タグ:Canon100mm F2.8L マクロIS USM ( 97 ) タグの人気記事

問題です、この冬に咲く花の名前は???(東京、品川区)

写真は全部で8枚あります。わかったところでピンポンと押して下さい。

1 撮影日は12月10日、土曜日でした。場所は品川区弁天通り公園です。

b0291402_05564186.jpg


2 花の色はピンクです。3文字でも正解ですが、7文字なら完璧な正解です。

b0291402_05565354.jpg


3 シベはこんな形。

b0291402_05570830.jpg


4 花びらに映るシベを撮ってみました。

b0291402_05572635.jpg


5 ツボミです。もうお分かりですね。

b0291402_05582387.jpg


6 1人で黙々と写真を撮ってたら、妙齢のご婦人2人連れから声をかけられました。「このお花はなんですか」

b0291402_05584459.jpg


7 切り抜いてきた記事を見せて説明すると、お2人ともスマホで写真を撮られてました。

b0291402_05585558.jpg


8 誰もが驚くと思います。この時期に、こんなに咲くなんて。

b0291402_05590564.jpg


答えは「サクラ」ですが、「ヒマラヤザクラ」と答えた方は、完璧に正解です。
ヒマラヤザクラは、ヒマラヤ地方に分布する野生種の1つで、日本の桜の原種といわれます。
他には戸越公園に2本、新宿御苑にも1本あるので、恐らく今頃咲いてると思います。

お2人のご婦人から「どこからいらしたんですか」と聞かれました。
「桜の研究者」と思われたのか、「プロのカメラマン」と思われたのか、「そこらの変人」と思われたのか。
恐らく、三つめの「そこらの変人」ですね(笑)



by tabi-to-ryokou | 2016-12-11 16:00 | | Trackback | Comments(28)

私が好きな「くだもの」は「管物」と書く菊の花(亀戸天神と、湯島天神)

私が好きな花は、
梅は枝垂れ、桜も枝垂れ、薔薇はブルーと紫、朝顔は変化朝顔、菊は管物です。

最初はスパゲティー。これも菊の管物です。

b0291402_08155743.jpg


キシメン。

b0291402_08160753.jpg


アメ細工。

b0291402_08161789.jpg


これは「管物」ではありません。「厚走り」と書いてありました。

b0291402_08162627.jpg


菊は昔から栽培しやすいという特徴があるので、次々と新種が作られています。
ここまでは亀戸天神で10月29日に撮影しました。
ここから下は湯島天神での11月6日の撮影です。

花びらの内側が真紅、外側が黄金色の巴錦。

b0291402_08164695.jpg


管物にも種類がありますが、これは細管。

b0291402_08170130.jpg


文京区教育長賞を受賞した菊。

b0291402_08171159.jpg


最後の1枚は、私が勝手に選んだ優秀賞です(笑)
中学生の重野壱太君の作品で、菊の名前は「泉郷高峰」

b0291402_08172068.jpg


重野君、賞品は何もないけど、おめでとうございます。
ちなみに都内の菊は、これからが見頃の本番。亀戸天神、湯島天神以外では、浅草寺、日比谷公園、新宿御苑も菊祭りやっています。



by tabi-to-ryokou | 2016-11-09 16:00 | | Trackback | Comments(16)

見頃には2週間早かった亀戸天神の菊の花(江東区亀戸天神社)

10月29日、土曜日、東京は最高気温21度の曇り空。

毎年恒例の亀戸天神菊祭りですが、今年は10月23日から始まりました。
いくらなんでも23日は早いだろうと、じっと待ってた気の早い江戸っ子も、29日にもなるともう我慢ができません。
いそいそと朝の10時にかけつけました。

作品名は「藤岡の秋」、展示は鈴木敏彦さん。
この方は毎年綺麗な菊の花を出品される園芸家さんです。

b0291402_08312538.jpg


咲いてた菊もあるけれど、1週間早いという菊もある。
同じく鈴木敏彦さんで、「兼六雪峰」

b0291402_08313454.jpg


この小さな庭には名前がなかったけど、園芸家は丸山三福さん。

b0291402_08314437.jpg


全く咲いてないのは名物の「菊のスカイツリー」、これは2週間早かった。
園芸家は小林文武さん、協賛は東武タワースカイツリー株式会社。

b0291402_08321097.jpg


Even if I fall down, I don’t get up freely. 転んでもタダでは起きません。
作戦を変更。菊の蕾。

b0291402_08322705.jpg

b0291402_08323624.jpg

b0291402_08324560.jpg

b0291402_08325552.jpg


最後の1枚は雨滴をたくわえた菊の蕾。

b0291402_08330343.jpg


菊祭りと言えば、初日から咲いてると思ったら大間違い。
最終日が11月20日なので、今年の亀戸天神の菊の見頃は11月10日から15日くらいではないかと思いました。



by tabi-to-ryokou | 2016-10-30 16:00 | | Trackback | Comments(14)

これが秋バラの色見本(千葉県習志野市谷津バラ園)

10月23日、日曜日の東京は、曇り空で最高気温は23度。
我が家からは京成線で比較的近い千葉県習志野市の谷津バラ園に出かけました。

習志野市のHPによるとバラ園の開花率は60%。こういう日は咲き誇るバラでなく、綺麗な蕾を狙います。
最初の5枚ですが、まずはゴールド。

b0291402_05464043.jpg


バラ色

b0291402_05464955.jpg


赤紫

b0291402_05465799.jpg


桃色

b0291402_05470712.jpg


いちご色

b0291402_05471729.jpg


あと5枚あるので、ここでバラ園の様子。

b0291402_05473453.jpg



山吹色

b0291402_05475226.jpg




b0291402_05480247.jpg




b0291402_05482205.jpg



柿の色

b0291402_05515621.jpg


ピンク

b0291402_05520566.jpg


自分で勝手につけた色もありますが、以上が秋バラの色見本10種類でした。
最後の写真は、背景にボケを入れてみた黄色です。

b0291402_05521475.jpg


谷津バラ園は12,000㎡の敷地に700品種、6,300株のバラが咲きます。
習志野市のHPは10月25日なのに、「10月19日現在、習志野市谷津バラ園の開花率は60%となっております」、と超スローペースの更新ですが、
10月23日のバラの状況からみると、11月上旬までは見頃が続きそうです。



by tabi-to-ryokou | 2016-10-25 16:00 | | Trackback | Comments(22)

朝顔に「変化朝顔」があるように、ダリアにも「変化ダリア」というジャンルがあってもいいのではないか(深大寺植物公園)

ダリアを撮りながら思ったのは「これもダリア??」、「ほんまにダリア??」、「あんたダリヤ??」(笑)
つまり、ダリアにも数多くの変形があるということでした。
まずは見て下さい。ダリアのイメージと違うダリアばかりです。

名前は、レイクビューカーリー。

b0291402_07590501.jpg



名前はエンジェル。これは菊と言われても納得します。見ると菊では大違い(笑)

b0291402_07591333.jpg



名前は序曲。このダリアは、日記の最後に持ってきたいと思ったくらい美しいダリアでした。

b0291402_07592009.jpg



名前はプレシャス。背景にちょうどいい赤い花がありました。

b0291402_07592847.jpg



名前はスキップリーグランデ。最近の菊の新種というと「管物」が多いのですが、ダリアの「管物」ですね。

b0291402_07593449.jpg



名前はプリティーベイビー。全体は黄色でも、先端だけ赤い珍しいダリア。

b0291402_07594192.jpg



名前はホンカ。これがダリア???、ほんまカ(笑)

b0291402_07594873.jpg



最後のダリアです。
名前はミッドナイトスター。いい名前ですね。こんな「☆形」でもダリアでした。

b0291402_07595739.jpg


というわけで、これで2回にわたってお届けしたダリアを終わります。
もういっそのこと朝顔の「変化朝顔」と同じように、ダリアにも「変化ダリア」というジャンルがあってもいいんじゃないかと思いました。



by tabi-to-ryokou | 2016-10-07 16:00 | | Trackback | Comments(16)

江戸川に 咲きたる桜 神無月 狂い咲きも のどかなりけり(江戸川区、篠崎公園)

10月2日、日曜日、東京地方は晴れで、最高気温は28度でしたが体感温度は30度超の真夏日。

江戸川区の篠崎公園で枝垂れ桜が咲いたという情報を得て、さっそく出かけました。

b0291402_07593281.jpg



10月桜とか、冬桜と呼ばれる桜がありますが、毎年春と冬の2回、もしくは冬だけ咲きます。

b0291402_07593877.jpg



この桜は枝垂れ桜なので、春だけに咲く種類ですが、何故か咲いてしまったそうです。

b0291402_07594589.jpg


「公園へ行こう」というサイトの、「公園なう」というコーナーに掲載されてましたが、「シダレザクラ季節はずれの乱れ咲き」と出てたので、
大勢の人出かと思ったら、集まったのは私だけ(笑)

b0291402_07595383.jpg


日曜日の午前中で散歩してる人もいましたが、誰もが気づかずに通り過ぎていきます。

b0291402_08000171.jpg


花の色が薄いし、まさか桜が咲いてるとは思わないのでしょう。

b0291402_08000968.jpg


そんなわけで、一人で、ゆっくりと撮影して、枝垂れ桜の下にベンチがあったので、ポカリを飲みながら、1首、詠んで引き上げました。

* 江戸川に 咲きたる桜 神無月 狂い咲きも のどかなりけり



by tabi-to-ryokou | 2016-10-03 16:00 | | Trackback | Comments(22)

東京はダリアが見頃、まずはその名前と花を比べてみましょう(調布市神代植物公園)

10月1日、土曜日、東京地方は曇り空で最高気温は22度。過ごしやすい1日でした。

「ダリアが見頃」の情報に誘われて、調布市の神代植物園で、久しぶりに花写真を撮りました。
ダリアは1842年にオランダから長崎に持ち込まれ、花菖蒲や朝顔のように漢字名でなく、特徴をカタカナで表した名前が多いので、
名前と花を見比べながら歩くのも楽しいと思います。

ミルキーピーチ

b0291402_08050646.jpg


花えくぼ

b0291402_08051373.jpg


シュガーカット、(なんで、シュガーカットなんでしょうね??)

b0291402_08052136.jpg


ひなめぐり

b0291402_08053035.jpg


イエローパール

b0291402_08054041.jpg


リズモアキャロル

b0291402_08055357.jpg


星のしずく、(素敵な名前ですね)

b0291402_08060293.jpg


最後に、私みたいな名前がありました。
「誰が、くちべたやねん!!」、と突っ込みが入りそうですが・・・・(笑)

b0291402_08061010.jpg


この「くちべた」、本当にひねくれたダリアで、歩道のほうを向かずに、花壇の奥の方を向いてました(笑)

b0291402_08061871.jpg



10月1日は「都民の日」で、東京都の施設は無料公開が多かったようです。
知らずに行きましたが、神代植物公園もタダで、見頃の「タダダリア??」を楽しんできました(笑)



by tabi-to-ryokou | 2016-10-02 16:00 | | Trackback | Comments(24)

朝顔とは思えない朝顔を育てる「変化朝顔研究会」が主催する略して「変顔展」、(今シーズン2度目、日比谷公園にて)

8月28日、日曜日、東京は1日中曇り空で、最高気温は25度。過ごしやすい1日でした。

第1回目は7月28日~8月3日。同じ日比谷公園で大輪朝顔との共催展示会でした。
第2回目は8月26日~8月28日。この時期が変化朝顔の一番の見頃ということで、今回は変化朝顔研究会単独での開催でした。

日曜の朝にちょっとだけ時間があったので、9時半に、会場の日比谷公園を訪れました。
最近は変化朝顔にも詳しくなってきたので、種類も名前もわかります。

最初は、撫子咲きの朝顔です。様々な色の撫子咲きが展示されてました。

b0291402_08342244.jpg
b0291402_08343020.jpg
b0291402_08343770.jpg
b0291402_08344403.jpg




普通の朝顔とは違いますが、これでも変顔の中ではオーソドックスな、ムロ咲きの朝顔。

b0291402_08350437.jpg
b0291402_08351213.jpg



ここからはさらに応用系の変顔で、糸柳牡丹朝顔。

b0291402_08352416.jpg


ここまでくると茎だか、葉っぱだか、花だかよくわかりません。管弁獅子牡丹の朝顔。

b0291402_08353258.jpg


朝顔って、交配で変化させても、もとが可愛いので、変形後も可愛いくて、いいですね。
昨年も、今年もこの展示会に通ってるので、最近は「変顔」に詳しくなりました。
2016年の変化朝顔展示会は、これにて全て終了。
また来年ですが、来年はどんな「変顔」が登場するのか、今から楽しみです。



by tabi-to-ryokou | 2016-08-29 16:00 | | Trackback | Comments(12)

JR国分寺駅下車徒歩2分の都立庭園に咲く、レンゲショウマの穴場(国指定名勝・殿ヶ谷戸庭園)

お盆の暑い日に、レンゲショウマを撮影しようと国分寺まで出かけました。

武蔵野の崖や、谷を巧みに利用した和洋折衷の「回遊式林泉庭園」である殿ヶ谷戸庭園。
東京では御岳山の群生地に行かねば見れないレンゲショウマが咲いてるという噂をききつけ、国指定の文化財(名勝)を訪ねました。

殿ヶ谷戸庭園の入り口。JR国分寺駅から僅か2分で、ここは大都会に佇む別世界です。

b0291402_08435832.jpg


明るい芝生にアカマツの林。
昨年も訪問してるし、暑いので庭園の観賞はすっ飛ばしました。

b0291402_08440679.jpg

順路を逆に廻って紅葉亭に向かいます。
ここが紅葉亭。鬱蒼とした緑に覆われた東屋には先客が2名でした。
秋はここから眺める紅葉が絶景です。

b0291402_08442572.jpg


正面の崖下は湧水を利用した林泉と竹林が見事なのですが、この日は誰も歩いていません。

b0291402_08443493.jpg


さて、この崖下のどこかにレンゲショウマが咲いてるはず。
10分程、ウロウロしましたが、アカマツの林の影に見つけました。

b0291402_08450077.jpg


咲いてたのは5輪。なかなか見つからないはずです。
キンポウゲ科の植物で、 花の大きさは3cmから4cmくらい。

b0291402_08451063.jpg


これから咲きそうな蕾が、まだいくつも付いてました。

b0291402_08451857.jpg


ハスに似た花(蓮華)とサラシナショウマに似た葉を持つことから レンゲショウマと呼ばれます。

b0291402_08452685.jpg


レンゲショウマの迫力では、御岳山の5万株の群生地にかないませんが、JR、バス、ケーブルカーを乗り継いでから山道を登ることを考えると、
ちょっと楽をしてレンゲショウマを観賞できるので、レンゲショウマのファンにとっては、ちょっとした穴場です。
私の予想ですが、9月の第1週くらいまでは観賞できるでしょう。



by tabi-to-ryokou | 2016-08-19 16:00 | | Trackback | Comments(12)

朝顔とは思えないような朝顔を育てる「変化朝顔研究会」が主催した略して「変顔展」(日比谷公園)

最近、東京や大阪を中心に変化朝顔の研究会や同好会が結成され、様々な朝顔が偶然変異ではなく系統だって育てられ、作られた変化朝顔の鑑賞会や展示会が、
各地で行われるようになりました。
江戸時代や、明治時代と違い栽培技術の進歩やバイオテクノロジーの発展もあり、驚くような変化朝顔が出現し、我々を楽しませてくれます。

以下は日比谷公園で行われた変化朝顔の展示会で撮影しました。

ムロ咲牡丹とよばれる朝顔、まだ朝顔らしさが残ってます。

b0291402_08305624.jpg


撫子咲きの牡丹とよばれます。
変化朝顔の主だった変異は文化・文政期のアサガオの第一次ブームで起きたそうです。

b0291402_08310488.jpg



普通の変化朝顔です。・・・といっても普通の朝顔とは違いますよね。
これでも地味なほうの変化朝顔です。

b0291402_08311255.jpg


糸柳牡丹といわれますが、これも変化朝顔の1種です。

b0291402_08313639.jpg


撫子咲きの朝顔。

b0291402_08323389.jpg

b0291402_08324153.jpg



これも撫子咲きです。

b0291402_08325031.jpg


やはり朝顔は、古典的な朝顔がいいという方が多いと思いますが、大輪朝顔や変化朝顔は、今後どんな種類が出てくるのだろうという楽しみもあります。
8月19日から8月26日までは横浜市子供植物園で、「江戸の贈り物 変化朝顔展」が開催され、
8月26日から8月28日は、再び日比谷公園で、変化朝顔展示会が開催されますので、興味がある方はご覧になってはいかがでしょうか。



by tabi-to-ryokou | 2016-08-16 16:00 | | Trackback | Comments(16)