タグ:Canon100mm F2.8L マクロIS USM ( 100 ) タグの人気記事

藁ぼっち  暖光そそぎし  冬ぼたん (上野東照宮、ぼたん苑)

相変わらず、下手糞な俳句を、恥じらいもなく、テーマに書いてますが(笑)、
今日の写真のテーマは、「藁ぼっち」、「光」、「冬ぼたん」です。(撮影は1月14日)

写真だけで、解説はありません。


b0291402_14301747.jpg


b0291402_14302646.jpg


b0291402_14303787.jpg


b0291402_14304906.jpg


b0291402_14310140.jpg


b0291402_14311095.jpg



今日(1月22日)は全国的に雪。東京も昼から粉雪が舞ってます。
冬ぼたんの撮影は、雪がちょっと積もった翌日が狙い目なんていいますが、明日はどうでしょうか。
でも、私は寒いの苦手だし、転ぶと痛いので止めときます(笑)



by tabi-to-ryokou | 2018-01-22 16:00 | | Trackback | Comments(9)

宮内庁の「皇居東御苑だより」では、梅が5割から8割の開花です

平成30年1月12日の「皇居東御苑だより」からの引用です。
梅林坂では八重寒紅や八重野梅が5割程度開花しています。咲き始めが一番早かった紅冬至は全体の8割程度開花していますが、
70本の梅が植栽されている梅林坂が紅白に色付くのはもう少し時間がかかりそうです。

都内に咲く花の、「開花ウォッチャー」を自称する私は、さっそく東御苑に出かけました(笑)

まずは8割開花の「紅冬至」

b0291402_08004855.jpg



可愛らしいピンクの花を咲かせます。

b0291402_08014438.jpg



冬至の頃に咲くことから名付けられた野梅の一種です。

b0291402_08015302.jpg



次は5割開花の「八重野梅」

b0291402_08005960.jpg



八重野梅は「やえやばい」と読むそうです。

b0291402_08021959.jpg



本来の開花は2月ですが、ここの八重野梅は早いです。

b0291402_08022858.jpg


5割開花の「八重寒紅」

b0291402_08010976.jpg



花は紅色の八重咲き。

b0291402_08025472.jpg



梅林坂でも、この紅色は一段と目立ってました。

b0291402_08030528.jpg



5割~8割の開花は、このくらいですが、真っ先に、東京の梅を観たいという方にはお薦めです。
そして綺麗に咲いてる花びらは多いので、写真はじゅうぶんに撮れると思います。
本格的な見頃に行きたいという方は、宮内庁の「皇居東御苑だより」を参考にお出かけ下さい。(撮影は1月17日でした)



by tabi-to-ryokou | 2018-01-18 16:00 | | Trackback | Comments(18)

「富貴花」、「百花の王」などと呼ばれる「冬ぼたん」が見頃になりました(上野東照宮、ぼたん苑)

花の少ないお正月の縁起花として、抑制栽培で冬に開花させるのが冬牡丹。

1月14日の日曜日に訪問しましたが、今年も見事に咲き、ちょうど見頃でした。 上野東照宮ぼたん苑の入り口です。入苑料金は700円。
そういえば2009年から毎年、写真を撮りに来てるので、今年でちょうど10回目の訪問です。

b0291402_08293422.jpg



冬ぼたんが1月から2月、春ぼたんが4月から5月ですが、他の時期に観賞客が入ってるのをあまり見てないので、利益が出てるのかなんて、
余計な心配をしてましたが、2年前から和傘をディスプレイに使ったり、ぼたん以外の花を植えたりと工夫をこらし、段々と観賞客が増えてるように思います。

b0291402_08294781.jpg



毎年必ず撮る、楚々とした白い牡丹は「連鶴」という名前です。

b0291402_08300690.jpg



水鉢に浮かんだ花びらが、彩を添えてました。

b0291402_08301608.jpg



苑内には200株の冬牡丹が咲いてますが、この「藁ぼっち」に風情を感じます。

b0291402_08302630.jpg



牡丹以外の飾りや、ディスプレイも趣向がこらされ、ただのぼたん苑から、ぼたんも咲く庭園に衣替えしたようです。

b0291402_08303777.jpg



こんなに可愛い冬ぼたんが、既にいくつも咲いてるので、今が見頃といえるでしょう。

b0291402_08304828.jpg



ぼたん苑を出て左側には、1651年(慶安4年)造営の国指定重要文化財である上野東照宮の社殿と唐門が見えます。
社殿の拝観が500円、ぼたん苑が700円ですが、共通券を買うと1,100円で、100円のお得になります。

b0291402_08310081.jpg



公式HPにぼたん苑の開苑期間は、1月1日から2月25日までと書いてありますが、私の直観では、1月中のが、良さそうな気がします。
冬ぼたんの写真が多いので、日記はあと1回か2回続きます。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-16 16:00 | | Trackback | Comments(14)

雨が降った翌日はバラ園でしょう(800品種、7,500株のバラが咲く千葉県、谷津バラ園)

11月3日、文化の日。3連休初日は、東京も千葉県も晴れ、気温は13度~22度。

カワセミを予定してましたが、木曜夜に関東は雨が降ったので急遽、予定をバラに変更。
「雨の日は美術館・博物館、その翌日はバラ園へ」というのが、我が家の家訓(笑)
頭に浮かんだテーマは、千葉県谷津バラ園の「青いバラと雨滴」

9時の開園と同時に入園し、人気の「青バラコーナー」に急ぎましたが、1人だけの貸切状態でした。

バラの名は、ブルーバユーです。

b0291402_19192310.jpg



レディエックス。

b0291402_19193349.jpg



咲くと、ブルーになる、ブルーパヒュー。

b0291402_19194385.jpg



花びらの水滴で玉ボケを狙ってみましたが、ビショビショ過ぎて失敗(笑)

b0291402_19195468.jpg



さて、この日の開花率は、谷津バラ園の発表では70%。
もうちょっとですが、逆に傷んだバラが殆どないので、マクロ撮影には絶好でした。

b0291402_19200433.jpg



この一角はよく咲いていて、カメラマンも、カメラ女子も集まってきます。・・・といっても開園直後でお2人さん。

b0291402_19201566.jpg



レンズを「望遠レンズ」に交換して、ここからは玉ボケ狙い。

b0291402_19202711.jpg

b0291402_19203775.jpg

b0291402_19204816.jpg



見頃は11月下旬まで続くと書いてありましたが、一番の見頃が恐らく11月10日前後。
見頃おさめは11月20日くらいではないでしょうか。



by tabi-to-ryokou | 2017-11-05 16:00 | | Trackback | Comments(10)

今年の菊人形は大河ドラマの「女城主直虎」でした(文京区湯島天神 菊祭り)

毎年恒例の湯島天神。菊まつり。今年は11月1日から11月23日までですが、その初日に訪問しました。

さて、目玉の菊人形は・・・・・・・、女城主直虎、今年はこれしかないでしょう。
ちなみに左が家康、真ん中が直政、右が直虎です。

b0291402_20380085.jpg



毎年、大河ドラマの主人公が登場するので、これは予測できました。
1年前の記憶って、儚いもの。皆さん、昨年の大河ドラマの主人公は覚えてますか。昨年撮影したのは、真田丸でした。

b0291402_20381370.jpg



やはり、菊まつりの初日なので、菊の咲き具合は、あと少しという感じでした。
社務所と本殿を結ぶ渡り廊下の懸崖ですが、咲いてたり、咲いてなかったり。

b0291402_20382668.jpg



管物咲きの中でも、1株からこれだけ咲かせるという千輪咲き。
この千輪咲きは、見頃でした。

b0291402_20383954.jpg



初日なので、会場にはテレビ局の取材も入ってました。
危うく自分が標的にされるところでしたが、昔から逃げ足の速さには定評がありますので(笑)、たくみに避けたら、このおじさんが捕まってしまいました。

b0291402_20384923.jpg



レンズをマクロレンズに交換して、私が好きな管物を撮影しました。

b0291402_20390588.jpg



管物の菊でも、これは細管。

b0291402_20391550.jpg



「新玉光院」と書かれた菊の花。珍しい菊です。

b0291402_20392770.jpg



最後は恒例、園芸家としてプロ級の鈴木敏彦さんのコーナーです。

b0291402_20394172.jpg



やはり開催期間が23日間もあると、どこにピークを持っていくかが難しいのでしょうね。
1週間早かったと思いましたが、鈴木敏彦さんは、いつも見事な菊の花を見せてくれます。

湯島天神の菊まつりは、11月23日までなので、まだじゅうぶんに間に合いますが、11月の第2週目のが良さそうに思いました。



by tabi-to-ryokou | 2017-11-04 16:00 | | Trackback | Comments(16)

雨上り  マクロレンズで  彼岸花 (小石川後楽園)

9月23日、秋分の日、東京は朝の9時ごろまで雨、最高気温は24度でした。

東京の彼岸花は、見頃を既に過ぎており、「見頃、ちょい過ぎ」。出遅れましたが、今年初の彼岸花の撮影に出かけました。

150枚撮ったうちの厳選6枚です(笑)、解説はありません。

b0291402_19285275.jpg

b0291402_19290651.jpg

b0291402_19291739.jpg

b0291402_19293635.jpg

b0291402_19294766.jpg

b0291402_19295904.jpg


小石川後楽園は、他に咲いてる花も無く、人影もまばらでした。でも、気の早いモミジが、ほんのりと色づき始めています。
昨年は11月26日に出かけて、紅葉の見頃には1週間、早かったのですが、今年は昨年より少し早いかもしれません。



私とカメラ-お気に入りのカメラで撮ったベストショット!


by tabi-to-ryokou | 2017-09-24 16:00 | | Trackback | Comments(22)

まるで鳥の羽のような「ウモウゲイトウ」が見頃を迎えています(埼玉県国営森林公園)

9月2日、土曜日、東京と埼玉は、午前中雨でしたが午後は晴れ。気温は17~24度でした。

早めにお昼を食べて自宅を12時半に出ましたが、埼玉県の森林公園到着は14時半。
まずウモウゲイトウをご覧にいれましょう。鳥の羽のようにふわふわとした30~40cmの花穂(かすい)が特徴です。

b0291402_05581938.jpg



ケイトウの1種で、色はピンク、黄色、赤。

b0291402_05591177.jpg



約5000平方mの敷地に、30万本が植えられてます。

b0291402_05593826.jpg



陽が差してきた広場には、子供たちの声がはずんでました。

b0291402_05594850.jpg



大きなゴムのボールで遊ぶ楽しそうな親子。

b0291402_06001122.jpg



7月から咲いていて、 くすんだ花も増えてきたので、順次切り戻し作業をしています。
早く咲いた花を切り落としますが、9月下旬には再び花数が増えるそうです。

b0291402_06002246.jpg



最後の1枚は、ウモウゲイトウへと走る少女。

b0291402_06003656.jpg


今は栽培面積の半分が咲いていて、半分が切り戻しの作業中。それでも見事でした。
全部が咲きそろうのは9月下旬で、10月上旬まで見頃が続くそうです。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-03 16:00 | | Trackback | Comments(10)

これが朝顔なの???、今シーズン最後の変化朝顔展示会(日比谷公園)

今シーズン最後の変化朝顔展示会が、先週、日比谷公園で開催されました。
朝早く行かないと萎んでしまうので、訪問したのは出勤前。といっても、オフィスは、日比谷公園の、隣の、隣のビルなので目と鼻の先です。

変化朝顔の9連チャン。1番から地味な順で、最後になるに従い「え~これが朝顔なの???」となっていきます。
1)

b0291402_16083602.jpg



2)

b0291402_16084635.jpg



3)

b0291402_16085820.jpg



4)

b0291402_16090940.jpg



5)

b0291402_16092117.jpg



6)

b0291402_16093265.jpg



7)

b0291402_16094532.jpg



8)

b0291402_16095845.jpg



9)

b0291402_16100823.jpg



最後までご覧いただきありがとうございます。
お礼は、ストロベリーのソフトクリームです(笑)

b0291402_16102047.jpg


江戸時代に花開き、200年をへて現代まで、愛好家の間に綿々と伝えられてきた変化朝顔。
種から育てる1年草のため、花が終わると枯れてしまいます。たくさん種をまき、小苗の内に葉の特徴から、変化朝顔の株を選び出すのが大変だとか。
変化朝顔研究会の皆さん、来年も観にきますので、頑張って下さいね。





2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真



by tabi-to-ryokou | 2017-08-30 16:00 | | Trackback | Comments(16)

江戸の文人の協力を得て造られた元祖・民営の花園(墨田区、向島百花園)

江戸の町人文化が栄えた文化・文政期(1804年~1830年)に造られた向島百花園。
現在は、国の名勝及び史跡の指定を受けた都立庭園として四季百花が乱れ咲きます。

本日は夏に咲く花を8枚お届けします。
もみじあおい

b0291402_14225744.jpg



むくげ

b0291402_14231690.jpg



ききょう

b0291402_14232552.jpg



はす

b0291402_14234238.jpg



あさざ

b0291402_14235320.jpg



のうぜんかずら

b0291402_14240255.jpg


手前のピンクはおいらんそう、奥の黄色はとうごうぎく

b0291402_14242196.jpg



大輪朝顔展もやっていて、「優」を受賞した小柳氏の作品は「那須八-四」

b0291402_14243333.jpg



撮影は8月6日の朝8時半。近くの東京スカイツリーの天望回廊より上が霞んでました。

b0291402_14244564.jpg



今は咲いてませんが9月になると向島百花園の名物、全長30mの「萩のトンネル」が、花のトンネルになります。

b0291402_14245812.jpg



ここ向島百花園は、いつ訪問しても、何かの花が咲いていて、まさしく百花園。
ブログに掲載する写真の在庫が減ってきた時には、頼りになる庭園です。




2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真



by tabi-to-ryokou | 2017-08-15 16:00 | | Trackback | Comments(8)

森の妖精、レンゲショウマの花(国分寺市、殿ヶ谷戸庭園)

国指定名勝、殿ヶ谷戸庭園の2回目は、森の妖精と言われるレンゲショウマです。(1回目の日記は8月4日の「武蔵野の山野草と湧水の庭」)

b0291402_16173755.jpg



蕾が小さくて可愛い。

b0291402_16180859.jpg



花も小さくて、下から写すのは大変です。

b0291402_16182330.jpg



花が蓮に、葉が「ショウマ(升麻)」という種に似ていることから、名前がレンゲショウマ。

b0291402_16185735.jpg



下向きに咲く奥ゆかしいたたずまいは、洋風というより純日本風。

b0291402_16193155.jpg



レンゲショウマの花言葉は「伝統美」だそうです。

b0291402_16194283.jpg



伝統工芸品などの持つイメージから「伝統美」という花言葉が生れたのでしょうか。小さいながらも精一杯、咲いてました。

b0291402_16195393.jpg



レンゲショウマは、東北地方から近畿地方の、山地から深山の湿り気のある林に育ちます。
複数の都道府県でレッドリストに指定され、絶滅が危ぶまれてますが、奥多摩の御岳山では、約5万株のレンゲショウマが群生しており、淡い紫色の可憐な花を、毎年咲かせます。
遠いし登るのは大変なのですが、御岳山のレンゲショウマ、ガンバレ!!






2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真




by tabi-to-ryokou | 2017-08-10 16:00 | | Trackback | Comments(16)