タグ:EOS7D Mark2 ( 3 ) タグの人気記事

繁殖期を迎え奮闘するカワセミの「カワ男」君(葛飾区、水元公園)

3連休の最終日、真っ先に向かった場所は水元公園でした。
いつもなら「かわせみの里」に行くのですが、先週あまりにもカメラマンが多かったので、久しぶりに「不動池」に行ってみました。先着のカメラマンは十名程。
嬉しいですね~、到着したら既にカワセミがいてくれて、カメラマンさん全員がおしゃべりもせず、真剣にファインダーを覗いてます。不動池いいぞ!!

b0291402_15270216.jpg


ここは昨年まで、デブ子ちゃんと、ドジ男君が縄張りとしてた池。現れたのはオスなのですが、昨年のドジ男君なのかどうか、よく分かりません。
一応、「カワ男」君と名付けましたが、愛想もいい。

b0291402_15271261.jpg


ところがこの日は風が強くて、池にさざ波が立ち、狩りには向かない日。
お腹の黄色い羽も風に吹かれて、たなびきます。

b0291402_15272743.jpg


それでも繁殖期なので、獲物をGETしたいカワ男君。必死に池を覗きこみます。

b0291402_15274087.jpg


時々、場所を変えるので、その度にシャッターは押しますが、瞬間でフレームから飛び出してしまうので、飛翔場面が撮れません。
持ってる器材はかれこれ3kg。支える腕が疲れますが、カワ男君が移動する度に、自分も近い場所に移動し、ダイブするシーンを狙い続けます。
一方の、カワ男君は、狩りは成功しないけど涼しい顔。

b0291402_15274957.jpg


30分以上は経過したでしょうか、腕が痛くてたまらない時に、カワ男君が果敢にダイブ。
カワ男君、捕りました~。自分、撮り損ねました~。
待ち疲れて、ピントがずれてました。
カワ男君は枝の上で、ザリガニを、しっかりと咥えています。おめでとう!!

b0291402_15280098.jpg


食事風景をアップで撮ろうと思ったら。獲物を咥えたまま飛んでいってしまいました。
巣では奥さんが待ってたんでしょうか。カワ男君、本当に頑張ってました。



by tabi-to-ryokou | 2017-03-22 16:00 | | Trackback | Comments(36)

本日行われた東京マラソン速報(ゴールまで残り1km地点)

本日行われた第11回東京国際マラソンの取材に行ってきました。
場所は、私が働くオフィスの真ん前で、高輪から戻ってきて、日比谷で晴海通りに右折した選手たちは、この地点で丸の内仲通りに左折してゴールの東京駅を目指します。
計時車の時間は2時間0分43秒。

b0291402_16011421.jpg


先頭はケニアのキプサング選手。ケニアと聞くと私も応援したくなります。
ゴールまでは、あと1km。3分で行けるだろうから2時間3分台は可能です。

b0291402_16012394.jpg


スタートから2時間も、1km3分以内で走ってきて、まだこの力強い走り。
背景に見えてるのは晴海通りから高輪方向に向かう選手たちのための給水ステーションです。
それにしても、折角、写真撮ってるのに後ろの車が邪魔です(笑)

b0291402_16014870.jpg

右で応援してる人たちは、ちょうどペニンシュラホテルの角に立ってます。

b0291402_16020075.jpg


ここで突然フレームアウト。まあ、ご愛敬!!、腕と足の筋肉をご覧下さい。
遠くは70-300mm、近づいたら24-105mmで撮ろうと、カメラを2台持ってスタンバイしてたのですが、あまりに速くて、持ち換える余裕がありませんでした(笑)

b0291402_16020732.jpg


そしてあっという間に走り去っていくキプサング選手。

b0291402_16021523.jpg



ニュースによると彼のタイムは2時間3分58秒と、日本国内の大会での最高記録だったそうです。

b0291402_16022653.jpg


あともう1人は日本人選手で1位だった24歳の井上大仁選手。
キプサング選手から遅れること、4分30秒で8番目にやってきました。

b0291402_16023435.jpg


ニコリとしてるのは、残り1kmの標識を見たから。

b0291402_16024061.jpg


2時間8分22秒のタイムで日本勢トップの8位に入り、8月に行われる世界選手権の代表入りに近づきました。

b0291402_16025020.jpg


間近で、選手を見ると、筋肉と、キックするバネの強さに驚かされます。上の写真ですが井上大仁選手の足の筋肉も凄いです。
天気にも恵まれ、コース変更で終盤のアップダウンがなくなり、海からの風の影響も受けなくなったため、好記録が続出ました。
一応1位から10位くらいの選手までは撮ったのですが、お腹もすいてきたので自宅に引き上げました。


「ほっ」と。フォトコンテスト


by tabi-to-ryokou | 2017-02-26 16:13 | イベント | Trackback | Comments(20)

主にライオン、そしてオレンジ色の夕陽(マサイマラに到着して最初のサファリ)

今日から、旅行中に掲載できなかったバルセロナと、マサイマラの写真がしばらく続きます。

2月13日にマサイマラに到着し、午後3時からサファリに出ましたが、この日はライオンデー。
最初に出会ったのは立派なタテガミを持つオスライオン。いかにもメスライオンからもてそうな堂々たる容姿です。

b0291402_11185842.jpg


やはりメスライオンがぴったりと寄り添ってました。ラブラブです。

b0291402_11190777.jpg


そしてカメラ目線をくれたのは、イボイノシシの3頭。
滞在期間中にイボイノシシもライオンの餌になってるという現実を目撃しましたが、彼らもライオンがいるサバンナでは、のんびりとできません。

b0291402_11191756.jpg


ライオンの親子は最終日にも目撃した、メスライオン3頭と、赤ちゃん7匹のグループです。
何回みても、7匹ともそっくりで見分けることができませんが、そのうちでも可愛い1匹。

b0291402_11192818.jpg


起きてるのが1匹、寝てるのが2匹。

b0291402_11193809.jpg


ママに群がる5匹。ママの背中で遊んでた1匹が転げ落ちる瞬間です。

b0291402_11195223.jpg


帰りの道中ですが、象の大群がホテルから7・8キロの地点にいました。

b0291402_11200920.jpg


そして18時から18時30分の間くらいに、空は赤みをおびたオレンジ色に染まります。

b0291402_11202010.jpg

この日は、昨年の2回の訪問でも見ることが無かったライオンの赤ちゃんを7匹も見れて、歓声をあげました。
帰りの道で、出会った象の大群がホテルから近かったのに驚き、沈む夕陽とオレンジに染まった雲が美しかったのが印象に残りました。


「ほっ」と。フォトコンテスト



by tabi-to-ryokou | 2017-02-24 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(24)