ブログトップ

旅プラスの日記

毎日16時に投稿している、1年365日の写真ブログです。旅行、動物、祭り、イベント、花、グルメと、ジャンル無しのなんでもあり。毎週土曜日は、シャンシャンの写真をアップする「サタデーシャンシャン」を絶賛??開催中(笑)。ごゆっくりとご覧下さい。


by 旅プラス
プロフィールを見る
通知を受け取る

店頭ディスプレイのセンスがいいので、つい惹き込まれてしまうお店(フランス、バイヨンヌ)

昨年の10月2日ですが、フランスのスペイン国境に近い街、バイヨンヌの繁華街を歩いていました。

街に多いのは靴屋さん。

b0291402_08262504.jpg



ここは、上の靴屋さんよりも、もうちょっと高級で、バッグも売ってます。
そして、通りがかりのご夫婦もお洒落でした。

b0291402_08263515.jpg



次に多かったのはチョコレート屋さん。
フランスで最初にチョコレートが作られたのが、バイヨンヌだそうです。

b0291402_08272170.jpg



生ハムや、ワインを売ってるお店。

b0291402_08261652.jpg



ワイン専門店。この陳列はワインが見やすいので、ついつい惹き込まれます。
買ったのかって??、荷物になるので買ってませんよ。

b0291402_08265342.jpg



ケーキ屋さん。どうですか、この圧倒的ディスプレイ!!
食べたのかって??、昼のお肉でお腹が一杯だったので、食べてませんよ(笑)

b0291402_08264465.jpg



バスク地方には、独自の文化があり、食事は美味しくて、店のセンスもなかなかのものがあります。
次回はバスク地方の最終回で、バスク料理をお届けします。






ほっとフォトコンテスト





トラックバックURL : https://tabitotabi.exblog.jp/tb/28023223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2018-02-16 16:29
こんにちは^^
一番最後のケーキに釘付けですよー(^。^)
シュークリーム?いや美しいエクレアと言うところでしょうか☆
エエッ、お腹がいっぱいで食べられなかったですか?
私なら、別腹でいただいちゃってますネー(笑)
ワイン専門店は、見つけられなかった私です~流石旅プラスさんです~(^-^)
ショコラティエは、このお店、見覚えが有りますよ~
私が行ったのも月曜日で、月曜日の午前中はだいたいお店が閉まってることが多いとガイドさんが言ってました!
フランス人はあまり働かない?という印象が大です~(>_<)
美術館(オランジュリー)で5時に閉まるというのに4時45分には追い出された経験が有ります~(;一_一)
ワインは買わなかったけど、このショコラティエでショコラは買いましたか?(^-^)
Commented by umi_bari at 2018-02-16 17:45
やっぱりフランス、どれもこれもセンスが
あるのでしょうね、バグースです。
アラックも、いつの日か、フランスの~~~と
ブログに書き込んでみたいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-02-16 21:11
アリスさん、こんばんは
最後の写真の、このケーキの生地はなんでしょうね。
シュークリームでもなさそうだったし、上に乗った小さな丸いのはエクレアにも似てましたが、はたして???
ただもう、こう見事に並べると、ウィンドーを覗いたお客さんも、一つ買って帰ろうかなんて気にもなりますよね。
ここを歩く前に、カルパッチョと間違えたユッケと、ポテトと、ワインで昼食をすませたばかりだったので、
とても食べることもできず、かといって、このあと、サンセバスチャン経由で、ビルバオまでバスを乗り継いで
帰るので、買って帰ることもできませんでした。
ワイン専門店は、いつも注意を払って見てるので、ここは見逃しません。でも見ただけ。
やはり荷物になるので、見ただけで帰りました。
そうですよね、フランス人は夏に1ヵ月、バカンスで休むし、働いてるのも、そのバカンスのためという人が
殆どですからね。残業なんて滅多にしません。でも美術館を早く閉めるのだけはやめて欲しいですね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-02-16 21:23
アラックさん、こんばんは
フランスは、パリから遠く離れた田舎町でも、結構お洒落です。
このバイヨンヌという街も、街の43%が公園や、庭園ですから、
「フランスの最も美しい村」の一つにも選ばれてます。
アラックさん、職場復帰したら、いつでも行けますよ。
遠いので、長時間の飛行機は、ちょっときついですけど、最近は安いツアーが沢山出てます。
でも、テルミクラブみたいに、お客さんからのお金だけ集めて、倒産しちゃう旅行代理店もありますから、
行かれる時は、ある程度、名前が知れた旅行代理店を通して行かれた方が安心ですよ(^。^)
Commented by fleunn at 2018-02-16 22:23
ケーキ 私がかわりに 食べてあげるのに( →_→)
見ているだけでも 楽しめますね(*^^*)
ゴックン( *´艸)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-02-16 23:14
fleunnさん、こんばんは
ケーキ食べてくれますか。
ありがとうございます。
10個くらいを纏めてプレゼントしますので、是非よろしく。
で、きっと今晩は、ケーキの夢で、眠れませんよ~~(^。^)
Commented by umitosora14 at 2018-02-16 23:56
バイヨンヌ、わたしには危険な香りに満ちてそう~ 笑
チョコ、お菓子の中でいちばん美味しいかも♪
和菓子は、また別物ですけどねw
生ハムも大好きですし♪
Commented by kaorunchoko at 2018-02-17 00:57
❤旅プラスさん こんばんは☆
睡魔に負けると、いつも、こんな時間ですね(笑)
バイヨンヌの街はお洒落ですね~♫
かといって大都会の様な豪華な派手さは無く、上品な大人の雰囲気ですね。。。
お洒落なご夫婦!お店にマッチしてましたね~♫
興味がわくのは、やっぱり服飾品より、食品です(笑)
ずらりと並んだワイン!何がなにやら???でしょうが、
なんだかとってもワクワクします(^_-)-☆
圧倒的ディスプレイのケーキにも目が釘付けですよ!
次回のバスク料理も楽しみで~すヽ(^。^)ノ
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-02-17 07:56
umiさん、おはようございます
バイヨンヌでは、デニッシュや、チョコを買って立ち食いしてる観光客もいました。
さすがに、ワインと、生ハムで立ち飲みという姿は見かけませんでしたが(^。^)
私が興味があったのは、生ハムのお店と、ワインのお店。
宿泊がこの街なら、買ってからホテルに持ち帰って、呑んで食べるのですが、
バイヨンヌからバスで、国境を越え、スペインのサンセバスチャンで、バスを乗り換えて、
さらにビルバオまで戻らなければいけないので、土産も買わず、立ち食いもせずに引き上げました。
バイヨンヌは、できれば1泊か、2泊はしたい街でした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-02-17 08:08
kaoruさん、おはようございます
あれれ、睡魔と戦って負けましたか(^。^)
もう週末ですからね。いいんじゃないですか。
バイヨンヌは、1時間か2時間あれば、1周できるような小さな街です。
その代わり落ち着いた雰囲気で、ショップも、レストランもお洒落なんですよ。
あのワイン屋さんの、陳列には驚きましたよ。
ボトルのラベルが全部見えるので、いちいち引っ張り出したりしなくても、
どこの、どんなワインなのか一目瞭然!!
なのに、国境を超えてスペインのビルバオに戻るので買えなかったんですよ。
あとケーキ屋さん、チョコレート屋さんのディスプレイも華やかでしたよ。
それも買えなかったのですけど(^。^)
パラパラと雨にも降られたのですが、さすがフランスで、楽しい街でした。
Commented by miemie2017 at 2018-02-17 12:38
旅プラスさま
こんにちは^^

全てがお洒落ですねぇー!!
ディスプレイというか、見せ方が上手いというか。
旅プラスさんの自問自答もユニークでした 笑。

そして、駐車場の説明までありがとうございます。
車で行くのでとても助かります。
目一杯、楽しんできますね~♪
サクジロウ~♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-02-17 17:30
Sanshiさん、こんにちは
今日、出発ですか~~。
感動の羽生君と、宇野君は、観れましたか~(^。^)
バイヨンヌは、とても個性的な街でした。
街全体がお洒落です。
その象徴が、ワイン屋さんや、ケーキ屋さん。
なんか、楽しくなるディスプレイですよね。
旅行は気を付けてそして、楽しんできて下さいね。
Commented by aitoyuuki32 at 2018-02-17 18:23
外国ではワインのディスプレイが
国ごと地域ごとではなく
葡萄の品種別で分けられているとか
わたしもその方が分りやすくていいかなと思います
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-02-17 19:52
aitoyuukiさん、こんばんは
そうなんですよ、日本と違って、赤、白、ロゼと、まず分かれていて、
さらにカベルネソーヴィニヨンとか、メルローとかに、分かれてました。
自分の好きなワインの場所に、直線で行けるので、お客さんにとっても、有難いし、
ワイン店にとっては、ワインが見つからなくて、店内で滞留するお客さんが減るので、
一石二鳥の効果でしょうね。
自分も買いたいワインがあったのですが、ここからのバスでの帰りが、
フランスからスペインへの国境越えなので、諦めました。
ワイン好きには、フランス、スペインはたまりません(^。^)
by tabi-to-ryokou | 2018-02-16 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(14)