タグ:CanonEF100-400mm ( 70 ) タグの人気記事

ライオン赤ちゃん、チーター、ライオン親子、そして豹(旅記録その9、2月17日のサファリ)

2月17日はタンザニア国境までのロングドライブに出かけました。

よく出会うライオンですが、ゲートからそう遠くないところにいるママ2頭、赤ちゃん7匹のファミリー。
あと1匹の赤ちゃんは左の方にいたので、残念ながら全員集合は6匹でした。

b0291402_00343856.jpg


タンザニアとの国境付近で見つけたチーター兄弟のうちの1頭。
昼寝から覚め、歩き始めたので追いかけましたが、ちょっと移動しただけでまた昼寝。
我々はこの近くで朝食をとって、再びチーターが起きて狩りを始めることを期待しましたが、ずっと昼寝でした。お腹はすいてなかったようです。

b0291402_00350000.jpg


豹がいる森に向かう途中で出会ったライオン親子です。
メス2頭に囲まれたこの子は1枚目の写真の子たちと同じくらいの大きさなので3・4ヶ月。

b0291402_00351851.jpg


最後の1枚は豹ですが、大木の上に登っています。高さは5・6mでしょうか。

b0291402_00353610.jpg


朝6時から12時までのドライブでしたが、これだけの猛獣が見れて、まだケニアでのツキが続いてます。
なお、撮った写真は558枚でした。

「ほっ」と。フォトコンテスト


by tabi-to-ryokou | 2017-02-18 00:43 | 動物 | Trackback | Comments(18)

僕とお兄ちゃんは豹の子供たち。渓谷の森の中が僕たちの住まいです(旅記録その7、2月15日のサファリ)

2月15日は、ホテルから公園ゲートまで40分のマサイマラ東地区に出かけました。
朝6時出発で、戻りは12時のロングドライブ。狙いは豹です。

昨年9月も、この川のブッシュの奥深くにいた豹の親子を見つけました。
同じブッシュの周辺を15分程グルグル回ったところで、豹の子供たちを見つけました。

僕、生まれて7ヵ月。いつもこの森の中で遊んでいます。

b0291402_03114335.jpg


あ、お兄ちゃんが遊びに来た。僕にママがいて、お兄ちゃんにもママがいて、この渓谷の森の中で暮らしてるのは、僕たち4頭です。

b0291402_03120470.jpg


やってきたと思ったら、お兄ちゃん、あっちに行っちゃいました。
お兄ちゃんは1歳2ヵ月。大きくて恰好いいです。足の裏も恰好いい(笑)

b0291402_03123860.jpg


僕たち二人は、こうやって時々一緒に遊びます。ヒョウ柄と、ヒョウ柄だから華やかでしょう。

b0291402_03130235.jpg


あ、またお兄ちゃんがあっちに行ってしまいました。ハイエナが近くをウロウロしてるので、僕も安全な谷底に逃げます。

b0291402_03132474.jpg


ホテルのスタッフや、公園のレンジャーさんの話を総合すると、ここには2頭のメス豹がいて、それぞれに子供が1頭ずつ。
子供の年齢は1歳2ヵ月と7ヵ月という推定でした。
お兄ちゃんの方は、私が昨年9月に目撃し、写真を撮った、当時の赤ちゃん豹です。もうすっかり大きくなってました。

滞在3日目で、ビッグ5(象、ライオン、豹、サイ、バッファロー)+(チーター)を達成です。
同じ渓谷に数多く訪れていたサファリカーの中で、豹の子供たちを観察できたのは我々だけ。本当にラッキーな1日でした。


by tabi-to-ryokou | 2017-02-16 03:19 | 動物 | Trackback | Comments(26)

サイの花子とのサイ会。生後1ヵ月の子象と、生後5ヵ月の子キリン(旅記録その6、2月14日のサファリ)

2月14日は、午前が6時から8時半、午後が15時から18時半と、2回サファリに出かけました。

5ヵ月ぶりに再会したのはクロサイの花子です。既に5頭の子供を産んで育てた肝っ玉母さん。
ドライバーのヘンリーが、「お腹が出てきたので、もしかしたら6回目のご懐妊」と言ってました。

b0291402_04064363.jpg


キリンの赤ちゃんを見つけました。生まれて5ヵ月目くらいだそうです。

b0291402_04061675.jpg


お次は象の赤ちゃん。この大きさは生まれて1ヵ月だそうです。
グループで移動中ですが、遅れないように母親が赤ちゃんを鼻で押してました。

b0291402_04053882.jpg


午後から豹がいそうな遠方に行く予定でしたが、途中でドライバー仲間から「チーターがいる」という無線連絡が入ったので、
豹をあっさり諦め、チーターがいるという現場に向かいました。
かろうじて見えたのは頭だけ、しかもはるか遠方で、しばらくしたら寝てしまったので、撮れた写真はこれだけでした。

b0291402_04052093.jpg


2日目のここまでで、ライオン、象、バッファロー、クロサイ、チーターを運よく見つけたので、ビッグ6のうち五つを達成しました。
明日も豹狙いで、昨年9月に豹を見つけた、マサイマラの東地区に行ってきます。



by tabi-to-ryokou | 2017-02-15 04:15 | 動物 | Trackback | Comments(28)

本日のサファリはライオンデー(旅記録その5、2月13日午後のサファリ)

ケニアのマサイマラにようやく到着して、その13日午後3時からのサファリです。

タイトルを付けるなら、「似たもの夫婦」、「夫唱婦随」
まあ、なんとも仲が良いカップルでした。

b0291402_05104289.jpg


赤ちゃんライオンです。
大きく見えますが、私の推定では、生後3ヵ月から4ヵ月。

b0291402_05105858.jpg


兄弟全部合わせると7匹もいましたが、産んだママは2匹で、共同生活をしてました。

b0291402_05111679.jpg


ネコ科の動物の赤ちゃんは、やはり可愛いです。
初日は、ライオンばかりでしたが、3時間半のサファリでこれだけ、ライオンを見れれば上出来です。



by tabi-to-ryokou | 2017-02-14 05:14 | 動物 | Trackback | Comments(28)

白鳥の最終回は、3種類の白鳥の紹介と、出山さんが餌を蒔く場面(千葉県印西市の白鳥の郷)

白鳥の郷も今回で3回目、いよいよ最終回です。

まずは、餌場から戻ってくる飛翔場面から。

b0291402_22411134.jpg


「白鳥の郷」には3種類の白鳥が飛来しますが、最初は、「羽バ~ン」をしてるオオハクチョウ。
縄張り争いか、羽根につく虫をとるために「羽バ~ン」をするそうです。でも、この池は田んぼに水を張ってるので、白鳥の羽にも泥がついてしまいます。

b0291402_22412503.jpg


狭い場所で着水を狙ってるのは、コハクチョウ。
オオハクチョウと、どこが違うと聞かれると難しいのですが、大きさが違います。
そして、嘴の黄色の部分が尖っていて少し広いのがオオハクチョウ、黄色の部分が狭くて尖ってないのがコハクチョウです。

b0291402_22413458.jpg


こちらはアメリカコハクチョウ。嘴は全部が黒です。

b0291402_22450126.jpg


この日は、白鳥ではないのですが白鴈が1羽いました。カモ目、カモ科、マガン属です。
遠くの方で鮮明では無いのですが、ど真ん中にいて、羽根の先が黒いのが白鴈です。

b0291402_22414749.jpg


さて1992年から25年にわたり、白鳥に餌を与え続けている出山さんの登場です。

b0291402_22422367.jpg


毎朝8時と、午後の16時に白鳥に餌を与えるのですが、1日に米俵3俵なので重労働です。
1年の運営費の200万円は国や県の補助を受けずに、白鳥の郷に賛同する支援者の寄付や、近所の農家が古くなった米を寄付してくれることで成り立ってます。

b0291402_22424089.jpg


さらに大変なのは、白鳥が安心するように、ピンチヒッターはたてずに、毎日必ず出山さんが、同じ服装で、同じ時間に餌を蒔くことです。

b0291402_22424837.jpg


出山さん、本当にご苦労様です、頭が下がります。
昨年はちょっとだけ話す機会がありましたが、、今回は忙しそうだったので話もせずにおいとましました。

b0291402_22481580.jpg


地元の小学生の観察日記によれば、今日現在も1000羽を超える白鳥が、この池に滞在してます。
そして、2月中旬から、徐々にシベリアに帰って行きます。

b0291402_22494542.jpg


今シーズンはもう会いに行けませんが、また来シーズンも大勢で来てくれますように!!!



by tabi-to-ryokou | 2017-02-07 16:00 | | Trackback | Comments(22)

カワセミと メタセコイアに シジュウガラ(葛飾区水元公園)

水元公園は東京都葛飾区と埼玉県三郷市の間にある、都内最大の水郷公園。
駐車場から「かわせみの里」までは小合溜(こあいだめ)を見ながら10分程歩きます。
ゴッホが絵を描きたくなうような糸杉の道。

b0291402_07552750.jpg


カワセミの観察場所は2ヵ所ありますが、不動池が結氷してる日は、結氷しない「かわせみの里」に、カワセミも、カメラマンも集まってきます。
写真の左側の建物が「水辺のふれあいルーム」。専門スタッフが、今日は何時にカワセミがやってきたかを、ボードに記入してくれてます。
ボードは9時と9時半とで既に2回。時間は10時だったので、そろそろ来るかもしれません。
三方向から写真を撮れますが、一番カメラマンが多いのは、右側の橋の上です。

b0291402_07553660.jpg


橋の上で待ってると池の側ではなく、小合溜の側にカワセミが現れました。
三脚を持ってこない私は簡単に移動して、写真を撮ることができます。

b0291402_07564746.jpg


カワセミの首は、ほぼ180度廻るという証拠写真が撮れました(笑)

b0291402_07565758.jpg


飛び出す場面を狙いましたが、シャッターを押した瞬間にはフレームを飛び出してました。
この日は時間も無かったので、カワセミはここで諦め、メタセコイアの森に移動します。

b0291402_07555053.jpg


いつも撮る場所ですが、適当な散歩客が、なかなか現れず、無人の森。
メタセコイアは、すっかり葉っぱが落ちて寒々としてました。

b0291402_07560046.jpg


今日の主な目的は、ヨシ原で、クイナ(ツルの仲間)を見つけること。
メタセコイアの森を横切って、ヨシ原に向かいました。

b0291402_07561775.jpg


キョロキョロとヨシ原を覗きこみながら歩きましたが、残念ながらクイナは発見できず、仕方なく撮ったシジュウガラです。

b0291402_07570864.jpg


最後の景色は、湖かと思うくらい大きな小合溜。はるか遠くにカモが泳ぎます。

b0291402_07562932.jpg


「クイナ」が見つからなくとも、悔イナし!!(笑)
また次回、暖かい日に探してみます。



by tabi-to-ryokou | 2017-02-04 16:00 | | Trackback | Comments(36)

白雪、白煙、ハクセキレイ(羽田空港)

ある日の羽田空港、第1ターミナルです。

ここに来ると必ず撮るのが富士山。白雪が綺麗です。

b0291402_07310617.jpg


北風の日は、東京湾の方向から機体を輝かせた着陸機が、続々とやってきます。
特に午前中は過密状態で2機が同時に見えることもあります。

b0291402_07311688.jpg



ド~~ン!!、綺麗に白煙を上げてくれました。ANAのボーイング787型機です。

b0291402_07312455.jpg


次にやってきたのは、JALのボーイング737型機。

b0291402_07313239.jpg


機体が小さくて軽いので白煙は僅か。

b0291402_07314186.jpg


次はANAのボーイング777型機。747が退役したあとでは一番大きな飛行機です。
重かったようで見事にド~~ン!!

b0291402_07314961.jpg


展望デッキにスズメじゃない小鳥が混ざってました。ハクセキレイのメスです。

b0291402_07315957.jpg


スズメとのバトルが始まりました。ハクセキレイのメスが、スズメたちを追っ払います。

b0291402_07320846.jpg



お母さん強いなあと、椅子の陰に隠れていたハクセキレイのお父さんも、ほっと一息。

b0291402_07321833.jpg


最後にスカイマークの737型機です。ド~~ン!!!

b0291402_07322758.jpg


いかがでしたか。白雪、白煙、ハクセキレイ。
ちょっとこじつけましたが、いずれも「ハクリョク」、の羽田空港でした。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-27 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(18)

ダイブするカワセミを撮ろうと狙うも・・・・あまりの超高速に玉砕でした(葛飾区、水元公園)

1月15日、日曜日の水元公園、かわせみの里です。

ちょうどいい具合に、カワセミのオスが、池の枝に止まりました。
小魚を探してますが、この日の、この時間は気温が2度前後。小魚が水面近くに上がってきません。

b0291402_21433904.jpg


それでも果敢にダイブ!!、ボケボケの画像で申し訳ありません。
あまりの速さについていけません。

b0291402_21435219.jpg


戻ってきて、枝に止まろうとする瞬間です。残念ながら狩りは失敗でした。

b0291402_21440373.jpg


寒かったのか、恥ずかしかったのか、狩りをやめて藪の中に隠れてしまいました(笑)
この写真は距離3mくらい。枝被りですが、トリミング無しです。

b0291402_21441420.jpg


待ってたら再び、狩りを開始しました。
飛び出しは撮れなかったのですが、枝に戻ってくるところは撮れました。

b0291402_21442452.jpg


アラヨ~~ット!!、
これが本日のベストショット(笑)

b0291402_21443517.jpg


再び枝から獲物を狙います。

b0291402_21444721.jpg


難しいもんですね。春から秋にかけての子育ての時期は、狩りの成功率が高いのですが、冬になり小魚が底の方に沈んでると見つけるのも、
捕まえるのも大変なようです。
春になって水が温むのもあと1ヵ月ちょっとですから、それまで頑張って欲しいですね。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-24 16:00 | | Trackback | Comments(16)

カワセミのささやかなジャンプと、ドヤ顔(葛飾区、水元公園)

1月15日、日曜日、寒波の襲来で東京の気温は、マイナス2度~+5度。天気は晴れでした。

カワセミのデブ子が縄張りとする不動池に出かけましたが、何故か常連のバーダーさんが1人もいません。
よく見ると不動池が結氷。小魚を獲れないのでカワセミもやってきません。
すぐに、「かわせみの里」に向かいました。ここは常に水が流れてるので結氷はありません。

さっそく出迎えてくれたのは、オスのカワセミ君。

b0291402_08410556.jpg


当日、カワセミが飛来した回数は、「水辺のふれあいルーム」のボードを見ればすぐ分かります。

b0291402_08411539.jpg



なんと朝から6回。これは期待できます。ちなみに昨日は9回でした。
日頃は分散してますが、今日は結氷してない池に集まってくるのかもしれません。

b0291402_08412450.jpg


カワセミが飛んでいってしまい、待つことしばし。
オオバンがやってきました。潜っては水底の藻のようなものを咥えてきて美味しそうに食べてます。

b0291402_08414627.jpg


次はツグミ。寒いので、何も来ないよりはましですが、早くきてくれカワセミ君。

b0291402_08415599.jpg


やってきましたカワセミです。上の方に写ってるのは、先ほどのツグミ。
さっきはいても良かったけど、今は背後霊みたいで邪魔な存在(笑)

b0291402_08420531.jpg


ここでカワセミが、ジャンプ!!

b0291402_08421480.jpg


ほんの10cmくらいなので、軽やかに着地も成功。

b0291402_08422449.jpg


たいしたジャンプでもないのに、こちらを見てドヤ顔。

b0291402_08423264.jpg


本当にささやかなジャンプでしたが、飛んでるカワセミも何枚か撮れたので、次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-16 16:00 | | Trackback | Comments(14)

パイロットの顔を撮影しようと、着陸飛行中のジェット機を撮影(神奈川県川崎市川崎区浮島町公園)

1月14日、土曜日、東京は、0度~6度と、うすら寒い曇り空。風向きは北東で6m/秒。

風向きで、羽田空港の4本の滑走路が、それぞれがどう使われるかが分かる飛行機ファンは、ベテランさん。
私は初心者なので、そこまでは分かりませんが、A滑走路は北風の時は着陸のはず。

浮島町公園は初めてですが、ここは多摩川を挟んで、神奈川県の川崎側。地名は神奈川県川崎市川崎区浮島町です。
ここからは、海上のD滑走路の混雑ぶりがよく見えました。

b0291402_08474178.jpg


飛行機が尾翼を見せて飛び去るので、D滑走路の撮影は、あまりインパクトがありません。

b0291402_08475150.jpg


A滑走路に着陸する飛行機がやってきました。真っ黒の機体は北九州に本拠を置くスターフライヤー社の、エアバスで、A320型機。
操縦席の窓からかすかに機長が見えます。目標達成!!!

b0291402_08475976.jpg


客室はというと、窓が小さくて暗いので、乗客は見えません。

b0291402_08480780.jpg


この公園は駐車場が無いので路駐。もう少し見ていたかったのですが城南島に移動しました。
東京都大田区城南島海浜公園。駐車場も、トイレも、売店(土日だけ)もあります。
ここからはC滑走路の離着陸が正面から見えます。

b0291402_08481600.jpg


ANA機です。ちょうど今、お腹にランディング・ギアーを格納中。

b0291402_08482520.jpg


JAL機です。お腹にランディング・ギアーを格納し蓋を閉めてるところ。

b0291402_08483494.jpg


遠くにはスカイツリー。

b0291402_08484212.jpg


そしてこちらは東京タワー。

b0291402_08484953.jpg


城南島は4・5分に1機は真上を飛んでくれるので、寒くても時間がたつのを忘れます。
俗にいう翼君、空見ちゃんには絶好の場所ですが、バスは本数が少ないため、車でないと行けないというのが、不便です。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-15 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(16)