タグ:CANON EF24-105mm F4L IS USM ( 991 ) タグの人気記事

久々にフランスです。バスクの文化と言語が息づく街、バイヨンヌ(街歩き編)

昨年10月2日に訪問したスペインとの国境に近いフランスのバイヨンヌです。

当日の夜にホテルで書いた日記を引用しますが、『10月2日、月曜日、曇り時々雨、気温は14度から23度でした。バスク地方は「実際の領域」ではなく、
バスク語をしゃべるバスク人たちがいる「歴史的な故国」を差します。その人数はスペイン側に50万人、フランス側に20万人』

さて、バイヨンヌは、アドゥール川を挟んで、グランバイヨンヌ、プチバイヨンヌと呼ばれます。
この写真の左側はグランバイヨンヌ、右側はプチバイヨンヌ。

b0291402_20024933.jpg



グランバイヨンヌからプチバイヨンヌを眺めました。
木の骨組みに漆喰が美しい家並みが並びます。

b0291402_20050207.jpg



プチバイヨンヌを散歩しながら、今度はグランバイヨンヌを眺めたところ。
真ん中の、赤いテントは「レストランTXOTX」、ここでランチ休憩しました。

b0291402_20055974.jpg



天井から生ハム用の肉がぶら下がる店内。これは肉を食べるしかないでしょう。

b0291402_20035084.jpg



生ハムは滞在中のホテルのブッフェで、毎朝食べてたので、慎重にメニューをチェックして、牛肉のカルパッチョをオーダーしました。
日本では2011年にユッケ、カルパッチョ、タルタルは禁止されましたが、ヨーロッパではOK。
ところが痛恨のミス!!、出てきたのは、カルパッチョでなくタルタル。真ん中の赤い部分です。
カルパッチョはヨーロッパで時々食べてるので安全と思ってますが、タルタルはちょっと・・・・
勇気を出して食べてみましたが、美味しい。そしてお腹をこわすことも無く安全でした。

b0291402_20051685.jpg



再び散歩を開始。グランバイヨンヌでは、無料バスが街中を走ります。

b0291402_20052652.jpg



この写真は10月2日にも掲載しましたが、バイヨンヌの、最もバイヨンヌらしい景色です。

b0291402_20043253.jpg


プチバイヨンヌでは、ワンちゃんがお出迎え。

b0291402_20044631.jpg



最後の写真だけは、スペイン側のバスクで、サン・セバスチャン。
バスターミナルの近くで、親子が真剣に会話中でした。

b0291402_20053677.jpg



独自の文化が色づく、フレンチバスクの町、バイヨンヌ、そして隣町のサン、セバスチャン。
バスク地方は、どこを歩いても絵になりますが、次回は、バイヨンヌのサント・マリー大聖堂、それから繁華街のお店をお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-21 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(3)

昭和の匂いがプンプン、裏浅草の花やしき通りと、ホッピー通り

昭和の匂いがプンプンの裏浅草ですが、浅草寺からの道順に沿って案内させて下さい。
まず、浅草寺本堂から左手に向きをかえ、花やしきを目指します。屋台のお店が軒を連ね、いい匂いです。
湯気が上がる広島風お好み焼きは600円。

b0291402_08155247.jpg



そして、あゆ塩焼きも600円。

b0291402_08160570.jpg



西参道お祭り商店街が見えたら右折します。

b0291402_08162220.jpg



花やしき通りの芳野屋さん。昭和にタイムスリップしたようなお店です。

b0291402_08164658.jpg



本当はおじいちゃんもいるのですが、おばあちゃんが開店準備中。創業から60年の芳野屋さんは、焼きそば500円、煮込み400円、ラムネ200円。
名物はおじいちゃん自慢の絶品かき氷ですが、まだやってません。

b0291402_08163474.jpg




花やしき通りから、やはり昭和の匂いが漂う「ホッピー通り」に向かいました。冬の日差しが眩しい通りは、朝からご覧の賑わい。

b0291402_08170155.jpg



朝の9時半に堂々と、煮込みを食べ、ホッピーを呑めるのが嬉しい通りで、人によっては、この通りを「煮込み通り」と呼びます。

b0291402_08173234.jpg



お酒の配達も朝から忙しい。

b0291402_08174206.jpg



最近は雷門通りに向かって右側の店が頑張ってます。朝から樽酒は500円。

b0291402_08175760.jpg



同じく右側で、外人女性も興味津々の浅草もんじゃは「かのや」さん。明治4年の創業です。

b0291402_08181157.jpg



出汁は焼きあご、かつお節、サンマ節、さば節、昆布といったブレンド出汁8種類の海鮮系と鶏ガラを合わせているそうです。粉モンは出汁が決め手ですからね。
看板下の「いか墨と塩辛もんじゃ」は、強烈です。お値段は1280円、店の人が焼いてくれます。

b0291402_08193419.jpg



浅草演芸ホールの前までやってきました。昭和39年の開業で、今や六区のシンボルです。

b0291402_08401342.jpg



もっとディープな裏の、裏浅草もありますが、本日歩いたのは裏浅草の中でも明るい表通り。
朝から夜まで賑わう裏浅草、いかがでしょうか。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-17 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(16)

寒い、冷たい、しびれる!! 誰もが「寒そう~~」、と叫んだ寒中禊がまん会(神田明神)

新春恒例の人気行事「寒中禊がまん会」は、新成人を中心に、老若男女40人が厳寒の中、大きな氷柱が入った禊場の中で、冷水を浴び身を清めました。
1月13日の最低気温は0.8度。我々カメラマンでさえ寒くて震えながらの撮影でした。

境内を1周走ってから、入場行進です。

b0291402_23410224.jpg



そして体操。目の前の皆さんの、手も足も震えてるのが、はっきり見えました。

b0291402_23411452.jpg



そして冷水を頭からかぶります「えいっ!!」

b0291402_23413081.jpg



新成人というよりも、お歳をめしたリピーターさんが多いです。

b0291402_23414909.jpg



読売新聞の記事によりますと、参加者は「これをやらなければ年があけた気がしない」とおっしゃってたそうです。

b0291402_23415960.jpg



ごめんなさい、顔を消すと全く迫力が伝わらないので、そのまま掲載させていただきました。
もし問題があるようでしたら、すぐ消しますので、ご連絡下さい。

b0291402_23421301.jpg



いやあ~~、見事です。

b0291402_23422381.jpg



この方は、過去にも撮影してますが、迫力満点です。

b0291402_23423529.jpg



女性陣も参加してます。できることなら、カイロを1ダースプレゼントしたい。

b0291402_23424867.jpg



帰りの神田明神の御神殿、参拝客が多いです。

b0291402_23431180.jpg




門前には甘酒で有名な天野屋さん。甘酒1杯が300円。

b0291402_23470423.jpg


神田明神の寒中禊は今年で31回目。見てるだけで寒くなりましたが、帰りの甘酒で温まりました(笑)
自分は、鳥越神社のとんど焼きと、神田明神の寒中禊が終わらないと年が明けません。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-15 16:00 | イベント | Trackback | Comments(32)

ええ、お好み焼きのレディースランチセットを食べましたよ、それがなにか(銀座三越、ぎゅんた)

たまに、こってりしたお好み焼きを食べたくなることがありませんか。
そういう時に行く店が、銀座三越11階の、「神戸六甲道ぎゅんた」さん。
このブログで以前にも掲載したことがあるので、2回目です。

b0291402_05430199.jpg



なにがいいかって、レディースランチセットは海鮮焼きそば(ハーフ)と、お好み焼き(豚、イカ、エビから選択)の1人分と両方を食べられるんです。
最初は白菜サラダ。ドリンクもセットに入っていて、ジャスミン茶、アイスティー、コーヒー、コーラ、ジュース、ランチビールから選べます。
勿論、私の選択は写真の通り(笑)

b0291402_05431483.jpg



今回はカウンターの左端に座って、焼き上げる過程も写真に撮りました。
まずは水に溶いた小麦粉を。

b0291402_05433268.jpg



キャベツをたっぷり乗せます。

b0291402_05435448.jpg



お好み焼きはイカを選びましたが、具を乗せて、さらに味付けをして、上から小麦粉です。

b0291402_05440854.jpg



手前に見えてるのは、海鮮焼きそばのハーフです。
満席になってしまい、外人さんが次の案内を待ってます。

b0291402_05444747.jpg



出て来ました、海鮮焼きそば。量もちょうどいいです。美味いです。

b0291402_05445973.jpg



鉄板ではお好み焼きがいい具合で、ひっくり返してます。

b0291402_05451495.jpg



これが自分の分で、イカのお好み焼きです。

b0291402_05460118.jpg



なんとも美味しそう。

b0291402_05461228.jpg



カットすると、こんな焼き具合。

b0291402_05521377.jpg



レディースランチセットといっても、結構な量がありました。でも完食しましたよ。

b0291402_05523271.jpg



そのお値段は1,277円、税込みで1,380円。サラダ + ビール + 海鮮焼きそば + イカのお好み焼き、ですからね。
上の看板に、小さく「男性もどうぞ」と書いてありますから、男性も遠慮なく注文できます。
銀座三越の11階です。お好み焼きを無性に食べたくなったら、是非どうぞ。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-14 16:21 | グルメ | Trackback | Comments(24)

氏子さんたちが持ち寄る門松やしめ飾りを、お炊き上げする「とんど焼き」(浅草、鳥越神社)

お正月にお迎えした歳神様(としがみさま)をお送りし、お焚き上げの火や煙にあたると、一年間無病息災で過ごせるといわれる「とんど焼き」
地方によっては「さぎっちょ」、「どんど」、「どんと」、とも呼ばれます。

氏子さんたちが持ち寄る門松やしめ飾りは、町内の「ほトンド」かどうかは分かりませんが、境内に高く積み上げられ、「とんど」の開始を待ちます。

b0291402_07333674.jpg



宮司の祝詞が終わるといよいよ着火です。 神主さんが、火打石でパチパチとやってから、神官が火を点けて廻ります。

b0291402_07334554.jpg



「とんど」「とんど」の掛け声とともに、竹で地面を叩きながら、火の回りを2周すると1年間は無病息災。

b0291402_07335620.jpg



元気に廻る、可愛いらしいお子さんたち。

b0291402_07340894.jpg



中には火が怖くて、顔を隠すお子さんも。

b0291402_07341779.jpg



門松、しめ飾り、輪飾り、古いお札、破魔矢と燃えやすいものばかりなので、炎が凄くて、廻るお子さんたちも熱いし、撮ってるカメラマンも熱い!!

b0291402_07343004.jpg



外人のご家族も参加してます。

b0291402_07344086.jpg



この後、竹竿の先にお餅を吊るして焼き、子供たちや、観客にもふるまうのですが、生憎と雨が降ってきました。

b0291402_07345082.jpg



17時頃から雨という天気予報だったので、まさかお昼から降るとも思わず傘は無し。
身体は濡れるし、カメラも濡れるしで、残念ながらお餅を見ることも無く撤収しました。
この後、お餅を焼いたのかどうかは確認できてません。撮影は1月8日、成人の日でした。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-12 16:00 | イベント | Trackback | Comments(11)

中世の面影が残る巡礼路の古都ブルゴス(その4、ブルゴス繁華街の街撮りスナップ)(スペイン、ブルゴス)

10月1日に訪問したスペインの古都ブルゴスです。

ブルゴスからビルバオに戻ってその晩に書いた日記は「バスク地方を旅行中」、帰国後1回目の日記は「そのお祭り」、2回目の日記は「街の様子」、
3回目の日記は「ブルゴス大聖堂」でした。今回は「ブルゴス繁華街の街撮り」で、最終回です。

旧市街のパン屋さん。

b0291402_20130360.jpg



よく見ると、1個ごと丁寧に、こねてます。

b0291402_20131998.jpg



実はこのパン屋さん、飛ぶように売れていて、1個の値段は4ユーロ、約550円でした。
安くはない気がしますが、日本のように菓子パンや、デニッシュを売るパン屋さんがここには無いので、皆さんが4ユーロを払って買ってました。

b0291402_20132968.jpg



お隣のチーズ屋さん、まるで売れてません(笑)

b0291402_20134136.jpg



ブラブラ歩いていたら、栗を焼くおばちゃんの像。
何の意味があるのか分かりませんが、スペインの田舎町ですから、へんてこな像もあります。

b0291402_20135223.jpg



アルランソン川を渡って、新市街へ向かいます。闊歩するのはスペインのおばちゃんたち。
橋の真ん中を堂々と歩いてますが、ブルゴスもスペインですから、ここはスペイン人ばかりです。

b0291402_20140503.jpg



サンタ・マリア門の向こうには、ブルゴス大聖堂の尖塔が見えてます。さようなら大聖堂!!

b0291402_20143331.jpg



ヨーロッパの繁華街にはこういう恰好をして、「投げ銭」を集める大道芸人が多いです。
でも、息をしていません。本物の像でした(笑)

b0291402_20144346.jpg



しばらく散歩してから、バスターミナルに向かって急ぎました。最後に見た、ブルゴス旧市街の景色です。

b0291402_20145333.jpg



ビルバオに戻るバスが来たので、カメラをしまおうとしてたら、おや、まあ、なんと!!
熱烈なカップルがいたので、最後の写真を。

b0291402_20150369.jpg



この後に撮った写真は、お別れの「ブチュ~~」、とてもここには掲載できません(笑)
こんなわけで、4回に渡り、お届けしたブルゴスの日記は終わります。
翌日に、スペイン・バスクのビルバオから、フランス・バスクのバイヨンヌに日帰りしたので、日記はあと1回続く予定です。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-10 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(12)

会場から脱走した鷹、たか飛びか、果たして検挙できるのか(中央区、浜離宮)(昨日の日記の続き)

1月2日に見学した、浜離宮の放鷹術実演ですが、昨日アップした日記の後半です。

この写真は前半でも掲載しましたが、この左側の白い「浜離宮三井ビルディング」の屋上から、会場で待つ鷹匠の親分(右の男性)のところに、
鷹が急降下して戻ってくるという実演です。

b0291402_17195475.jpg



このビルは13階建てなので屋上は14階。女性の鷹匠がスタンバイし、親分が笛を鳴らします。2回、3回、10回・・・。鷹はなかなか飛び立ちません。
見慣れぬ景色にビビッテルのか、遠くに見えるトビや、カラスにビビってるのか。
2kg弱の一眼レフを支え、鷹に焦点を合わせ続けるカメラマンの腕もビビってきました(笑)

b0291402_17201120.jpg



待ってたのは5分くらいだったでしょうか。突然飛びました!!
本物はどこに行ったのか追えません。撮れたのは鷹の影だけ(笑)

b0291402_17202141.jpg



カメラマンは失敗でしたが、ここで鷹も、とんでもない失敗をしでかします。
我々がいる会場に降りて来ればよかったのに、この大きな木の中に逃げ込みました。
取り囲んで威嚇するのは、地元のトビとカラスたち、まるで不良軍団(笑)、これでは、ますます降りて来れません。

b0291402_17203178.jpg



おい、おい、どうしたんだいと心配する観客たち。

b0291402_17252946.jpg



鷹は後で迎えに行くことにして、次の実演が始まりました。なんと、ここでもカメラマンは痛恨のミス。
カメラのダイアルを2000分の1秒のシャッタースピードに固定したつもりだったのですが、ブラインドでダイアル操作をしたので、
隣のマニュアルモードになってました。この写真のシャッタースピードは125分の1秒。
ピタッとピントを合わせて鷹も鳩も止めるつもりが、結果的には下手な流し撮りになってました。

b0291402_17205438.jpg



鷹が上から鳩に襲い掛かり両足で鳩を捕まえました。

b0291402_17210859.jpg



ピントがボケボケですが、上から抑え込んでます。鷹は成功して、たか笑い。カメラマンは失敗して苦笑い(笑)
たった1回しかない実技、しかも飛んでる鷹にピントを合わせるのは本当に難しいです。なのに油断がありました。

b0291402_17211871.jpg



実演が終わり、3人の鷹匠さんが、鷹を見せに来てくれました。

b0291402_17212767.jpg


b0291402_17213645.jpg


b0291402_17214577.jpg



この3枚の写真は、鷹匠さんが見る方向を、鷹も見てます。 鷹は真ん丸な可愛い目をしていますが、鷹匠さんたちも美人ぞろい。
逃げてしまった鷹が気になりますが、実演の時間中には戻って来ませんでした。でも安全と分かれば降りてくるので、
「たか飛び」もそのうちに、無事検挙されると思います。


by tabi-to-ryokou | 2018-01-09 16:00 | | Trackback | Comments(18)

御鷹場に  眼光鋭く  鷹舞へり(中央区、浜離宮)

たかが、鷹と言うなかれ(笑)
「鷹狩り」は日本書紀によれば4世紀の頃、仁徳天皇によって鷹狩の専門部署が設けられ、江戸時代には徳川将軍家の庇護を得て、1650年の歴史を紡いできました。

毎年1月2日・3日に、江戸時代には将軍家の御鷹場だった浜離宮で、放鷹術実演が披露されます。
ここ数年は後列からの撮影だったので、今年は開始90分前に行き最前列の椅子席を確保しました。鷹匠は、諏訪流の男性2名、女性4名で、毎年お馴染みの6名です。

b0291402_08433082.jpg



大勢の観客が手をあげてますが、この中から4名が選ばれて、放鷹術実演に参加できます。
私も撮影が無ければ実演に参加したかった(笑)

b0291402_08433943.jpg



手を挙げて選ばれたこの男性の腕から鷹が飛び立ちます。

b0291402_08435422.jpg



目指すは30m以上先で待つ、やはり選ばれたゲストの腕。

b0291402_08440634.jpg



鷹が足の先にぶら下げてるのは、鷹匠の手元にいる時に鷹匠と鷹を繋ぐ紐です。

b0291402_08442033.jpg



高くは舞い上がらず、低い高さで加速していきます。

b0291402_08443188.jpg



そしてこちらのゲストまで、あとちょっと。

b0291402_08444188.jpg



無事に腕に止まりました。ほっとした表情のゲスト。「よ~し、よくやった」と、鷹匠の親分。

b0291402_08445270.jpg



今度は、折りかえして反対側で待つゲストの腕に向かいます。

b0291402_08461625.jpg



ところが、ここで鷹は減速し、地面に下りてしまいました。

b0291402_08462816.jpg



不安そうな表情で空を見上げています。

b0291402_08535051.jpg



空には「俺の縄張りに入ってくるな」、と威嚇しながらトビが飛んでました。

b0291402_08540163.jpg



この後、鷹は再び飛んで、無事にゲストの腕に戻り、堂々と鷹匠を演じたゲストたちは、見物客からの盛大な拍手を浴びてました。
次の演技に、浜離宮に面した13階建ての高層ビルの屋上から、鷹が急降下するという見せ場があるのですが、トビに、カラスまで加わった集団が邪魔をします。
その様子は次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-08 16:00 | | Trackback | Comments(22)

初春や  スカイツリーと  花やしき

2018年のスカイツリーの、初撮りです。
わざわざ入園料を払って、浅草花やしきから撮りました。

写真の右でクルクル回ってるのは、「ディスク・オー」という人気アトラクション。
基盤が左右に振られ、上下に揺さぶられ、さらに円盤がくるくる回って遠心力が半端じゃない。
乗ったかって。怖いから乗ってませんよ(笑)

b0291402_08235750.jpg




「スペースショット」は、花やしき最強の絶叫マシン。乗ってる人間が見えますか。
乗ったかって。怖くて乗れませんよ(笑)

b0291402_08241219.jpg



この写真を撮るために入園しましたが、ここはスカイツリーがよく見える穴場スポットです。
小さな遊園地なので、ローラーコースターがすぐ近くを通り過ぎます。
昭和28年に生れた日本現存最古のコースター。乗客の顔が目立たぬようモノクロで撮りました。

b0291402_08242104.jpg



花やしきを出て、向かったのは浅草演芸ホール。
正月は特別興行で、チケットは3,000円。でも入れ替えはないので、粘れば11時40分から21時まで楽しめます。

b0291402_08243084.jpg



各部の主任さん(トリを演ずる噺家)は、1部主任は林家木久扇、2部主任は春風亭小朝、3部主任は林家正蔵、4部主任は柳家さん喬。
現代の売れっ子噺家ばかりです。2016年も、2017年も、この同じ4人なので、3年連続の同じ顔触れは、めでたいことです。

b0291402_08244082.jpg



で、中に入ったのかって。入ってませんよ(笑)
正月は自分だって忙しい。

おあとがよろしいようで(笑)



by tabi-to-ryokou | 2018-01-05 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(26)

1月3日の浅草寺。一緒に初詣の気分になって写真を10枚ご覧下さい。

浅草寺の初詣の参拝者数は280万人。これ広島県の人口と一緒です。
今年は元旦を回避して、本日(1月3日)の朝10時に参拝しました。

仲見世です。元旦は、両側に囲いができて途中からの割り込みはできませんが、2日と3日は行列への出入りは自由です。

b0291402_15353195.jpg



なので、途中の木村屋人形焼き本店で写真を撮ることもできます。
あん入り人形焼きは10個で、800円。

b0291402_15354191.jpg



最近、「あげまんじゅう」でブレークしてる九重さん。
店に並ぶ客が、仲見世の道を半分塞ぐので、ここで渋滞が起きます。

b0291402_15355307.jpg



取り敢えずメニューはというと、1個130円から200円。

b0291402_15360458.jpg



浅草寺の山門は、宝蔵門と言います。今のところ行列はスムースに流れてます。

b0291402_15361585.jpg



そして宝蔵門をくぐる時には拝礼し、境内の真ん中は神様が通る道なので端を歩きます。

b0291402_15362548.jpg



本堂の階段を上る前にはお水舎へ。浅草寺は手水舎を「お水舎」と言います。左手、右手、口の順番は全国共通です。
参拝客の顔がはっきりしないように、ここからは暗めのモノクロにしてます。

b0291402_15503051.jpg



次は常香炉で身体を清めます。

b0291402_15365227.jpg



浅草寺の本堂は観音堂とも呼ばれます。内陣は聖観世音菩薩、外陣には賽銭箱。前までは進めない人が殆どなので、後方から投げてもかまいません。
手前のお賽銭が溜まっていく白布の賽銭受けには小銭がびっしり。神さまのお財布を覗いてはいけませんが、ほぼ9割が10円以下の小銭。残りが100円玉。
千円札は数えられるほどの僅かでした。

b0291402_15370565.jpg



参拝を終わってやっと一息。写真はこれから参拝する人たちです。

b0291402_15371618.jpg


一緒に参拝した気分になっていただけたでしょうか。
1月3日の朝10時でも、この賑わいですから、浅草寺の人気は半端ではありません。
御利益も相応にあるといいのですが、果たしてどうでしょうか。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-03 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(30)