人気ブログランキング |
ブログトップ

旅プラスの日記

毎日16時に投稿している、1年365日の写真ブログです。旅行、動物、祭り、イベント、花、グルメと、ジャンル無しのなんでもありですが、最近は多摩動物園のチーターの子供たち、ユキヒョウのフクちゃん、上野動物園のゴリラのリキ君、それからレッサーパンダもよく撮ってます。


by 旅プラス
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

マルタ島の中央部にあるイムディーナの町は、アラビア語で「城壁の町」ですが、今は時が止まった町みたいで「静寂の町」と言われます。

3月10日はホテルに紹介してもらったタクシーに乗りマルタ島を観光しました。
朝8時半にホテルを出発して、 → 静寂の街・イムディーナ → 海を望むふたつの神殿群(世界遺産) → 青の洞門  → 歴史に彩られた漁村・マルサンシュロック → ホテル というコースです。

小高い丘の上にイムディーナの城壁が見えてきました。

b0291402_13541334.jpg


16世紀にはマルタ島の首都が置かれ、24もの貴族の館があって栄えたそうですが、今は城壁と空堀が残る静かな町です。
空堀をジョッギングする女性を見かけました。

b0291402_13542186.jpg


さっそく、イムディーナの町を歩きます。
ちょっと目線が高いと思いませんか。

b0291402_13544561.jpg


実は馬車に乗ってます。
ガイドが馬車に乗ったほうが時間を節約できるというのですが、お金が勿体ないので渋ってると、
御者 : 今日は半額でいいよ、35ユーロ
自分 : 高いよ
御者 : もう30ユーロでいいから
自分 : 高いよ、歩き始める素振り・・・・
御者 : 25ユーロでお願い

ここで、交渉成立。ガイドも嬉しそうに横に乗ります。
一番乗りたかったのはガイドみたい(笑)

b0291402_13545443.jpg


17世紀に建設された大聖堂です。
そのまま馬車が先に行こうとするので、待たせて中に入りました。
タクシーを待たせたことはありますが、馬車を待たせたのは初めてです。

b0291402_13553259.jpg


ミサをやっていたので、入り口から静かに見学です。
クーポラからの明かりがやさしく溢れる、バロック様式の教会でした。

b0291402_13554004.jpg


床には色大理石の墓碑が並びますが、昔活躍したマルタ騎士団の紋章と思います。

b0291402_13554845.jpg


天井を見上げると、聖人のフレスコ画が描かれていて、まばゆく輝いてました。

b0291402_13565269.jpg


中央祭壇がどうなってるか、もっと見たかったのですが、ミサなのでこれ以上前には進めません。

b0291402_13570093.jpg


でもまあ、ちょっとでも見学ができてよかったです。
おとなしく待っていた馬と御者。肝心な教会をすっ飛ばさないでちょうだい。

b0291402_14064483.jpg


再び、町を走ります。
・・・と言っても人間の速足くらいのスピードで、どうってことはありません。

b0291402_14080266.jpg


ハチミツ色のマルタストーンの壁で囲まれた狭い小路が、町のあちこちに見えました。
昔は騎士団員が闊歩した町も、人通りは少なく、どこか寂し気な印象でした。

b0291402_14023497.jpg


城壁から遠くに見えるのはセント・ジュリアンの町並みです。
これだけ見晴らしがいいと、敵の襲撃を見張るのにも好都合だったでしょうね。

b0291402_14065592.jpg


馬車での観光はたった30分でした。やはり25ユーロでも高いよ(笑)
ここは馬車に乗っていて、素通りしてしまった堀を渡る城門です。
18世紀に建造されたバロック様式の門で、ここには何人かの観光客がいました。

b0291402_14071357.jpg


wikiを調べましたが、マルタ島に騎士団がいたのは、16世紀のロードス島陥落から、ナポレオンにより領土を失った18世紀まで。
その間に、イムディーナにはこれだけの建造物が建てられました。
「城壁の町」は、今や「静寂の町になってしまいましたが、静かながらも昔の栄華を感じさせる町の佇まいでした。



トラックバックURL : https://tabitotabi.exblog.jp/tb/25616513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2016-04-04 16:29
こんにちは^^
馬車でも観光は、優雅ですね~(^^♪
でも30分ですか(・・?
そりゃ~少し短過ぎ~(笑)
ガイドさんとタイアップしてるのかもしれませんね!
25ユーロに値切っててよかったですね。
11,12枚目の路地写真大好きです~
マルタ色の壁の写真なんとも言えず趣があります♪
17世紀の大聖堂も中は豪華ですね~
大理石の墓碑が素晴らしいです☆
教会には、墓碑はつきものですがこちらのはカラフルだと思いました。
城壁から遠くの景色も見晴らしがよくて素晴らしいです(^^♪
中央のドームのような建物も教会でしょうか?
お天気にめぐまれた観光でしたね♫
Commented by kaorunchoko at 2016-04-04 20:18
❤旅プラスさん こんばんは☆
馬車で観光\(◎o◎)/!
すごーい!そういうの初めて聞きました!
まぁ~日本だって、人力車って~ので江戸観光とか、京都観光とかありますがね(笑)
気になっちゃったので、早速ググりました。12~13分で一人3,000円でした!
そう考えると30分だから(^_-)-☆

大聖堂素晴らしいですね!
やっぱ私バロック様式好きです❤煌びやかで美しい~~♫
天井のフレスコ画もとっても綺麗ですよね!祭壇も素敵な雰囲気ですね!
ハチミツ色の狭い小道も雰囲気があって、素敵ですよ!
城壁からの眺めは最高ですねヽ(^。^)ノ
確かに城は高い場所に位置しないとですね!
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-04-04 21:07
アリスさん、こんばんは

そうなんですよ、70ユーロが、半額になって、さらに10ユーロ引き。
でもそれが、たったの30分(笑)
株式の格言でも「半値八掛け二割引」という法則があって、そこまで下がれば、買ってもいいという目安です。
料金はそれに近かったけど、過去の経験値に基づく格言と、マルタの御者が言うことじゃあ、重みが違いますよね。

11・12枚目はマルタストーンと言って蜂蜜色の石材が使われてて、路地の色まで蜂蜜色でした。
ここの教会も素敵でしたが、セント、ジュリアンと地中海の眺めも良かったですよ。
中央のドームは教会だと思いますが、時間が無くてそこまで行けませんでした。
やはり行きたいところを全部廻るって難しいですね、今回も何ヵ所かを見損ねました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-04-04 21:24
kaorunさん、こんばんは

あ、そうでしたか。12~13分でも3,000円もするんですね。
乗り慣れてないと、どうしても高いなと思ってしまいますが、人力車よりは、馬車のが安かったわけですね。
でもこの馬車はとろかったですよ。私が歩く速度とあまり変わりません。
観光の案内もしないし、「お客さんここで写真を撮りましょう」なんてことも言わず、愛想無しでした(^。^)

バロック好きですか。私も以前はカチッとしたゴシックが好きでしたが、今はバロックが好きです。
この教会は建造が17世紀なので、バロックが一番華やかな時代に建てられました。
道理で外からのファサードは、あまりぱっとしませんが、内部は絢爛豪華でした。

あのレストラン、ココグランのレストランで合ってたかなあ(^。^)
昔の記憶なので、デジャヴューかも(^。^)
Commented by umitosora14 at 2016-04-05 13:02
こんにちは^^
馬車で石畳の道を巡るって、良いですね~
かっぽかっぽって、雰囲気ありますね♪
まぁちょっと高いし、時短にもならないけど(笑)
下から3枚目の石壁の狭い道のフォト、お気に入りです^^
こんな道、ゆったり散歩したい♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-04-05 16:55
umiさん、こんにちは

70ユーロが25ユーロまで下がったので、そんなに損はないだろうと思ったのですが、
かっぽかっぽって、かっぽられた(??)みたいに短い時間でした。
まあ、むこうのが交渉はうわ手ですね。

こちらはイムディーナの城壁の中がさっぱりわからないし、道もわからないし、結局御者が思うがまま(笑)
でも、まあ楽しかったからいいですよ。

狭い路地が多かったです。
敵に攻められたときに、敵が迷うようにと、わざと狭くして、カーブもつくったんでしょうね。
ここは馬車じゃなくて、のんびり歩く町でした(^。^)
Commented by haru2721 at 2016-04-05 22:53
こんばんは~

またまたキレイなお写真(^.^)
旅プラスさんの画像は、絵葉書にしていただきたい
素敵なものばかりですね♥
それにしても、絵になる街並みですね~
Commented by tabi-to-ryokou at 2016-04-06 07:25
haruさん、おはようございます

中世のような石造りの町並みは美しかったです。
ここなら誰が撮ってもきれいな写真が撮れますよ。保証します(^。^)

この蜂蜜色の石ですが、マルタストーンと言って、マルタ島独特の石だそうです。
輝く理由は、石が油成分を含むのかなと思って、ガイドに聞いてみたのですが、
私も、ガイドも英語が下手糞なので、会話がうまく通じなくて、質問は諦めました(^。^)
by tabi-to-ryokou | 2016-04-04 16:00 | 旅行 | Trackback | Comments(8)