タグ:Canon EF70-300mm F4-5.6L ISUSM ( 238 ) タグの人気記事

イルカとともに。はじけるお兄さん、はじけるお嬢さん、そして癒しの時間(アクアパーク品川)

3月の、ある日の「アクアパーク品川」です。
トレーナーさんが何人か交代したみたいで、今まであまり見かけなかったトレーナーさんが、この日は活躍してました。

はじけるトレーナーのお兄さんです。

b0291402_20364883.jpg

b0291402_20365632.jpg

b0291402_20370674.jpg

b0291402_20371464.jpg



見事ですね。負けじとイルカもはじけます。

b0291402_20372365.jpg


休憩時間に見た、トレーナーさんと、イルカ君のひと時。
こういう風にして、信頼関係が築かれてるんですね。なんかこの光景には癒されます。

b0291402_20373533.jpg


館内を散歩してたら、カピバラ君がまったりと温浴中。この光景にも癒されます。

b0291402_20381925.jpg


そして再び、はじけるトレーナーのお嬢さん。

b0291402_20374988.jpg


見事ですねえ。どうして滑りやすそうなイルカの頭に乗っていて、落ちないんでしょうか。

b0291402_20380065.jpg


アクアパーク品川は、リピーターの観客も呼べるように、様々な工夫をこらしてました。その点では、TDLや、USJは大先輩ですね。
品川駅前という好立地をいかし、都心のアミューズメントパークとして、これからも頑張って欲しいです。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-29 16:00 | | Trackback | Comments(10)

ゴールデン・ターキンの赤ちゃんと、キリンの赤ちゃん(多摩動物園)

3月25日、土曜日は、日中13度の心地よい晴れで、久しぶりに多摩動物園に出かけました。
お目当てはゴールデン・ターキンの赤ちゃんと、キリンの赤ちゃんです。

こちらは1月12日に生まれたゴールデン・ターキンのムツ君。オスです。

b0291402_13572798.jpg


登ったのはいいけど固まってしまった、ムツ君。生後3ヵ月ですからね、まだ下り方がよく分かってないのかも(笑)

b0291402_14303487.jpg


やっと下りれました。右はパパ。名前はオウテンです。

b0291402_13575295.jpg


ゴールデン・ターキンはインド北部や、チベット・ブータンに住む牛科の動物ですが、生息数が少なくて絶滅危惧種(UV)としてレッドリストに指定されています。
こちらは2月3日に生まれたフクちゃん、メスです。左はママ。名前はオーキです。

b0291402_13580034.jpg


ムツ君の放飼場は親子3頭ですが、その隣のフクちゃんのほうは5頭が共同生活をしています。
甘えん坊のフクちゃんは、お姉ちゃんのメイちゃんにもチュッ!!

b0291402_13581423.jpg


キリンの赤ちゃんを探しに、アフリカ園にやってきました。
この子が赤ちゃんかな。でもこの身体の大きさならば1歳弱くらい。

b0291402_13583954.jpg


あ、赤ちゃん発見。1月31日に生まれたメスのキリンで、奥にいるのはママの「ユーカリ」です。

b0291402_13585961.jpg


ママの「ユーカリ」と、パパの「ジル」の名前から文字を貰い「ユルリ」と名付けられました。
見物に来たキリンが2頭いて、ユルリちゃん、ゆるりと後ずさり。

b0291402_13590740.jpg


もう1頭、でかいキリンが来て、ユルリちゃんは、引っ込んでしまいました。

b0291402_13591655.jpg


生れてまだ2ヵ月ですからね。ちょっと怖くなるとママのそばに逃げていきます。
この写真は、我々がのぞくことができない部屋なので、動物園のHPからお借りしました。

b0291402_13594999.jpg


1月から4月にかけては、多摩動物園も出産ラッシュ。
2月5日にはチーターに赤ちゃんが3匹生まれました。
名前はクラリス(メス) 、アイガー(オス)、ジョラス(オス)。一般公開が待ち遠しいです。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-28 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(16)

本日行われた東京マラソン速報(ゴールまで残り1km地点)

本日行われた第11回東京国際マラソンの取材に行ってきました。
場所は、私が働くオフィスの真ん前で、高輪から戻ってきて、日比谷で晴海通りに右折した選手たちは、この地点で丸の内仲通りに左折してゴールの東京駅を目指します。
計時車の時間は2時間0分43秒。

b0291402_16011421.jpg


先頭はケニアのキプサング選手。ケニアと聞くと私も応援したくなります。
ゴールまでは、あと1km。3分で行けるだろうから2時間3分台は可能です。

b0291402_16012394.jpg


スタートから2時間も、1km3分以内で走ってきて、まだこの力強い走り。
背景に見えてるのは晴海通りから高輪方向に向かう選手たちのための給水ステーションです。
それにしても、折角、写真撮ってるのに後ろの車が邪魔です(笑)

b0291402_16014870.jpg

右で応援してる人たちは、ちょうどペニンシュラホテルの角に立ってます。

b0291402_16020075.jpg


ここで突然フレームアウト。まあ、ご愛敬!!、腕と足の筋肉をご覧下さい。
遠くは70-300mm、近づいたら24-105mmで撮ろうと、カメラを2台持ってスタンバイしてたのですが、あまりに速くて、持ち換える余裕がありませんでした(笑)

b0291402_16020732.jpg


そしてあっという間に走り去っていくキプサング選手。

b0291402_16021523.jpg



ニュースによると彼のタイムは2時間3分58秒と、日本国内の大会での最高記録だったそうです。

b0291402_16022653.jpg


あともう1人は日本人選手で1位だった24歳の井上大仁選手。
キプサング選手から遅れること、4分30秒で8番目にやってきました。

b0291402_16023435.jpg


ニコリとしてるのは、残り1kmの標識を見たから。

b0291402_16024061.jpg


2時間8分22秒のタイムで日本勢トップの8位に入り、8月に行われる世界選手権の代表入りに近づきました。

b0291402_16025020.jpg


間近で、選手を見ると、筋肉と、キックするバネの強さに驚かされます。上の写真ですが井上大仁選手の足の筋肉も凄いです。
天気にも恵まれ、コース変更で終盤のアップダウンがなくなり、海からの風の影響も受けなくなったため、好記録が続出ました。
一応1位から10位くらいの選手までは撮ったのですが、お腹もすいてきたので自宅に引き上げました。


「ほっ」と。フォトコンテスト


by tabi-to-ryokou | 2017-02-26 16:13 | イベント | Trackback | Comments(20)

光のどけき冬の日にしず心なく白鳥が舞う(千葉県印西市の白鳥の郷)(その2回目)

タイトルは、古今和歌集からパクりました(笑)

今日は写真だけ見ていただきます。

b0291402_08442558.jpg

b0291402_08443653.jpg

b0291402_08445865.jpg

b0291402_08454167.jpg

b0291402_08455003.jpg

b0291402_08461410.jpg



固い身体にムチを打ち、真上を飛ぶ白鳥も、イナバウアーの姿勢で撮りました(笑)
時々、太陽と交錯することも。

b0291402_08463372.jpg


ぎゃ~~~、もろに太陽と被りました。

b0291402_08464276.jpg


目をやられるので、気を付けなければいけないのですが、大丈夫でした。
白鳥はまだ続きます。



by tabi-to-ryokou | 2017-02-01 16:00 | | Trackback | Comments(22)

冬空に舞う白鳥たち(千葉県印西市の白鳥の郷)(その1回目)

今年も千葉県印西市「白鳥の郷」に白鳥たちがやってきました。
昨年は1月10日に訪問しましたが510羽、ピーク時で800羽。
今年は1月25日の段階で既に956羽。昨年よりはるかに沢山の白鳥がやってきてます。

b0291402_10180470.jpg


白鳥の飛来地としては新潟県の瓢湖が有名ですが、昨年は6,000羽。今年は3,000羽。
大寒波の影響で、新潟から千葉やその他の地まで南下する白鳥が多いのでしょう。

b0291402_10181515.jpg


白鳥の郷は、3時を過ぎると餌場から戻ってくる白鳥が次々と着水します。

b0291402_10182563.jpg


ただあまりにも池が混雑してるので、着水場所を探しながら、真上で旋回することも。
どこに降りようかと鵜の目鷹の目、いえ、コハクチョウの目、オオハクチョウの目。

b0291402_10183679.jpg


過去に4回はここに来ましたが、こんなに数多くの白鳥を見たのは初めてでした。
最後の1枚は、真上を旋回中のコハクチョウが、どこに降りるか迷ってるみたいです。旋回は、いいかげんにせんかい(笑)

b0291402_10184642.jpg



久しぶりに700枚も撮りました。
現像が間に合わないので、あと2回か3回にわけてお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-29 16:00 | | Trackback | Comments(24)

石川佳純選手は可愛くて、水谷隼選手は力強い(卓球・全日本選手権、準々決勝、東京体育館)

1月21日、土曜日、東京は1度~11度で晴れ。風が冷たい1日でした。

ネットで予約して、ローソンで受け取ったチケットを持って、東京体育館には9時に到着しました。
試合開始の1時間前ですが、既に体育館の周囲には長蛇の列。
チケットは、アリーナ席、SS席、S席の順に、近くて見やすい席なのですが既に売り切れ。私のA席は一番安くて、2階席。卓球台ははるかかなたでした。

b0291402_08352688.jpg


4連覇がかかる石川選手の、準々決勝の相手は三宅選手。

b0291402_08354308.jpg


試合中の撮影は禁止で、写真は練習風景です。営利目的でなければ、SNSへの投稿もOKと書いてありました。

b0291402_08355344.jpg


三脚と、超望遠レンズも禁止なので、300mmの小さい望遠で撮ってます。

b0291402_08360376.jpg


試合はというと石川選手が4対0で圧勝。30分くらいで試合は終わりました。

b0291402_08361290.jpg


次は昨年の決勝戦で石川選手に敗れた16歳の平野美宇選手。
隣でもう一組の準々決勝が試合中で、ゲームとゲームの合間に撮れたのがこの1枚だけでした。
試合は平野選手が4対2で勝ちました。

b0291402_08362039.jpg


男子シングルスの水谷選手です。彼も4連覇がかかっています。

b0291402_08362931.jpg


ラケットが膝のあたりの低い位置から出てきて、強烈なスピンをかけているのがわかります。

b0291402_08430966.jpg


フォアハンドの、ワン・ツー・スリーのショットです。

b0291402_08431902.jpg

b0291402_08432896.jpg

b0291402_08433801.jpg



水谷選手の第一セットまで見てから帰りましたが、彼も4対1で勝って、準決勝に進みました。
やはり超一流選手は、フォアハンドのスマッシュのスピードが違います。ラリーを重ねて、甘い球が来るとすかさず強打。実力差を見せつけてくれました。

平野選手、水谷選手の叫び声は聞こえなかったけど、石川選手がスマッシュを決めた時の叫び声は時々聞こえました。
「サ~」と、「シャ~」と、「タ~」がミックスされたような発声(笑)
今回欠場の福原愛選手よりは小さな声ですが、これがまた可愛かったです。

追記:本日の決勝で平野選手が、石川選手に4対2で勝利し、16歳9カ月という史上最年少で、全日本チャンピオンに輝きました。おめでとうございます。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-22 16:00 | イベント | Trackback | Comments(10)

イルカの鼻先に、片足で立ってジャンプをする人魚姫(アクアパーク品川)

タイトルに「人魚姫」と書きましたが、年齢不詳のイルカのトレーナーさん。

何回見ても、なんで、こんなことができるのか分かりません。
謎を解き明かそうと、連写で6コマ撮ってみました。

b0291402_05085503.jpg

b0291402_05090588.jpg

b0291402_05092500.jpg

b0291402_05093682.jpg

b0291402_05094793.jpg

b0291402_05095779.jpg


あと2コマか、3コマは欲しいとこですが、撮れてたのはここまで(笑)
プールにザブンと落ちて、水面に浮かんできた時には再びイルカの背中の上でした。
下の写真はまるで人魚姫です。

b0291402_05100775.jpg


イルカの鼻先って、平らじゃありません。
なのにイルカが水中から浮上して高さ2mか3mまで顔を出す時に、片足で立ってバランスを取りながら一緒に上昇します。
普通なら1秒か2秒で、ドボンと落ちると思うのですが、何故真っ直ぐ立てるのでしょう。

謎を解き明かそうと、連写で6コマ撮りましたが、謎は深まるばかりでした(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-01-20 16:00 | | Trackback | Comments(16)

例年より4週間も早く満開になった「あたみ桜」と、メジロたち(熱海市糸川遊歩道)

1月18日、水曜日、午前中に時間があったので、熱海まで往復しました。

「あたみ桜」は毎年1月上旬~2月に咲くインド原産の寒桜の一種。
市内中心部を流れる糸川沿いの58本が早くも満開となりました。

b0291402_05375469.jpg


明治4年頃イタリア人によってレモン、ナツメヤシとともに熱海にもたらされ、地元の努力により増殖が行われました。

b0291402_05380477.jpg



市内の多くの場所に植栽され、下田の御用邸や、伊勢神宮、 東宮御所にも献上されたことから有名になりました。

b0291402_05381537.jpg


昭和40年に開かれた「花いっぱい運動」で「あたみ桜」と命名されたそうです。

b0291402_05404401.jpg


そして昭和52年の市制40周年記念に、熱海市の木に指定されました。

b0291402_05405403.jpg


同じ枝に、早期に咲く花芽と後期に咲く花芽が二段構えにできることから、例年一ヶ月以上花が楽しめます。

b0291402_05411092.jpg


沖縄のカンピ桜とともに日本で最も早いことで有名なあたみ桜ですが、「例年より2週間早い」と言われたのが昨年で、
今年は更に「昨年よりも2週間早く」開花してしまいました。

b0291402_05413044.jpg


糸川遊歩道で「あたみ桜糸川桜まつり」が開催されるのは1月21日~2月12日ですが、1月18日には、ご覧の通り満開なので、
桜まつりの事務局も驚いてると思います。
おっと~~、メジロがジャンプ。

b0291402_05414525.jpg


最後の1枚は背景の桜がピンクにボケてくれたこの写真です。
本当は桜を撮りにきたのですが、4・5枚撮ってしまったら、あとはメジロばかり撮ってました(笑)

b0291402_05415527.jpg



糸川遊歩道は熱海駅から歩いて15分。往きは下り坂で楽ですが、帰りの上り坂はきつい!!、バスならば10分、本町商店街下車です。
熱海梅園と両方を観賞する人のために、日にちによっては梅園との間に無料シャトルタクシーが運行します。
なお「あたみ桜 糸川桜まつり」の開催期間中の17時~23時はライトアップもあるそうです。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-19 16:00 | | Trackback | Comments(22)

今が見ごろの冬ぼたん。今回は「ぼたん苑」の魅力をご紹介しましょう(上野東照宮、ぼたん苑)

1月7日にお届けしました「富貴花」、「百花の王」などと呼ばれる「冬ぼたん」が見頃になりました(上野東照宮、ぼたん苑)の続編です。
今回は「ぼたん苑」の魅力をご紹介します。

b0291402_04593414.jpg


名前は連鶴。

b0291402_04594369.jpg


和傘と冬ぼたん。

b0291402_05000414.jpg


冬ぼたんの光と影。

b0291402_05001940.jpg


藁ぼっちに、2人ぼっち。

b0291402_05004210.jpg


和傘のアート。

b0291402_05005480.jpg


まゆ玉の背景は光と影。

b0291402_05010925.jpg


冬ボタン以外にも、葉ぼたんとか、

b0291402_05013694.jpg


キンギョソウも。

b0291402_05014514.jpg


水鉢には花びらが浮かびます。

b0291402_05063208.jpg


最後の1枚は、やはりこれでしょう。冬ぼたんと上野東照宮五重塔。

b0291402_05071740.jpg


2009年から毎年訪問してるので、今年で9回目。
ここで写真を撮って下さいというような新しい写真スポットが、何ヵ所か用意されてました。
見頃が続いてますが、できれば1月中、遅くとも2月中旬までに観に行かれることをお薦めします。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-17 16:00 | | Trackback | Comments(14)

イルカに祝福される水族館の花嫁さん(アクアパーク品川)

アクアパーク品川で、イルカが祝福する結婚式を見てきました。

新郎・新婦の入場。

b0291402_08414838.jpg


モデルさんじゃなくて、本物の花嫁さんです。そして花婿さんもいるのですが、花嫁さんの陰。
逆じゃなくてよかったです(笑)

b0291402_08420969.jpg


誓いの言葉や、指輪の交換があって、永遠の愛を誓うキス。

b0291402_08421965.jpg


ここでイルカに乗ったトレイナーさんたちのビッグ・ジャンプ。

b0291402_08423264.jpg


こういう姿勢で、イルカの鼻先に乗ってたんですね。
このジャンプは過去に何回か撮影しましたが、ようやくタイミングが合いました。

b0291402_08424154.jpg


新郎・新婦が左手を挙げると、イルカたちが祝福のジャンプを始めます。

b0291402_08425312.jpg

b0291402_08430519.jpg

b0291402_08433954.jpg



来場客からも沢山の温かい拍手があり、和やかな結婚式も閉宴となりました。

b0291402_08435056.jpg


新郎・新婦、おめでとうございます。
式は20分くらいだったでしょうか。花嫁さんの笑顔がとても素敵でした。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-25 16:00 | | Trackback | Comments(24)