タグ:CanonEF100-400mm ( 75 ) タグの人気記事

清少納言の「枕草子」に、「恐ろしげなるもの」として登場するオニバス(水元公園)

7月16日、3連休の真ん中の日曜日、東京の最高気温は35度、暑かったです。

昨年のオニバスの取材は7月30日。今年は連日の暑さで、もう咲いてるに違いないと確信し、昨日(7月16日)に、水元公園を訪ねました。
歩いてオニバスの池に近づいていくと、カメラマンさんが数名見えました。咲いてることが分かり、「やった~~」と、声は出さずに歓声をあげました。

b0291402_20164511.jpg



「枕草子」に、「恐ろしげなるもの」として登場するオニバス。 以前は日本全国の沼や湿地に見られましたが、今は絶滅危惧「II」類です。
この池一面に広がる直径1.5m程の蓮の葉を突き破って、花を咲かせます。

b0291402_20165532.jpg



ちなみにオニバスは、東京都指定天然記念物。

b0291402_20170644.jpg



どんな池に咲いてるかというと、こんな池です。

b0291402_20171636.jpg



写真が4枚しかないので、古代ハスの水田に寄り道しました。
同じ「ハス」が名前に付きますが、オニバスと古代ハスは大違い。

b0291402_20172763.jpg



オニバスはスイレン科、オニバス属、オニバス。 ハスはハス科、ハス属、ハス。名前にハスはつくけど別の植物です。

b0291402_20173961.jpg


実はこの後、不動池、かわせみの里と、2ヵ所廻りましたが、カワセミには会えませんでした。
過去に34度から35度になった日に、カワセミと出会ったことが無いので、彼らはきっと木陰で休んでいたのだと思います。
なお、オニバスは8月末ごろまでは水元公園で観賞できると思います。



by tabi-to-ryokou | 2017-07-17 16:00 | | Trackback | Comments(18)

カワセミのパパと息子の、雨の中の狩り(葛飾区、水元公園)

スリランカ旅行の前でしたが、6月28日に、水元公園で撮影したカワセミ親子の写真です。

パパが魚を獲ったら、分け前にあずかろうと、近くに来ようとする息子。そうはさせじと、ブロックするパパ。背景のタマボケは、降りしきる雨です。

b0291402_20173430.jpg



ブロックをかいくぐり、同じ枝に着地する息子(笑)
パパは仕方ねえなあと無視です。

b0291402_20174679.jpg



親子の攻防が続きますが、パパは魚を見つけたのでしょうか。

b0291402_20180926.jpg



戻ってきましたが、失敗です。

b0291402_20183164.jpg



今度は、息子が魚を見つけたのか、水面を目指しますが、大粒の雨が水面を叩き飛沫をあげてます。

b0291402_20185398.jpg



やはり失敗でした。

b0291402_20190742.jpg



パパがぼやいてます。「雨が止んでくれないと、魚が見えないよ~~」

b0291402_20195100.jpg



再び飛び立ちました。何か見えたのか。

b0291402_20202098.jpg



ダイブの瞬間は見えなかったのですが、戻ってきた時には小さな魚を咥えてました。さすがパパ!!

b0291402_20203139.jpg



一口で呑み込めそうな小魚なのに、雛たちが待つ巣の方に咥えたまま帰って行きました。

b0291402_20205110.jpg


カワセミのオスは、子供のうちは狩りが下手であまり魚が獲れないし、親になると1年に3回も子育てがあって、
ママや子供たちにせっせと、魚を運ばなければいけないので大変です。

ポールマッカートニーの作詞・作曲で、ビートルズが唄った歌詞を思い出しました。
It’s been a hard day’s night ~ ♪
And I’ve been working like a dog ~ ♪♪

でも、working like a dog~ よりは、working like a カワセミ~ ♪♪
のがいいんじゃないかと思ったひと時でした。


by tabi-to-ryokou | 2017-07-14 16:00 | | Trackback | Comments(18)

只今、スリランカを旅行中(その8)(ヤーラ国立公園のジープサファリ)

7月7日、金曜日、午前中は晴れ、午後からは曇り時々雨、最高気温は32度でした。

ヤーラ国立公園には世界で一番スリランカヒョウが多く生息し、その数は50頭ほど。
ところがスリランカでは2番目に大きなヤーラ国立公園は、東京23区よりも広いので、ブッシュの中に隠れてる50頭のヒョウを
ジープで走りながら探すのは至難の技。
ガイドのニンニク君は、今までここに50回は来ていて、そのうち20回はヒョウを見たという。
「彼の強運で今日も」と期待も高まりますが、彼は肝心なところで期待を裏切ることがある(笑)

ヒョウが活発に動くのは早朝と夕暮れだけ、朝5時にホテルを出発して、5時20分には、公園管理事務所に着きました。入園の手続きを待つ車が全部で30台以上。

b0291402_17585461.jpg



本日のジープサファリの車列です。ドライバーはここでの経験が10年以上のベテランさん。
座席が高く見やすいけど、天井を開けて屋根からカメラを構えることはできません。ドライバー席との間にガラスがあり、会話も大声になるので、臆病な動物は逃げちゃいそう(笑)

b0291402_17591028.jpg



入園できたのは6時頃。ヒョウがいそうな場所を廻りますが、なかなか見つかりません。退屈してた頃、遠くに見えたのはクマ。遠すぎて目も鼻も見えず、黒いお団子(笑)

b0291402_17592935.jpg



撮る動物が現れないので、カワセミに似た鳥がいたら撮ってました。

b0291402_17594409.jpg



どちらも似てますが、羽根の色や、嘴が微妙に違うので、カワセミとは違います。

b0291402_18000051.jpg



この公園は景色がいいのも特徴です。時々綺麗な湖がありました。

b0291402_18002825.jpg



でも殆どはブッシュばかりの景色で、ケニアの見晴らしがいいサバンナとは違います。
遠くにシーギリヤロックに似た岩が(笑)

b0291402_18004887.jpg



インド洋です。ここは、ホテルが用意してくれるお弁当を食べる場所です。

b0291402_18010501.jpg



ヒョウの餌になっていそうな鹿たちです。

b0291402_18014890.jpg


ところで、ヒョウはどうしたんだい!!
はい、この孔雀のように空を見上げ「チェ~ッ、チェ~ッ」、と鳴きたい気分です(笑)

b0291402_18020838.jpg



入園が6時、退園が9時30分。残念ながら、ヒョウとは出会えませんでした。
出会った動物を列挙すると、水牛、クジャク、イノシシ、ワニ、鹿、クマ、象。
ボコボコ道で3時間半も揺られて、クマったもんだ。今日は、ヒョウが無いか。


コロンボの空港に到着し、ネット社会に復帰しました。


by tabi-to-ryokou | 2017-07-08 20:19 | 世界遺産 | Trackback | Comments(12)

カワセミのパパと、息子が雨の中でバトル(葛飾区、水元公園)

6月28日、水曜日、東京は午前中が雨、午後は曇り、最高気温は25度でした。

例え雨が降ろうとも、休みの日には何か撮りに出かけるのが、365日ブロガーの宿命(笑)
2ヵ月ぶりに水元公園のカワセミを撮りに出かけました。私が到着した9時30分には、カメラマンが2人だけ。
そりゃそうですよ。平日だし雨ですからね。ちょうど帰る方がいて、様子をうかがったら「雨だから来ないよ、今日は全然駄目」ということでした。
でも私がカメラの準備をしたらカワセミのパパがやってきました。最高にラッキー!!

カワセミパパ : 雨で池の中の魚が見えにくいよ、止んでくれないかな~~

b0291402_07493928.jpg



そこに子供のカワセミがやってきました。5月16日前後に巣立ったという1番子です。カワセミ夫婦は1シーズンに3回、子供を産み育てるので、1番子から3番子までいます。
子カワセミの特徴は嘴が短くて、お腹側は黒っぽく、足は赤くありません。

b0291402_07495341.jpg



左がパパ、右が息子。生まれて1ヵ月とちょっとですが、図体は殆ど一緒です。

b0291402_07500115.jpg



パパは、6月20日頃に雛からかえって巣の中で待ってる2番子を育てるのに必死。1番子が、自分の縄張りにまだいるのが鬱陶しいのです。
パパ : ここは俺の縄張りだぞ、お前どっか他所行けよ。

b0291402_07500928.jpg



取り敢えずパパが仕方ねえなあと別の枝に移動します。

b0291402_07501995.jpg



子供と比べると、親は嘴が長く、お腹の黄色が鮮やかで、足は綺麗な赤です。

b0291402_07502834.jpg



おや、パパが身構えました。

b0291402_07503600.jpg



1番子が再びやってきて、同じ枝に止まろうとしてます。

b0291402_07504345.jpg



1番子 : パパ、オレにも魚ちょうだい。

b0291402_07510019.jpg



パパ : オレは忙しいんだ、お前はあっち行って、自分で探せ!!

b0291402_07510926.jpg



パパがすごい剣幕ですが、この結果はいかに。次回に続きます。
場所は水元公園の不動池で、ここには毎日カワセミがやってきます。ブログで情報を公開してくれる親切なカメラマンが多く、1年に5・6回の私も助かってます。
雨の中、傘を右わきから頭に傾けて挟み込み、両手には本体と望遠レンズで、合計2.7kgを持ちながらの撮影でした。



by tabi-to-ryokou | 2017-06-29 16:00 | | Trackback | Comments(24)

チーター3兄弟の追いかけっこと、取っ組み合い(日野市、多摩動物園)

6月17日に撮影したチーター3兄弟の後半です。

全速力の追いかけっこ。前がアイガー、後ろがジョラス。

b0291402_16454160.jpg



ちょいと失礼~。飛び越えるのがジョラス、踏んづけられたのはクラリスか?

b0291402_16461138.jpg



正直言うと、速すぎて、フレームにおさまりません。右はジョラス、後方はアイガーか?

b0291402_16464117.jpg




とりゃあ~~~、なんと写ったのは足だけ(笑)

b0291402_16471158.jpg



もう少し落ち着いたショットを。ママのシュパーブの足の下を無理矢理、通ろうとするクラリス。

b0291402_16492393.jpg



仲良く2匹並んで。カメラ目線のクラリス、そっぽを向いてるジョラス。

b0291402_16495422.jpg



スリーショット。左クラリス、右アイガー、かすかにシュパーブ。

b0291402_16502431.jpg



ハグしてるのか、チューしてるのか。アイガーとジョラス。

b0291402_16505496.jpg



最後の1枚は、キョトンとした顔のアイガーと、相変わらず困った顔のクラリス。

b0291402_16512468.jpg


彼らの誕生日は2月5日。生まれて4ヶ月になりますが、3兄弟がそっくり。
顔の斑点、耳の白黒、尻尾の先が白か、体毛の濃淡などで、どの子かを見分けてますが、このスピードで走り回るので、
名前は「多分」、「きっと」、「もしかしたら」と、解釈願います(笑)
これで在庫写真も無くなったので、7月後半には4回目の取材に出かけてきます。



by tabi-to-ryokou | 2017-06-28 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(20)

大空に舞うアクロバット飛行のテクニック大公開(幕張、レッドブル・エアレース会場、最終回)

6月3日に取材したレッドブル・エアレースの日記も今回で最終回です。
その中でも私が感動したアクロバット飛行の華麗なテクニックをご紹介しましょう。

颯爽と、そして白煙をモクモクと上げて登場です。

b0291402_07240967.jpg



上昇開始。

b0291402_07242014.jpg



直角に急上昇。

b0291402_07243516.jpg



ブルッと機体を振って、白煙の大サービス。

b0291402_07244410.jpg


忍法、雲隠れの術。

b0291402_07443308.jpg




今度はキリモミ落下。ここはアクロバット飛行の見せ場です。

b0291402_07245814.jpg



急降下しながら体勢を戻します。

b0291402_07251026.jpg



今度は背面飛行。

b0291402_07251929.jpg



再び体勢を立て直したところで・・・・

b0291402_07253100.jpg



コックピットをアップで激写。

b0291402_07254293.jpg


外人のイケメン・パイロットさんでした。さすがです、やりますねえ。
4回にわたってお届けしたレッドブル・エアレースですが、今回が最終回。過去日記はカテゴリーの「飛行機」でご覧になれます。
また来年も取材して、お届けしたいと思います。



by tabi-to-ryokou | 2017-06-24 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(20)

ひと回り大きく、逞しく、そして相変わらず可愛いかったチーター3兄弟(日野市、多摩動物園)

6月17日の土曜日に再びチーター3兄弟を訪ねました。
1回目が4月22日、2回目が5月17日、3回目の土曜日はちょうど1ヵ月ぶりの訪問でした。

リーダー格のアイガー君。
前回よりひと回り大きくなってました。

b0291402_08363833.jpg


そしてちびっ子でも精悍な身のこなし。

b0291402_08364854.jpg


孤高のちびっ子、ジョラス君。
もう孤独では無く、3匹の中で活発に行動してました。

b0291402_08373457.jpg


でも顔を見るとまだあどけなさが残ります。

b0291402_08431978.jpg


お転婆、クラリスちゃん。
ママのシュパーブに甘えに行きます。

b0291402_08380384.jpg


相変わらず「困ったな~」って、顔に見えます。

b0291402_08381709.jpg


活発に走り回る兄弟たち。

b0291402_08382790.jpg


この日は土曜日だったので、お客さんが多くて、最初は2分間で総入れ替え。でも3回並んだあたりから、来る客が減ってきて交代制は無くなりました。
困ったのは天気が良すぎて、ガラスに周囲の観客が背後霊のように映り込むこと(笑)、画像がボヤッとしてるのは、シャツが映り込んでるせいですが、こればかりは防げません。
あと3兄弟があまりにもよく似てるので、名前に間違いがあるかもしれませんが、その場合はご容赦を!!
アイガー君、ジョラス君、クラリスちゃんは次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2017-06-19 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(24)

伝説の名機、ダグラス「DC-3」が、千葉の空を舞いました(幕張、レッドブル・エアレース会場)

ダグラスDC-3は、1940年の初フライトから77年も経つ往年の名航空機。私の生まれる前から世界を飛んでたという伝説の名機です。
勿論、待ち構えてましたが、この飛行機が北の方向から、幕張浜に現れた時には身震いしました。

b0291402_22014682.jpg


ブライトリング(スイスの時計メーカー)のワールドツアーとして、スイスを飛び立ったのが3月9日。中東、インド、東南アジアを経て来日しました。

b0291402_22015968.jpg


昨年震災に見舞われた熊本を皮切りに岩国、神戸、福島にやってきましたが、このツアーの目的は復興が進められている地域の子供たちに夢や希望を持ってもらうこと。

b0291402_22020854.jpg


福島では地元メディアにも頻繁に取り上げられ、その雄姿をひと目見ようと、飛行機ファンが朝早くから大勢押し寄せたとか。

b0291402_22021919.jpg


さらに、「DC-3の搭乗体験」という幸運のチケットを手にした地元の小中学生たちは、実際に搭乗して福島の空を飛び、自分たちの街を眼下に見下したそうです。
なんとも羨ましい(笑)

b0291402_22022998.jpg


上空のDC-3は、2基のプロペラが規則正しいリズムを刻み、白い機体に青いストライプは優雅で、美しかったです。

b0291402_22024322.jpg


DC-3は、合計で1万6千機も製造されたベストセラー機で、1940年代から1960年代にかけては世界中の空を飛んでいました。

b0291402_22025475.jpg


私が初めて乗った国際線は、DC-8で、羽田 → アンカレッジ → パリのオルリー空港。
成田空港も、シャルル・ドゴール空港も無かった時代でしたが、DC-8は、このDC-3の後継機にあたります。
DC-8でさえ、今や幻の飛行機なのに、幕張浜で遠い昔の、見たことも無かったDC-3を間近に見ることができ、感動しマクリ、マクハリ浜でした(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-06-16 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(18)

室谷選手や、他の出場選手たちの練習フライト(幕張、レッドブル・エアレース会場)

京葉工業地帯をバックに颯爽と登場したのは、フランスの貴公子、ミカエル・ブラジョー選手。
現役最年少で、マスタークラスパイロットに昇格した若手のホープです。

b0291402_08350948.jpg



搭乗する飛行機はちょっと汚く見えますが、機体の色は錆を表現したエイジングペイントです。

b0291402_08351979.jpg



オーストラリアのマット・ホール選手が操縦する飛行機は、鮮やかな「COLA」のマーク。

b0291402_08353757.jpg



彼は元オーストラリア空軍所属で、最優秀戦闘機パイロットに選ばれたこともあるそうです。

b0291402_08354654.jpg



フランスのフランソワ・ルボット選手が登場です。

b0291402_08360628.jpg



元フランス空軍の戦闘機パイロットにして、トップガンの育成教官の肩書きを持ちます。
フランス空軍エアロバティックチームに11年間所属したというから筋金入りのパイロットです。

b0291402_08361640.jpg



クリスチャン・ボルトン選手はチリのパイロット。

b0291402_08364285.jpg



元チリ空軍の少佐という肩書きを持ちながら、エアロバティックチームのリーダーも務めます。

b0291402_08404384.jpg



チェコのペトル・コプシュタイン選手は、ナショナル・エアロバティックチームにも所属しています。

b0291402_08410588.jpg



この機体の模様が素敵です。

b0291402_08365601.jpg



SPIELBERGと書いてありますが、オーストリアのF1開催地の地名。映画監督にもいますね。

b0291402_08411560.jpg



さて、いよいよ室屋選手の登場です。

b0291402_08424857.jpg



2016年シーズンは、この千葉大会で日本人初優勝を果たし、2017年シーズンの第2戦、サンディエゴ大会でも優勝しました。

b0291402_08430296.jpg



室屋選手のスピードと、ターンの美しさは、エアレース観戦が2回目の私でも分かります。

b0291402_08431379.jpg



そしてこの2017年シーズン第3戦の千葉大会でも優勝し、母国2連覇を達成しました。

b0291402_08432331.jpg


室屋選手、おめでとうございます。
この日記では他の選手も紹介しましたが、空軍出身のパイロットが居並ぶ中で優勝してしまう室屋選手は凄いと思います。



by tabi-to-ryokou | 2017-06-10 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(20)

千葉の大空に舞うアクロバット飛行(幕張、レッドブル・エアレース会場)

「レッドブル・エアレース千葉」は、6月4日に決勝が行なわれ、室屋義秀選手が優勝しました。
室谷選手は昨年の千葉大会に続いての2連覇、おめでとうございます!!
レースの状況は見なかったのですが、土曜日に行われたアクロバット飛行を観てきました。

到着したのは14時30分頃。レースに出場する選手が次々とテスト飛行をしていました。

b0291402_10404066.jpg


翼には「RedBull」の文字が。

b0291402_10405134.jpg


パイロン(エアゲート)を華麗にすり抜け・・・・・

b0291402_10405941.jpg


煙を残しながら一瞬で飛び去ります。

b0291402_10410941.jpg


パイロットの顔が見えました。予選と決勝、頑張って下さい。

b0291402_10411806.jpg


そして15時30分、アクロバット飛行を演ずる軽飛行機がやってきました。
急上昇!!飛行機を背中から見ると、翼には「CHALLENGER」の文字。

b0291402_10412829.jpg


アクロバット飛行ですが、プログラムには「エアロバティック飛行」と書いてありました。
そして急旋回。

b0291402_10413880.jpg


今度は急上昇。迫力はブルーインパルスのが凄いけど、こういう展開の素早さは、さすが軽飛行機!!

b0291402_10431125.jpg



と思ったら突然、背面飛行。

b0291402_10415032.jpg


パイロットさん、恰好いいです。観客は唖然・茫然と拍手を贈りました。

b0291402_10415935.jpg


会場の幕張海浜公園です。

b0291402_10491730.jpg


幕張の空に弧を描き、美しく舞うエアロバティック飛行は次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2017-06-05 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(20)