タグ:Canon100mm F2.8L マクロIS USM ( 97 ) タグの人気記事

くす玉が 割れ花吹雪 太鼓の音 宙舞う如く サギ草の咲く(世田谷区上町)

7月15日、土曜日、東京は晴れて、うだるような暑さ。最高気温は34度でした。

取材は夕方からで、珍しく世田谷区に遠征しました。場所は東急世田谷線の上町駅からすぐ近くの「代官屋敷」
17時ちょうどにくす玉が割れ、花吹雪が舞いました。

b0291402_08022321.jpg



のぼり旗の文字は「ホタル祭りとサギ草市」、上町天祖神社の境内で「サギ草市」が開催され、17時から代官屋敷でホタルを観賞できます。
ホタルも観たかったのですが、既に500人くらいが行列してたので、あっさり諦めました。

b0291402_08023460.jpg



かつて世田谷にも生息していた「ホタル」を子供たちにも見せてあげたい、という地元の人の思いから始まった「せたがやホタル祭り」も、今年で37回目。
和太鼓のパフォーマンスが始まりました。

b0291402_08025743.jpg



上町天祖神社では、世田谷区の花でもある「サギ草」の展示即売を行う「サギ草市」も 開催され境内には露店や屋台が出店します。

b0291402_08024790.jpg


境内の植木市というか、草ばかりの草市。

b0291402_08031470.jpg


こちらのお花は、ケイトウキモノ100円、ポーチュラカ100円、サルビア100円。

b0291402_08032585.jpg



ところで世田谷区の花は「サギ草」です。昔はあちこちに咲いてたんでしょうね。

b0291402_08033653.jpg



代官屋敷に展示されてましたが、柵があってここまでしか近寄れません。

b0291402_08034810.jpg



サギ草市の受付に一鉢だけ置かれていたので、撮らせてもらいました。

b0291402_08035800.jpg




花の径は3 cmほどの小さな花なので、ここからはマクロレンズです。

b0291402_08083328.jpg



ホワイトバランスは、白色蛍光灯。

b0291402_08084391.jpg


ヘイケボタルと、サギ草を同時に楽しめるという世田谷区の夏まつり。
ホタルを見るには、行列に並ばねばならず、間近で見れるサギ草は一鉢だけという誤算はありましたが、今シーズン初のサギ草を楽しむことができました。



by tabi-to-ryokou | 2017-07-16 16:00 | 祭り | Trackback | Comments(20)

見頃を迎えていた大賀ハス(千葉市、千葉公園)

古代ハスとも言いますが、故・大賀博士が1951年に千葉市検見川で発掘した2千年以上前の古代のハスの実から発芽・開花させたハスなので、千葉県では「大賀ハス」と呼びます。

18日の日曜日、千葉駅からモノレールに乗って1駅目の千葉公園まで出かけました。
さっそく、千葉都市モノレールを「撮り鉄」

b0291402_08284043.jpg


「大賀ハス」は、千葉県の天然記念物に指定されていて、駅の壁を彩るのは千葉市のシンボルキャラクター「ちはなちゃん」

b0291402_08293703.jpg


千葉公園のハス田です。今年も咲いてました。遠くに見えるのは先ほどの千葉都市モノレール。

b0291402_08300831.jpg


ハスの花の寿命は4日ですが、まずは開花前の蕾です。

b0291402_08303812.jpg


開花1日目は朝の4~5時頃に花が開き始めますが、また閉じてしまいます。

b0291402_08310756.jpg


b0291402_08313886.jpg



開花2日目は深夜1時頃から花が開き始め、7~9時頃に全開になり、また閉じてしまいます。

b0291402_08323694.jpg


開花3日目は深夜1時頃から花が開き始め、7~10時頃に全開になり、完全には閉じません。

b0291402_08330673.jpg


開花4日目は8時頃には花が全開となり、花びらが散り始め15時頃までには完全に散ります。

b0291402_08333637.jpg



千葉公園では発掘された当時の大賀ハスの遺伝子を継承・保存していく観点から、他のハスと交雑しないよう花が散った後の花托は池に落ちる前に刈り取るそうです。

b0291402_08371713.jpg


b0291402_08380287.jpg



最後の1枚は、たまたまハスの観賞に来ていた3匹の、ワンちゃん。
やはり飼い主ばかり見て、知らないおじさんの方にはカメラ目線をくれません(笑)

b0291402_08383501.jpg


さて、千葉公園の大賀ハスですがもう見頃です。蕾から、花が落ちた花托までご覧になれます。
ただ開花本数はというと、これから増えて、6月の最終日から7月2日あたりがピークと思われます。



6月のお気に入りスポット

美しいあじさい&6月のイメージショット!




by tabi-to-ryokou | 2017-06-20 16:00 | | Trackback | Comments(30)

雨上がりの花菖蒲(千葉県、松戸市、本土寺)

紫陽花が咲く小道の奥から坂を下ると花菖蒲の池が、目の前に広がります。

b0291402_07532803.jpg


本土寺の花菖蒲は5,000株。

b0291402_07533760.jpg


「見頃」から「見頃過ぎ」に移ろうかという時期でした。

b0291402_07535825.jpg


この日は朝方まで雨が降ってました。

b0291402_07540784.jpg


中にはビショビショの花びらも。

b0291402_07541639.jpg


でも花菖蒲の雨滴も絵になります。

b0291402_07543492.jpg


思いっきり拡大した水飴のような滴に、他の花菖蒲がかすかに見えました。

b0291402_07544544.jpg


最後の1枚は、そよ風に揺れる花紫陽花。

b0291402_07545510.jpg


本土寺は、紫陽花のが有名なので、花菖蒲の池には観賞客もまばら。ゆっくりと撮影できました。
今シーズンの花菖蒲も終わりですが、今日(6月18日の日曜日)は古代蓮を見に行ってきます。



美しいあじさい&6月のイメージショット!



by tabi-to-ryokou | 2017-06-18 16:00 | | Trackback | Comments(20)

花びらが大きな肥後の花菖蒲と、ガクアジサイが同時に楽しめる庭園(文京区、肥後細川庭園)

6月10日、土曜日、東京の最高気温は31度、天気は良かったけど、じわっと暑かったです。

旧熊本藩主・細川家の屋敷跡地にある文京区目白台の「肥後細川庭園」に出かけました。ネタ元は読売新聞。記事によると「肥後花菖蒲」が見頃を迎えているそうです。
我が家からは都電荒川線の始発駅「三ノ輪橋」から、終点の「早稲田」まで、都電荒川線でずっと乗って行けば、運賃は安いのですが、時間もかかるので、
JR大塚駅から都電に乗って、終点の早稲田で降りました。神田川を越えて、川沿いの細い道を進みます。

b0291402_05450718.jpg


ここが「肥後細川庭園」の入り口。以前は「新江戸川公園」という名前でしたが、今年の3月に歴史ある土地だと広く知ってもらうため「肥後細川庭園」に改称されました。
入園は無料です。小さな男の子と女の子が楽しそうに入っていきました。デートでしょうか。

b0291402_05451788.jpg



さすが細川家の屋敷跡。広いです。跡地をそのまま公園にした池泉回遊式庭園。
手前が、今は希少な「肥後花菖蒲」

b0291402_05455147.jpg


パパと男の子が、蝶々を捕ってます。しばらく見てましたがさすがパパがお上手。蝶々が捕れるたびに、男の子が嬉しそうでした。

b0291402_05463138.jpg


肥後花菖蒲は、ちょうど見頃でした。
背景は松聲閣(しょうせいかく)と呼ばれ、もと細川家の学問所だった建物です。

b0291402_05465978.jpg


肥後花菖蒲は、江戸時代から品種改良を重ねた熊本ゆかりの花「肥後六花」の一つです。
「日本錦(やまとにしき)」です。

b0291402_05471929.jpg


「八雲」という名前が付いてました。

b0291402_05472722.jpg


「児化粧(ちごげしょう)」です。

b0291402_05474257.jpg


これは名前が分からないので、自分が勝手に名前を付けました。青空花菖蒲です(笑)

b0291402_05524586.jpg



肥後細川庭園には、ガクアジサイも咲いてました。
手前がガクアジサイ、後方は肥後花菖蒲の、「宝船(たからぶね」です。

b0291402_05475215.jpg


ガクアジサイの数は少ないのですが、ちょうど見頃でした。

b0291402_05530870.jpg


これが本当の、ガクアジサイの花。

b0291402_05532070.jpg


名前を付けるなら「影アジサイ」

b0291402_05533419.jpg


最後の1枚、肥後花菖蒲の名前は「靄間空(もやまぞら)」

b0291402_05534510.jpg


肥後花菖蒲は、他種に比べて花びらが大きいのが特徴です。
20品種、400株がちょうど満開なので、見頃はあと、1週間でしょうか。
31度と暑かったので、撮影は1時間程で引き上げました。



by tabi-to-ryokou | 2017-06-11 16:00 | | Trackback | Comments(16)

東京下町は花菖蒲が見頃を迎えました(足立区、しょうぶ沼公園)

我が家の近くでは、葛飾区の堀切菖蒲園と、水元公園が花菖蒲の名所ですが、6月4日は朝9時から神輿の撮影をした後だったので、
車で10分の「しょうぶ沼公園」に行ってみました。

b0291402_18115574.jpg


「しょうぶ沼公園」は、木立に囲まれた足立区立の公園で、中には五つの菖蒲田があります。

b0291402_18120540.jpg
b0291402_18122266.jpg


見渡すと江戸系の花菖蒲が多いように見えます。

b0291402_18125545.jpg


足立区のHPには、140品種、8,100株の花菖蒲が咲くと書いてあり、入園は無料。
有名ではありませんが、ここの花菖蒲、勝負する価値ありです(笑)

b0291402_18123140.jpg


この公園のいいところは、菖蒲田に木道があるので、花びらをすぐ近くから撮れること。

b0291402_18124155.jpg


でも木道は狭いので、撮ったらすぐにどかないと、通行の妨げになります。

b0291402_18130575.jpg


立ったり、しゃがんだり、横から撮ったり、下から見上げたり、いい運動になりました。

b0291402_18131814.jpg


最後の1枚は、ベビーカーの赤ちゃんと、ご家族と、花菖蒲。

b0291402_18133340.jpg


自分の予測ですが、あと2週間。少なくとも6月中旬までは見頃が続くと思います。



by tabi-to-ryokou | 2017-06-08 16:00 | | Trackback | Comments(18)

いよいよ関東地方も、紫陽花の見頃となりました(文京区、六義園)

6月3日、土曜日、東京は快晴、16度~26度の心地よい1日。
朝は六義園で紫陽花とサツキを撮影し、家に戻って食事をしてから、午後は千葉県幕張の「RED BULL AIR RACE」の観戦。忙しい土曜日でした。

開園の9時ちょうどに六義園に入りました。
ヤマアジサイの「シチダンカ」は、前日の雨で濡れてます。
淡い青色は、落花までの間に薄紅、濃紫、藍色と変化するので、幻のアジサイと言われます。

b0291402_07465551.jpg


同じくヤマアジサイの、「くれない」
最初は白く、だんだん赤に変色していきます。

b0291402_07472594.jpg


ガクアジサイの「おたくさ」
シーボルトが日本人妻の「お滝さん」の名前から「おたくさ」と名付けたそうです。

b0291402_07475542.jpg


ヤマアジサイの「甘茶」。
葉に甘味があり、甘味料として使われてきました。

b0291402_07482580.jpg


ヤマアジサイの「紅額」。
装飾花は、終盤には真っ赤になるそうです。

b0291402_07485426.jpg


ガクアジサイと、ヤマアジサイの違いは、
ガクアジサイは、葉にうぶ毛が少ない。ヤマアジサイは、うぶ毛が多い
ガクアジサイは、葉が厚めでやや光沢がある。ヤマアジサイは、葉が薄めで、光沢がない
ガクアジサイは、背丈が高い。ヤマアジサイは、背丈が低め。
ガクアジサイは、開花時期が6月中旬~7月。ヤマアジサイは、5月下旬頃~6月頃
日が差してきました。葉っぱに映るのは「紅額」の影。

b0291402_07492567.jpg


ヤマアジサイの「紅てまり」
現在は白い花ですが、これから赤く変色するアジサイです。

b0291402_07495438.jpg


ガクアジサイの「黒軸」
花は美しいのに、茎が黒いので、黒軸という名前が付いてます。

b0291402_07502576.jpg


ヤマアジサイの「深山八重紫」
濃い紫色の綺麗な八重咲き。

b0291402_07505545.jpg


咲き具合はというと、ちょうど咲き始めの見頃。「あじさい山」も鬱蒼とした緑色が目立ちます。

b0291402_07512560.jpg


六義園には15品種、1,000株の「和の紫陽花」が咲き、額咲きの、優美な花が特徴的です。
見頃は6月中旬まで続くので、まだまだ楽しめます。




美しいあじさい&6月のイメージショット!



by tabi-to-ryokou | 2017-06-04 16:00 | | Trackback | Comments(16)

100種、3000株のつつじが、咲いててもよかったはずのつつじ苑で・・・(文京区根津神社)

4月30日、連休前半の日曜日は雲一つない快晴、気温は11度から24度でした。

昨日の「泣き相撲」が1日順延となったので、予定していた「ひたち海浜公園」のネモフィラはGW後半に行くことにして、
この日は朝一番で根津神社のつつじ、その後に浅草寺の「泣き相撲」と連チャンで廻りました。

周辺は5月5日までが「文京つつじまつり」。このくらい咲いてればいいなと期待が膨らみます。写真は境内の露店で売ってるつつじです。お隣は「いか焼き」のお店。

b0291402_08253457.jpg


8時45分には、つつじ苑に到着し、9時の開苑を待ちます。でも周囲の景色を見るといやな予感。
HPには、【つつじ開花状況】遅咲きのオオムラサキなどが咲いています(4/30現在)、と書かれていたのですが、入苑すると「お~いオオムラサキはどこだ~い」でした。

b0291402_08254409.jpg


昨日、今日と連敗ですが、こんなことではめげません。
「つつじまつり」を、「つつじ シベ まつり」に変更し、シベを狙います(笑)

b0291402_08255496.jpg


何とも可愛らしいツツジのシベ。

b0291402_08260420.jpg


雲も風もない快晴で、シベが揺れることも無く、シベ日和(笑)

b0291402_08261365.jpg


オオヤマツツジの園芸品種でしょうか。

b0291402_08262370.jpg


白は琉球ツツジだと思うのですが、花びらも美しい。

b0291402_08263473.jpg


最後の1枚は、ハナグルマ、後方のボケはオオムラサキです。

b0291402_08264506.jpg


こんなわけで、今年ただ1回のツツジ撮影は、30分で終了とし、いったん自宅に帰り画像をPCに取り込んでから、次の「泣き相撲」の会場に出かけました。


2017、私のゴールデンウィーク!


by tabi-to-ryokou | 2017-05-01 16:00 | | Trackback | Comments(26)

桜が満開の週末に無情の雨。かわりに「花桃」と「カタクリ」です(古河総合公園&横浜ズーラシア)

満開の桜を撮ろうと張り切って待っていた土曜日(4月8日)ですが、1日中雨。残念ながら、桜は空振りに終わりました。

3月に古河総合公園で撮ってきた花桃の未公開画像です。

b0291402_16173844.jpg


色は微妙に違いますが、写真上も、写真下も「矢口」という花桃だと思います。

b0291402_16174739.jpg


菜の花も咲いてました。

b0291402_16175962.jpg


花桃&菜の花です。

b0291402_16180841.jpg


桃源郷って、こんなホンワカした夢のような世界なんでしょうね。

b0291402_16181748.jpg


茨城県が誇る、日本一の花桃の里でした。

b0291402_16182824.jpg


場所はかわって、こちらは今月、横浜のズーラシアで撮ったカタクリです。

b0291402_16184890.jpg


群生を期待して行きましたが、見頃は3月で既に終わっており、咲いてたのは数輪でした。

b0291402_16185950.jpg


午前も、午後も雨で、結局家から1歩も外に出ていません。仕方なくケニアの野生動物のフォトブックを作って過ごしてました。
明日(4月9日)は晴れて欲しいのですが、降水確率は30~50%。なんとも微妙です(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-04-09 16:00 | | Trackback | Comments(20)

向島百花園に春の訪れ(東京都墨田区)

3月20日、春分の日、東京は晴れ、気温は7度から19度と暖かい1日でした。

最初に向かったのが水元公園。ここでカワセミが撮れたので、最近よくカワセミが目撃されるという向島百花園に向かいました。
カワセミは現れなかったのですが、向島百花園の春の花を観賞してきました。

庭園の遠くに見えるのはスカイツリーです。

b0291402_08160984.jpg


梅は終わってましたが、寒緋桜は見頃のちょい過ぎ。

b0291402_08162191.jpg


桜かと思った花弁は、山桜桃梅(ゆすらうめ)。バラ科サクラ属の落葉低木の果樹です。

b0291402_08163296.jpg


シジミバナは、バラ科シモツケ属。ユキヤナギの仲間ですが、ちょうど花の咲き始め。

b0291402_08164230.jpg


花を撮りながら池の様子を、何回も見に行きますが、カワセミはなかなか来てくれません。
新芽が萌える柳に群がるのはヒヨドリ君たち。

b0291402_08164991.jpg


他にはボケや、名前の分からない小さな草花も咲いてましたが、早春の梅と、秋の萩が有名な庭園なので、今は中休みといったところです。
最後の写真は、振袖ヤナギ。ネコヤナギの1種です。

b0291402_08165963.jpg


東京のソメイヨシノの開花は1年前が3月21日、2年前が3月23日、平均が3月26日。
読売新聞の予想が3月23日、ウェザーニュースの予想は3月22日。
昨日(3月20日)に、靖国神社の標本木は2輪咲いたので、開花宣言は今日か、明日。
本日は雨ですが、はたしてどうなるでしょうか。
  ↓    ↓
追記 : 先程のニュースで、気象庁は東京都心でのソメイヨシノが開花したと発表しました。開花は平年より5日早く、昨年と同日でした。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-21 16:00 | | Trackback | Comments(24)

「富貴花」、「百花の王」などと呼ばれる「冬ぼたん」が見頃になりました(上野東照宮、ぼたん苑)

1月7日、土曜日、晴れ、東京の最高気温は8度から9度。
本日の午前中の撮影ですが、外は寒かったです。

上野東照宮ぼたん苑の入り口です。入苑料金は700円。

b0291402_14432345.jpg


250品種、3,200株の日・中・洋の牡丹が咲き、うち40品種、600株が、冬ぼたんです。

b0291402_14433192.jpg


今日は、マクロレンズで、蕾も丁寧に撮りました。

b0291402_14433916.jpg


白の次は黄色。

b0291402_14435002.jpg


花の少ないお正月の縁起花として、抑制栽培で冬に開花させるのが冬牡丹ですが、 今年も見事に咲き、今が見ごろです。

b0291402_14435749.jpg


開苑の9時半に訪問したので、観賞客は50人くらい。どのぼたんも自由に撮れました。

b0291402_14440666.jpg


今年、注目した牡丹は、「島錦」。赤と白のツートンカラーです。

b0291402_14441459.jpg


蕾も、赤と白のツートンカラー。

b0291402_14442376.jpg


出口の近くの枯山水、後方には東京都の重要文化財、寛永寺の五重塔が見えます。

b0291402_14443377.jpg


2009年から毎年訪問してるので、今年で9回目。こことは相性が良くて、9回とも見頃なのですが、冬ぼたんは開花すると長く咲いてるのかもしれませんね。
冬ぼたんの開苑期間は2月26日までと、公式HPに書いてありますが、それでも見頃は1月中のような気がしました。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-07 16:00 | | Trackback | Comments(20)