まるので、ここだけは混雑してます。

b0291402_05342141.jpg



頂上は面積1.6ha。王宮、兵舎、住居、ダンスステージに、王のプールまでありました。

b0291402_05343093.jpg



強引に王の座についた若き王子カーシャパは、弟の復習を恐れて、この王宮を築きました。
しかし、ここが王都として使われたのは、紀元5世紀のわずか11年間だったとか。

b0291402_05345678.jpg



この方向にその王宮がありました。今、聞こえるのは風の音だけ。

b0291402_05350878.jpg



カーシャパは、弟のモッガラーナとのとの闘いに敗れ自決し、王宮は別の場所に移され、埋没していた王宮が、発見されたのは1400年後の19世紀も後半でした。

b0291402_05351983.jpg



しばらく山頂で過ごしてから、岩山を下ります。ライオンテラスは、はるか真下。

b0291402_05353243.jpg



テラスで待ってた、ガイドのニンニク君と落ち合い、再び階段を下ります。
途中に見えた、コブラの姿に似てるというコブラ岩。

b0291402_05354764.jpg



そして、ようやく麓に、辿り着きました。クタクタ、ヨレヨレ、ボロボロ(笑)
近辺に、美味しそうなレストランは無いので、宿泊ホテルに戻りました。
レストランで乾杯の美酒です。大瓶をほぼイッキ飲み(笑)

b0291402_05355772.jpg


こうしてスリランカの3日目は、午前中で終わるはずでしたが、夕方には疲れも回復し、この日二つ目の世界遺産「タンブッラ石窟寺院」に出かけました。
次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-05 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(16)

圧倒的存在感のダンサーたち(浅草サンバカーニバル)(その2)

8月26日に開催された浅草サンバカーニバル。
(その1)は美女10名でしたが、(その2)は圧倒的存在感のダンサー9名と1組です。

1番 圧倒的衣装

b0291402_08105644.jpg



2番 圧倒的表現力

b0291402_08111040.jpg



3番 圧倒的美女

b0291402_08115520.jpg



4番 圧倒的歌唱力

b0291402_08120653.jpg



5番 圧倒的華やかさ

b0291402_08125270.jpg



6番 圧倒的リズム感

b0291402_08130346.jpg



7番 圧倒的後姿

b0291402_08131468.jpg



8番 1枚くらいは受け狙い(笑)

b0291402_08133787.jpg



9番 圧倒的「白」

b0291402_08135073.jpg



10番 圧倒的羽根飾り

b0291402_08140150.jpg



圧倒的だったでしょうか。
1749枚の写真の編集は3分の2くらい終わりました。次回に続きます。





2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真



by tabi-to-ryokou | 2017-09-01 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(24)