タグ:Canon EF70-300mm F4-5.6L ISUSM ( 306 ) タグの人気記事

宮内庁の「皇居東御苑だより」では、梅が5割から8割の開花です

平成30年1月12日の「皇居東御苑だより」からの引用です。
梅林坂では八重寒紅や八重野梅が5割程度開花しています。咲き始めが一番早かった紅冬至は全体の8割程度開花していますが、
70本の梅が植栽されている梅林坂が紅白に色付くのはもう少し時間がかかりそうです。

都内に咲く花の、「開花ウォッチャー」を自称する私は、さっそく東御苑に出かけました(笑)

まずは8割開花の「紅冬至」

b0291402_08004855.jpg



可愛らしいピンクの花を咲かせます。

b0291402_08014438.jpg



冬至の頃に咲くことから名付けられた野梅の一種です。

b0291402_08015302.jpg



次は5割開花の「八重野梅」

b0291402_08005960.jpg



八重野梅は「やえやばい」と読むそうです。

b0291402_08021959.jpg



本来の開花は2月ですが、ここの八重野梅は早いです。

b0291402_08022858.jpg


5割開花の「八重寒紅」

b0291402_08010976.jpg



花は紅色の八重咲き。

b0291402_08025472.jpg



梅林坂でも、この紅色は一段と目立ってました。

b0291402_08030528.jpg



5割~8割の開花は、このくらいですが、真っ先に、東京の梅を観たいという方にはお薦めです。
そして綺麗に咲いてる花びらは多いので、写真はじゅうぶんに撮れると思います。
本格的な見頃に行きたいという方は、宮内庁の「皇居東御苑だより」を参考にお出かけ下さい。(撮影は1月17日でした)



by tabi-to-ryokou | 2018-01-18 16:00 | | Trackback | Comments(16)

「富貴花」、「百花の王」などと呼ばれる「冬ぼたん」が見頃になりました(上野東照宮、ぼたん苑)

花の少ないお正月の縁起花として、抑制栽培で冬に開花させるのが冬牡丹。

1月14日の日曜日に訪問しましたが、今年も見事に咲き、ちょうど見頃でした。 上野東照宮ぼたん苑の入り口です。入苑料金は700円。
そういえば2009年から毎年、写真を撮りに来てるので、今年でちょうど10回目の訪問です。

b0291402_08293422.jpg



冬ぼたんが1月から2月、春ぼたんが4月から5月ですが、他の時期に観賞客が入ってるのをあまり見てないので、利益が出てるのかなんて、
余計な心配をしてましたが、2年前から和傘をディスプレイに使ったり、ぼたん以外の花を植えたりと工夫をこらし、段々と観賞客が増えてるように思います。

b0291402_08294781.jpg



毎年必ず撮る、楚々とした白い牡丹は「連鶴」という名前です。

b0291402_08300690.jpg



水鉢に浮かんだ花びらが、彩を添えてました。

b0291402_08301608.jpg



苑内には200株の冬牡丹が咲いてますが、この「藁ぼっち」に風情を感じます。

b0291402_08302630.jpg



牡丹以外の飾りや、ディスプレイも趣向がこらされ、ただのぼたん苑から、ぼたんも咲く庭園に衣替えしたようです。

b0291402_08303777.jpg



こんなに可愛い冬ぼたんが、既にいくつも咲いてるので、今が見頃といえるでしょう。

b0291402_08304828.jpg



ぼたん苑を出て左側には、1651年(慶安4年)造営の国指定重要文化財である上野東照宮の社殿と唐門が見えます。
社殿の拝観が500円、ぼたん苑が700円ですが、共通券を買うと1,100円で、100円のお得になります。

b0291402_08310081.jpg



公式HPにぼたん苑の開苑期間は、1月1日から2月25日までと書いてありますが、私の直観では、1月中のが、良さそうな気がします。
冬ぼたんの写真が多いので、日記はあと1回か2回続きます。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-16 16:00 | | Trackback | Comments(14)

ユキヒョウのフクちゃんは、今日も元気(多摩動物園)

丘の上のユキヒョウ舎まで坂道を上ると、ミミ母さんは台の上。

b0291402_08241425.jpg



フクちゃんは、そう広くも無い檻の中をパトロール中。

b0291402_08242552.jpg



ヒョイ!!、身のこなしが素早くなりました。

b0291402_08243572.jpg




でも、ミミ母さんが気になって、台の上をちらちらと見上げます。

b0291402_08244570.jpg



ミミ母さんが台から下りる瞬間。

b0291402_08245677.jpg



ど~お、私の着地。決まってるでしょう、ペロリ。

b0291402_08250567.jpg



フクちゃんも真似して飛び下ります。

b0291402_08251858.jpg



こちら側から撮ると、金網が邪魔、木の杭も邪魔。
予想以上にフクちゃんのジャンプが大きくて、画像内に収まらなかった失敗作。

b0291402_08252843.jpg



カメラマンさんはというと、こんな状況。
日曜日だったので混んでいて、15分も列に並んで2分見て、また15分も列に並んで2分見て。

b0291402_08254017.jpg




1枚だけ撮れた、フクちゃんと、ミミ母さんの2ショット。

b0291402_08324876.jpg



最後にフクちゃんの、いいお顔。こうやって見ると両目の大きさは一緒ですが・・・

b0291402_08255137.jpg



眠くなってくると、右目が先に細くなります。

b0291402_08331016.jpg




ペロリンコ!!

b0291402_08332653.jpg



フェェ~~!!

b0291402_08333628.jpg



てな具合で、この後、フクちゃんは目を閉じてしまいました。
15分待って、2分。2ラウンドしたので、合計30分待って、ガラス窓から撮影できたのはたったの4分。
フクちゃんは人気者なので仕方がありませんが、やれやれの日曜日でした。(撮影は1月7日)



by tabi-to-ryokou | 2018-01-13 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(26)

飛行機を撮るなら、私のお薦めはここ(羽田空港)

羽田空港の場合ですが、着陸機は第1ターミナルの展望デッキ、離陸機は城南島海浜公園が、私のお薦めです。
第2ターミナル展望デッキ、国際線ターミナル展望デッキ、浮島公園、京浜島つばさ公園を薦める飛行機ファンも多くいますが、
何を撮りたいか、そしてアクセスが楽かどうかによっても、その撮影スポットはかわってきます。

最初に羽田空港の第1ターミナルに向かいました。A滑走路への着陸を撮影できますが、光が横から当たる瞬間に機体の「キラリ」が狙えます。
JALの767-300型機、座席数は260席です。

b0291402_08461777.jpg




前輪がまだ浮いていて、後輪がドスンと、滑走路に触った瞬間も狙い目。
機体はJALの737-800型機、主翼の先端がちょっと曲がったウィングレットが特徴です。

b0291402_08463261.jpg



長い望遠レンズを持って行けば機長の顔もよく見えます。

b0291402_08464507.jpg



セスナ機が着陸することもあります。中日本航空の560 CitationV。

b0291402_08465634.jpg



中日本航空は名古屋が拠点で物資輸送や環境保全、そして保有するヘリは報道取材や、ドクターヘリとして活躍しています。
路線の定期運航はしてないので、このセスナは恐らくチャーター機。

b0291402_08470665.jpg



またしてもJALの737-800型機。座席数は160席くらいで機体も軽く、白煙は僅か。
撮った写真も似たような写真ばかり。

b0291402_08471798.jpg



やはり白煙を狙うなら、日本の航空会社は保有してませんが、現在も海外の航空会社が保有する現役の747型ジャンボ機です。
羽田でもたまに見ますが、成田では今も多く見かけます。
場所を変えて離陸機を狙うことにしました。城南島海浜公園はC滑走路から飛び立つ飛行機を撮影できます。

b0291402_08484923.jpg



ANAの777-200型機。座席数は370席で、キャビンの通路は2列。大型の飛行機です。

b0291402_08492277.jpg



エア・ドゥの767-300型機。やはり離陸は恰好いいです。しかも午前中は逆光の中の飛翔。

b0291402_08475367.jpg



C滑走路を飛び立って、城南島のほぼ真上を旋回し、千葉県の方向に飛んでいきます。

b0291402_08545200.jpg



最後に自分の真上を飛んでくれたJAL機。
距離は50mから70mくらいで、超・ド・迫力。撮ってる自分は、のけ反ってイナバウアー(笑)

b0291402_08481427.jpg



やはり飛行機はいいですね。特に午前中のA滑走路、C滑走路は発着数が多いので、飛行機が次々と現れ、休憩してる間もないくらいです。
私は社会人になって最初の職場が羽田空港の滑走路の横にあるビルでした。
空港の喧噪、東京湾の風と香り、飛行機の爆音を耳にすると、今でもはるか昔の新人時代を思い出します。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-07 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(14)

ユキヒョウのフクちゃんは、今日も涙目(多摩動物園)

丘の上のユキヒョウ舎まで坂道を上ると、フクちゃんは舌をペロリンコしながら散歩中。

b0291402_08272570.jpg



台の上に登ろうとしてますが、裏側からならするすると登れるはず。忘れてしまったんでしょうか。

b0291402_08273685.jpg



悪戦苦闘して諦めたみたいです。あと足が10cm長ければねえ~(笑)

b0291402_08274650.jpg



次はミミ母さんを狙ってほふく前進を開始。相手には丸見えですけど。
ゆきひょう親子の決闘だ~!!

b0291402_08280873.jpg



いくぞ~~、このネコパンチを受けて見ろ~~!!

b0291402_08282024.jpg



前足が短かすぎて届かず、あっさりとミミ母さんにかわされます。

b0291402_08283117.jpg



今度は、ミミ母さんからきつい一発が!!

b0291402_08284131.jpg


いて~、いててて~~~のフクちゃん。
ミミ母さんは、時々大人げなく本気をだします(笑)

b0291402_08285191.jpg



涙目のフクちゃん、可哀想。

b0291402_08290456.jpg



最後にフクちゃんの、とっておきの2枚を。
ペロッ!!

b0291402_08354241.jpg



ペロ~~~ッ!!

b0291402_08355331.jpg


撮影は12月24日でした。
フクちゃんは6月2日生まれで、放飼場へのデビューは10月12日。
11月に2回、12月は3回も、多摩動物園まで通いましたが、来年も涙目を撮りに通いますよ~~(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-12-29 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(26)

僕はゴリラの赤ちゃん「リキ」、シャンシャンの抽選に当たらなかったら、僕を見に来てね(上野動物園)

自分のシャンシャン観覧券の応募は、3回連続で玉砕。抽選とか、クジとかは弱いんです。
シャンシャンは抽選期間が終わるまで諦めることにして、いつものように、ゴリラのリキ君、ユキヒョウのフクちゃん、チーター兄弟の撮影を続けます。

モモコ母さんの移動が始まり、しっかり摑まったリキ君。でもまた落っこちました(笑)

b0291402_07082369.jpg



「しっかり摑まりなさい」と、今度は両手で抱えるモモコ母さん。

b0291402_07083402.jpg



珍しい!!、ハオコ父さんと、モモコ母さんが並んで食事中。リキ君は、頭がちょっとだけ見えてます。
葉っぱの影が顔に映って、顔が怖いハオコ父さん。

b0291402_07084387.jpg



再び、移動開始。今度は落ちないぞ。

b0291402_07085206.jpg



食事の葉っぱを沢山確保して、放飼場中央の岩山に登りました。

b0291402_07090481.jpg



親子の、まったりタイムです。

b0291402_07091409.jpg




10月9日生まれのリキ君、顔がしっかりしてきました。

b0291402_07092440.jpg



木の枝を咥えたまま、岩を下り始めます。

b0291402_07093661.jpg



リキ君、懸垂の恰好でぶら下がってますが、腕力も強くなってきました。

b0291402_07094612.jpg



食事が終わり、再び覗きに来たハオコ父さん。やはり息子が気になるんですね。
何故か隠れようとするリキ君(笑)

b0291402_07095602.jpg



午前中の放飼場は、このようにゆっくりと時が流れていきます。
撮影は12月13日でした。



by tabi-to-ryokou | 2017-12-25 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(16)

ユキヒョウのフクちゃん、今日は涙目にはなりません(多摩動物園)

丘の上のユキヒョウ舎まで坂道を上ると、フクちゃんは台の上で遊んでました。
じゃれてる相手は、ミミ母さんの尻尾。

b0291402_08092179.jpg



ほら~、やっぱり怒られた。

b0291402_08094171.jpg



ミミ母さんは、怒って行ってしまいました。
フクちゃん、今日は涙目にはなりません。きっと何故、怒られたか分かってるんでしょう。

b0291402_08095961.jpg



再びミミ母さんに接近して、今度はお腹くぐり。こういう時は短足が役立ちます(笑)

b0291402_08102400.jpg


ついにミミ母さんに摑まってしまいました。手荒く遊んでもらってるフクちゃん。

b0291402_08105090.jpg



やっと「羽交いじめ」というか、「フクいじめ」から脱出成功。

b0291402_08111703.jpg



今度は追いかけっこ。ミミ母さんのジャンプは迫力あります。

b0291402_08114309.jpg



必死に走るフクちゃん。でもミミ母さんが遊んでくれるので、この日は楽しそうでした。
ミミ母さんの遊びは手加減がないので、見てるとハラハラしますが、フクちゃんは元気に育っています。
生れて6ヶ月のフクちゃん、頑張れフクちゃん!!
撮影は12月16日の土曜日でした。



by tabi-to-ryokou | 2017-12-18 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(22)

僕はゴリラの赤ちゃん「リキ」、シャンシャンは抽選だけど、僕ならいつでも見れるよ(上野動物園)

10月9日に生まれたリキ君。会うたびに大きく、逞しく、成長しています。
10月が14日、25日、11月が1日、11日、そして12月2日と訪問してるので、今回が6回目。ご近所のおじさん状態です(笑)

9時半の開園と同時に中に入り、一目散にゴリラ舎へ。モモコ母さんはご機嫌で食事中でした。
リキ君はというと、まだ眠たそうです。

b0291402_16562828.jpg



後に黒い影が!!、ハオコ父さんが近寄ってきたので移動開始です。

b0291402_16563817.jpg



陽があたる場所にに来てくれましたが、まだリキ君の顔がよく見えません。

b0291402_16564848.jpg



お、また移動開始。食事時間中は、餌を掻き集めては、落ち着ける場所で食べるので、何回か移動します。
しがみつくリキ君。

b0291402_16565833.jpg



リキ君は身長が伸びたので、落っこちそう。

b0291402_16570723.jpg



落っこちました。左足が地面に着いてますが、モモコ母さんはそのまま歩いて行きます(笑)

b0291402_16571761.jpg



母ちゃん、危ねえよ。そこに石がある!!

b0291402_16572736.jpg



藁の上まで来ました。ここで力尽き、尻もちをつくリキ君。
イテテ~、母ちゃん、痛いってば!!

b0291402_16574043.jpg



うるさいわね、しっかり摑まってなさい!!
モモコ母さん、右手を出して、リキ君のお尻を支えます。

b0291402_16574850.jpg



やっと落ち着ける場所に来ました。よっこらしょ!!
モモコ母さんの胸の中で、ほっとするリキ君でした。

b0291402_16575852.jpg


リキ君、髪の毛がフサフサしてきました。イケメンになりそうです。
なんたって叔父さんのシャバーニは写真集も出たイケメンですからね。
撮影は12月13日でした。



by tabi-to-ryokou | 2017-12-16 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(12)

ネコ好きにはたまりません。チーター3兄弟&チーター4兄弟(多摩動物園)

アフリカのサバンナに生息するチーターにとって、日本の寒さは苦手なはず。
シュパーブ母さんの背中を、カイロがわりにして温まってるのは、クラリスちゃん。女の子はちゃっかりしてます。

b0291402_17271096.jpg



寒けりゃ走れの男の子たち。ジョラス君のジャンプを流し撮り。

b0291402_17272114.jpg



こちら、オットット~~のアイガー君。

b0291402_17273085.jpg



スピードなら一番速いのがクラリスちゃん。空気抵抗を少なくして空を飛んでるようなジャンプです。

b0291402_17273933.jpg



11時15分にシュパーブ母さんと3兄弟の大放飼場での展示が終わると、11時30分からは隣のガラス放飼場で、4兄弟の展示が始まります。
3兄弟は2月5日生まれ、4兄弟は6月8日生まれ。大きさが全然違います。

b0291402_17310323.jpg



女の子の名前は「ブランカ」、「マルタ」、「レリア」。そして男の子の名前は「レン」です。

b0291402_17312355.jpg



でもどの子が、何て名前かさっぱり分かりません。

b0291402_17313235.jpg



まだ大勢の人間には慣れてないので、おっかなびっくり。走るなんてまだまだです。

b0291402_17314144.jpg



バラバラに動くので、ピントを合わせた子と、前ボケになった子、後ボケになった子と様々。撮影も難しいです。

b0291402_17315176.jpg



最後の1枚は再び3兄弟の流し撮り。前がアイガー、後ろがジョラス。先輩兄弟たちはさすがです。

b0291402_17274828.jpg



撮影は12月3日の日曜日。4兄弟は1回2分の入れ替え制で、撮影時間は僅か2分でした。



by tabi-to-ryokou | 2017-12-15 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(16)

ユキヒョウのフクちゃんは、今日も涙目(多摩動物園)

12月3日、日曜日の多摩動物園です。

肉のブロックが与えられて、台の上で格闘中はミミ母さん。

b0291402_07261988.jpg



フクちゃんはというと、肉を包んでいた紙で遊んでました。

b0291402_07263046.jpg



ペロリ!!、肉の匂いがする!!

b0291402_07293530.jpg



しょせん紙なので厭きてしまい、抜き足差し足。
短足フクちゃんは、普通に歩いても、抜き足差し足に見えます(笑)

b0291402_07272127.jpg



ミミ母さんに遊んでもらおうと、台の上に登ろうとしてます。

b0291402_07273439.jpg



反対側からやっとよじ登ることができました。ミミ母さんは、必死に肉を齧ってます。

b0291402_07275177.jpg



今忙しいから、あんたあっちで1人で遊びなさい!!

b0291402_07280302.jpg



慌てて飛び下りるフクちゃん。

b0291402_07281488.jpg



あれあれ、今週も涙目フクちゃんです。

b0291402_07283705.jpg



ここでうずくまって、遊んでくれないかなあと台の上のミミ母さんを見上げます。
今回も3分で交代になると、最後尾に並んで、3回・合計9分間の撮影チャンスがありましたが、3回目の3分間はずっとこのポーズ(笑)

b0291402_07332207.jpg



フクちゃんを諦めて大放飼場に廻ってみたら、アサヒ君が肉のブロックを下に落とそうと格闘中。
鎖にぶら下げられてるので、肉を落とせないアサヒ君は、舐めることしかできません。

b0291402_07334387.jpg



ジャンプして跳びついたりもしましたが、肉は落ちず、そのうち諦めてどこかえ行ってしまいました。
本日気の毒だった、ユキヒョウは、フクちゃんと、アサヒ君でした(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-12-09 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(18)