タグ:CanonEF100-400mm ( 99 ) タグの人気記事

カワセミ・ママのダイブの瞬間(葛飾区、水元公園)(その3)

本日は文末にお知らせがあります。

日記は、9月16日の水元公園、かわせみの里の続きです。
9月24日は、いい写真が撮れなかったのですが、9月16日の写真の中に、カワセミが池に突っ込む写真が撮れてました。

ちょっとマヌケな恰好ですが、ここを縄張りとするカワセミ・ママです。

b0291402_15283350.jpg



バッシャ~~~ンと飛び込んで、これは水面に飛び出す直前でしょうか。

b0291402_15284560.jpg



残念ながら次の写真はピントが甘いです。でも獲物はしっかりと咥えています。

b0291402_15304076.jpg



止まり木で、やれやれ。

b0291402_15305141.jpg



海老じゃなくて、小魚ですね。食べやすいように咥え直します。

b0291402_15310253.jpg



そしてゴックン!!、ご馳走さまでした。

b0291402_15311586.jpg


カワセミ・ママさん、狩りが抜群に上手です。
常連さんの噂話によると、巣の中で抱卵してた卵はかえらなかったみたいで、最近はカップルだった若いオスを追い出して、この縄張りで今は独身を謳歌してるとか。
カワセミの世界も「女心と、秋の空」、ですね(笑)


*** お知らせ ***
9月29日から、しばらく旅にでます。
日本 → パリCDG(経由) → スペイン、バスク地方のビルバオ(4泊) → パリCDG(経由) → エチオピア、アヂスアベバ(経由)
→ ケニア、ナイロビ(経由) → マサイマラでサファリ(5泊) → ケニア、ナイロビ(経由) → エチオピア、アヂスアベバ(経由)
→ パリ(CDG) → フランスで1日だけ観光 → パリ(CDG) → 日本
日本への帰国は10月11日の夕方ですが、過去の旅行と同様、日記は毎日投稿する予定です。
旅行期間中は、ブロ友さんの日記への訪問、コメント、イイネは時間的に無理なので、しばらくご無沙汰させていただきますが、
毎日、日記がアップされてれば、元気に旅を続けてるとご理解下さい。
バスク地方は初めての訪問で、ケニアのマサイマラは4回目の訪問。いい写真を撮って、皆様にお届けできればいいなと思ってます。
9月27日 旅プラス


私とカメラ-お気に入りのカメラで撮ったベストショット!


by tabi-to-ryokou | 2017-09-27 16:00 | | Trackback | Comments(52)

深まる秋に、ハギのトンネル (墨田区、向島百花園)

9月24日、日曜日、東京は秋晴れで、気温は18度~26度。
朝一番で、水元公園の、かわせみの里へ出かけました。

1時間程に2回も飛んできてくれましたが、狩りは1回だけ、しかも失敗。自分も同時に撮影失敗(笑)
日曜日は「かわせみフェスティバル」が、開催され、数々の催し物や、花の市、パンの販売もあり大勢の人が集まって、賑やかだったのです。
なので、カワセミ君も、やりにくかったのかもしれません。いたという証拠写真程度の1枚。

b0291402_05491217.jpg



カワセミを諦め、向島百花園に向かいました。
向島百花園の名物、ハギのトンネルです。

b0291402_05493427.jpg



竹で編んだトンネルに、ハギを沿わせ仕立てあげてます。

b0291402_05494588.jpg



ハギの花は可愛らしく咲いてました。

b0291402_05495790.jpg



トンネルの長さは30mほど。見頃には、4・5日早いかなという印象でしたが、日曜日なので観賞客も多かったです。

b0291402_05501110.jpg



六義園、小石川後楽園が大名庭園とすると、ここ向島百花園は江戸の町人文化がつくりあげた庭園。
200年前からここにあるわけですが、「ハギのトンネル」は、いつ頃からあったんでしょうね。

b0291402_05502610.jpg



向島は江戸文化発祥の地ともいわれますが、在りし日を偲ばせる、風流なトンネルでした。
なお向島百花園では、9月16日~10月1日まで、萩まつりを開催中です。


私とカメラ-お気に入りのカメラで撮ったベストショット!


by tabi-to-ryokou | 2017-09-26 16:00 | | Trackback | Comments(16)

ネコ好きにはたまりません。颯爽とジャンプするジョラス(日野市、多摩動物園)

9月18日の敬老の日に撮影したチーター3兄弟の続きです。

小さな川の前で、まずジョラスがいきます。

b0291402_08165444.jpg



後方で心配そうに見つめるのはアイガー。

b0291402_08172322.jpg



ジョラス、川と直角に最短距離をジャンプ。

b0291402_08173910.jpg



それを見てた、アイガー。反動もつけずに斜めの長い距離をジャンプ。
このジャンプ大会、アイガーの勝ち。

b0291402_08174993.jpg



再びジョラスが登場。

b0291402_08175923.jpg



垂直だ!!。頭から落ちそうに見えるけど大丈夫か。

b0291402_08181246.jpg



落ちてる!!

b0291402_08182321.jpg



ここで飛んだ!!

b0291402_08183728.jpg



ジャアァ~~ンプ!!

b0291402_08184999.jpg



涼しい顔で、着地成功。

b0291402_08190187.jpg


高さ2mはある巨木なんですが、さすがチーターッ子。
今日はジョラスの格好いいシーンをお届けしました。


私とカメラ-お気に入りのカメラで撮ったベストショット!


by tabi-to-ryokou | 2017-09-25 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(16)

ネコ好きにはたまりません。3兄弟と、シュパーブ・ママさんの華麗なラン(日野市、多摩動物園)

編集に時間がかかり、ちょっと遅れましたが、9月18日、敬老の日の日記です。この日の東京は台風一過で、最高気温は33度でした。

やってきたのは多摩動物園。開園の9時半に入場して、チーター舎に急ぎます。
3兄弟が、お団子状態で遊んでました。

b0291402_08473876.jpg



そして楽しそうに行進中。

b0291402_08480872.jpg



やっと整列して、ご挨拶してくれました。左からクラリス、アイガー、ジョラスの順です。
何故分かるかというと、左から「困った」、「余裕」、「ちょっと困った」という顔だから(笑)

b0291402_08483859.jpg



それでは、おさらいをしてみましょう。
この写真は手前がクラリス、クラリスの後ろがジョラス、右がアイガーです。

b0291402_08492165.jpg



はたしてこれは??
これでお分かりですね。正解は上がアイガー、真ん中がジョラス、下がクラリスです。

b0291402_08495274.jpg



この日は33度の気温で、子供たちも日陰でウロウロしてあまり走ってくれません。
たまにシュパーブ・ママさんが走って、子供たちに走れとけしかけます。

b0291402_08502966.jpg




つられてアイガーが一緒に走ります。

b0291402_08505869.jpg



でもすぐ疲れて、「もう止そうよ」と、お邪魔虫のアイガー。

b0291402_08512857.jpg



今度は4頭で、全力疾走。

b0291402_08521189.jpg



さすがに疲れたのか、シュパーブ・ママさんの周りをグルグルと廻る3兄弟。

b0291402_08524082.jpg



最後にシュパーブ・ママさんの華麗なランニングフォームです。

b0291402_08575371.jpg



この日は暑いので、撮影は90分で撤収しました。でも撮った写真は645枚。
似たような写真が多いのですが、次回はその中から子供たちのジャンプをお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2017-09-22 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(16)

カワセミのママが水中でエビを咥えて飛び出す瞬間(葛飾区、水元公園)(その2)

9月16日の水元公園、かわせみの里の続きです。

私がカワセミを撮り始めたのは、2014年の11月から。初回は紅葉と合わせて撮った神奈川県の薬師寺公園でした。あれから苦節3年(笑)
水中で獲物を捕まえたカワセミが、池から飛び出してくる瞬間が初めて撮れました。
嘴の先に、獲物を咥えています。

b0291402_08305112.jpg



自分で言うのもなんですが、ピントがやっと合いました。

b0291402_08310331.jpg



止まり木に向かって加速します。

b0291402_08311510.jpg



この瞬間の足の形が可愛い。

b0291402_08312715.jpg



止まり木でも、まだエビが暴れているみたいで、水しぶきが散ります。

b0291402_08313755.jpg



私の方を見て、ドヤ顔です。良かったね、カワセミ君!!

b0291402_08314864.jpg



このあと、向きをかえて、ゴックンと飲み込みました。

b0291402_08320336.jpg



この瞬間で、手応えはありましたが、自宅で現像してみたら、この3年間では一番よく撮れた1枚でした。
冒頭にも書きましたが「苦節3年」、まぐれみたいなもんですが、やっと撮れました。
カワセミ君、ありがとう。


私とカメラ-お気に入りのカメラで撮ったベストショット!


by tabi-to-ryokou | 2017-09-21 16:00 | | Trackback | Comments(24)

ネコ好きにはたまりません。お転婆クラリス、アイガーをぶっ飛ばす(日野市、多摩動物園)

9月3日に撮影したチーター3兄弟の続きです。
今回はお転婆クラリスが、華麗に走ります。

行進中の3兄弟。ジョラス、アイガー、クラリスの順です。

b0291402_05454161.jpg



走る速さでは3兄弟で一番のクラリスが、ママ・シュパーブと激走。

b0291402_05455431.jpg



こちらは左アイガーの前を、飛ぶように走る、右クラリス。

b0291402_05461011.jpg



ここからは、クラリスの連写です。

b0291402_05462252.jpg

b0291402_05463633.jpg

b0291402_05470277.jpg



前を走るアイガーに追いつきました。後方で見つめてるのは、ぼっちのジョラス。

b0291402_05471439.jpg



なんとアイガーに跳びつき押し倒します。

b0291402_05473017.jpg



アイガー、敢え無く腰砕け。クラリス、どうだと噛みつきます。勿論、甘噛みですよ。


b0291402_05480199.jpg



いやはや恐れ入りました。前回はジョラスにどつかれ、今回はクラリスにぶっ飛ばされたアイガー。
彼の名誉のために、高いところでのドヤ顔を1枚。なんで、オレばかりやられるんだろうという嘆き節が聞こえます(笑)

b0291402_05512711.jpg



帰る時には、家族4人で見送ってくれました。

b0291402_05513838.jpg


また来るからね~~!!
9月3日の撮影分はこれで終わりますが、写真の在庫が無くなったので、本日(9月18日)また多摩動物園に撮りに行ってきました。
9時45分から11時15分までの90分で、撮影枚数は644枚の18GB。まだチェックはしてませんが、いい写真が撮れてますように。


動物とわたし


by tabi-to-ryokou | 2017-09-18 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(10)

まだ若いカワセミ・パパの、華麗な狩り(葛飾区、水元公園)(その1)

9月16日、土曜日、台風18号が接近中。東京はどんよりした曇り空で、気温は20度から23度でした。

いつ雨が降ってもおかしくない曇り空だったので、近くの水元公園に出かけました。
「かわせみの里」では、ここを縄張りとするメスと、若いオスがカップルになり抱卵・巣ごもり中。
池にはあまり出てこないという噂もありましたが、駄目モトで出かけました。

到着して65分。今日はもう現れないかと不安になる頃、若いオスが飛んできてくれました。

b0291402_07463713.jpg



さっそく、飛びます。

b0291402_07464910.jpg



写真を撮る都合上、できれば横に飛んでほしいのに、奥の岩に飛んでいきました。

b0291402_07470108.jpg



見事に着地。まあ、彼らにしたら当たり前のことですけどね(笑)

b0291402_07471229.jpg



餌となる、小魚とエビを探しています。中川から取水した水を浄化して、このミニ池から水元遊水池に浄化水を流すので、ここには小魚とエビが多いのです。
お~、行くかな!!、行け~~~

b0291402_07472223.jpg



なんだ、フェイントでした。

b0291402_07473337.jpg




そして次の瞬間、狭いミニ池にダイブ。ダイブする瞬間は、ボケボケにぶれてましたが、「飛び出し」が撮れてました。
この写真では目立たないのですが、嘴の一番先っぽに、捕らえた透明な獲物を咥えてます。

b0291402_07474323.jpg




獲物はエビでした。雛がいると持ち帰るのですが、ここでゴックンと食べてしまったので、巣の中はまだ卵で、オスとメスが交代で抱卵中のようです。

b0291402_07475549.jpg



常連さんの話では、このオスは素早くて、狩りは上手いけど、今年生まれた幼鳥だそうです。
ここを縄張りとするベテランのメスに気に入られて、旦那様の座におさまったとか(笑)

カワセミは、オスが小魚を咥えてきて、メスにプレゼントし、メスがが受けとると、求愛成立でカップルになります。
ところが昨年のカミサンが、今年もカミサンになってくれるかというと、毎年オーディションが行われ、落選もあり、逆に略奪愛も、下剋上もあるそうです(笑)
オスは、毎年メスに気にいってもらわないと「ぼっちカワセミ」になってしまうので、オチオチしてられません。
カワセミの世界も、人間の世界も、オスは厳しいです(笑)



動物とわたし




by tabi-to-ryokou | 2017-09-17 16:00 | | Trackback | Comments(10)

ネコ好きにはたまりません。ぼっち・ジョラスの逆襲(日野市、多摩動物園)

9月3日に撮影したチーター3兄弟の続きです。
今回は1人ぼっちの、ジョラスが逆襲します。

ズカズカ!!、ズカズカ!!
左端のジョラス、右i端のシュパーブ・ママが、まったりとくつろいでると、乱入してきたのは先頭がアイガー、後ろがクラリス。

b0291402_08060229.jpg



避けて歩けばいいのに、ジョラスを踏んづけて通り過ぎるのは、お転婆クラリス。

b0291402_08061670.jpg



イテテテ~の、ジョラスは泣き寝入り(笑)

b0291402_08062769.jpg



ジョラスだって、やられてばかりじゃありません。
左から飛び降りてきたのがジョラス、「おい、なんだよ」と見つめるアイガー。

b0291402_08072305.jpg



ジョラスが、アイガーを追いかけます。
たまには行け!、ジョラス!!

b0291402_08073556.jpg



追いついたジョラス。

b0291402_08074747.jpg



ジャンピング・アタッ~~ク!!
やればできるじゃないか、ジョラス。

b0291402_08080531.jpg




かわして逃げるアイガー、そうはさせじとジョラス。

b0291402_08081813.jpg



ここにお転婆クラリスも参戦。何故かまた、ぼっちに戻るジョラスでした(笑)

b0291402_08083139.jpg



走りおわって、仲良く休憩中の3兄弟。でもちょっとバテ気味の表情。

b0291402_08084875.jpg


こうやって狩りの時の攻撃方法を、遊びながら覚えていくんでしょうね。
次回は9月3日の撮影分の最終回。クラリスが華麗に走ります。


動物とわたし


by tabi-to-ryokou | 2017-09-12 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(18)

ネコ好きにはたまりません、チーター3兄弟の疾走シーン(日野市、多摩動物園)

9月3日、日曜日、東京は晴れで16度~27度

毎度お馴染み「ネコ好きにはたまりません」のチーター3兄弟シリーズです。
過去の訪問は、4月22日、5月17日、6月17日、7月30日、8月11日。今回で6回目になります。

開園の9時半に入園して、山道を登り、チーターの大放飼場への到着は9時45分。いました、いました、待っててくれました。家族でまったりとくつろいでます。
チーターの赤ちゃんの特徴である、背中の白いタテガミは殆ど抜け落ちました。

b0291402_13274718.jpg


均衡を破ったのは、この子だ。前を走るのがお転婆クラリス、後ろがお兄ちゃん格のアイガー。
アイガーが追いかけても、追いつきません。クラリスのが断然速いから。

b0291402_13283741.jpg



アイガーのランニングフォーム。

b0291402_13284896.jpg



クラリスのランニングフォーム。

b0291402_13285872.jpg



でもクラリスが疲れて立ち止まると、アイガーに摑まってしまいました。迷惑そうなクラリス。

b0291402_13291381.jpg



再び追いかけっこ。今度はクラリスがアイガーを追いかけます。

b0291402_13292732.jpg



簡単に追いついて後ろからアタック。

b0291402_13294089.jpg



いい加減にしなさいよと、見守るママのシュパーブ。ところでジョラスはどこにいるんでしょう。

b0291402_13301323.jpg



ジョラスがいました。前方の左がクラリス、右がアイガー。後方の「ぼっち」がジョラスです(笑)

b0291402_13302642.jpg



今度は、ジョラスも中に入って、家族4人(4頭)でランニング。
シュパーブが走ると、全員が走ります。

b0291402_13303935.jpg


前回の訪問から3週間。アイガー、ジョラス、クラリスは、ますます逞しくなりました。
まだ生まれて7ヵ月ですが、性格はそれぞれはっきりしてます。
リーダータイプでお兄ちゃん格のアイガー、いつも1人ぼっちで孤高のジョラス、走らせたら誰もかなわないお転婆ジョラス。
3兄弟のこの先の成長が楽しみです。


動物とわたし


by tabi-to-ryokou | 2017-09-04 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(18)

お蔭さまでエキブロ4周年。そして、ちょっとピントが合い出したような気がするカワセミ撮影(葛飾区、水元公園)

エキサイトブログで日記を書き始めて、今日で5年目となりました。
4年間も毎日、日記を書いてこれたのは、この日記を見て下さる読者の皆さまのおかげです。
ブロ友さんからの暖かいコメントや、「イイネ」や、存じ上げない読者の皆様からのアクセス数に、どれだけ励まされたことか筆舌に尽くせません。
取材に出かけること、ジャンルがバラバラなこと、滑るギャグと下手なアフレコが多いこと、それから毎日書くことが、この日記の特徴です。
よく毎日続いてるなあと、自分でもあきれてますが、おそらく来年も、再来年も続けてるような気がします。
これからも「旅プラスの日記」を、よろしくお願いいたします。                    2017年8月24日 旅プラス 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

8月23日、水曜日、東京は晴れ、日中は34度まで気温が上がりました。

最近の休みは水曜・土曜・日曜・祝日。週休3日で、取材日も週に3日。
水曜の朝9時に水元公園の「かわせみの里」を訪ねました。常連さんは既に10人くらい。
到着してしばらくすると、若いオスがやってきました
写真をよく見ると嘴の下に赤みがあるので、もしかしたら、この池を縄張りとするメスかもしれません。

b0291402_08013471.jpg



本日のカメラの設定は、ダイブの飛び込みから、飛び上がるまでの、高速連続撮影。勿論、カメラを振って、飛んでる場面も撮るつもりです。
オートフォーカスが、どこまでカワセミを追跡してくれるかの試行錯誤を続けています。

b0291402_08014743.jpg



ダイブは水しぶきばかりでしたが、魚を咥えて飛び立ったところからピントが合いました。

b0291402_08020118.jpg



先ほどの水しぶきが残ってますが、カワセミは魚を咥え、遠くの木に運びます。

b0291402_08021410.jpg



このあと瞬間、枝に止まりましたが、魚を咥え直し、どこかに飛んでいってしまいました。

b0291402_08022610.jpg


到着してから、帰るまで2時間、粘りましたが、カワセミが来たのはこの1回だけ。暑くなると木陰で休んでしまうみたいで、なかなか現れません。

ここの常連さんの装備ですが、殆どの方が、500mm以上の明るいレンズ + 照準器 + 三脚。
私の場合はレンズは100-400mm、照準器は持ってないのでファインダーから覗き、三脚は持ってますが、かさばるので持って行かず手持ちの撮影。
まだ常連さんの域には程遠いのですが、試行錯誤の結果、ピントが徐々に合ってきてるので、この「お手軽スタイル」で当分は頑張ってみます。



2017年夏!お気に入りの夏ショット&私の花火写真



by tabi-to-ryokou | 2017-08-24 16:00 | | Trackback | Comments(72)