空を優雅に舞う白鳥たち(千葉県、印西市、白鳥の郷)(その1)

「白鳥の郷」の訪問は、今年で6回目。私が毎年楽しみにしてる1月の行事です。
場所は千葉県印西市の田んぼの中にあり、交通の便が悪いので、私は電車で京成佐倉駅に行き、レンタカーを借りて片道14kmの道のりを、
30分かけて運転していきます。

訪問は1月21日の日曜日でしたが、いつも14時頃から白鳥が戻ってきます。

b0291402_08103374.jpg



日中は近所の田んぼで餌をついばみ、夕方までに戻ってきて、この池で夜を過ごします。

b0291402_08104903.jpg



地元の小学生の観察日誌には、1月9日現在で891羽、その中にオオハクチョウが23羽、アメリカコハクチョウが3羽と記載されてます。

b0291402_08134233.jpg



カップルだったり、

b0291402_08110640.jpg



まだ子供だったり、

b0291402_08111845.jpg



鶴と一緒だったり。
なに、なに、鶴が見えませんか。遠くの方に鶴丸のJAL機が飛んでいます(笑)

b0291402_08113914.jpg



民家の屋根をかすめ、池が近づくと、足を前に出して着水態勢。

b0291402_08115200.jpg



でも狭い池に900羽の白鳥がいるので、着水地点がみつからず、上空で旋回する白鳥も。

b0291402_08120200.jpg



晴れた日に空を飛ぶ白鳥は、優雅です。
今回は飛んでる白鳥の写真を掲載しましたが、次回は「白鳥の郷」の様子をお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-23 16:00 | | Trackback | Comments(22)
トラックバックURL : https://tabitotabi.exblog.jp/tb/28030381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2018-01-23 16:31
こんにちは♪
日曜日は、昨日や今日よりも温かくて何よりでした~(*^^*)
今年も千葉県の白鳥さんの取材ありがとうございます(^o^)
やっぱり、優雅に舞う白鳥さんの姿は、良いですね☆
カップル、子供ときて、鶴と一緒??と思いきや
此処でギャグがくるとは意表をつかれましたよー(笑)
JALと白鳥さん、なかなか撮れない一枚です☆
田んぼの白鳥さんと言うところに惹かれます(^-^)
続きも楽しみにお待ちしています❤
Commented by sakuramoon7767ryo at 2018-01-23 17:06
優雅で美しい白鳥が、こんなに沢山の観察出きるなんて幸せですね。
カップルも可愛いお顔してますね(*^^*)
間近に見る白鳥は迫力もありますよね❗
900羽って想像もつきません❗
最後の写真の迫力にもビックリです。
こんなにアップで鮮明で、素晴らしい写真ですね。
愛くるしい目が印象的です(*^^*)
Commented by もこママ at 2018-01-23 18:33 x
こんにちは
翌日からの大荒れのお天気が予想されないくらい、暖かくて風も無い絶好の撮影日和でしたね。
素晴らしい瞬間ばかりで、またこの先の取材のお話も楽しみです。7DⅡのシャッター音も素敵です!!
Commented by fleunn at 2018-01-23 20:55
ボケとらんw(゜o゜)w
なぜかしら…(・・?行くよ~って 言ったのかしら? 流石です!( ̄- ̄)ゞ
見せていただきありがとうございます(*^^*)
鶴さんまで( *´艸)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-23 21:27
アリスさん、こんばんは
例年は1月の、もうちょっと早い時期に行くのですが、今年は1月21日で、結果的にはお日柄もよく、
天気もよく、絶好の白鳥日和でした。
ここは、自然環境の川と違い、田んぼに水を貯めた池なので、美しい写真を撮るのは苦労します。
背景には電線もあるし、民家もあるし、道路の自動車も見えますから。
ハ、ハ、ハ、白鳥と鶴のギャグには驚かれましたか。
一応鶴丸のJAL機が飛んでると、遠くても1枚は撮ってます 。
続きはあと2回あります。白鳥の郷で1回、出山さんで1回。
「昨年も見たし、もういいよ」、と言われなければいいのですが(^。^)
Commented by yocomilk at 2018-01-23 21:31
こんばんは♪
わぁ~い、楽しみにしていました。
まずは飛んでいる白鳥さんの特集ですね★
とっても美しく撮れていて感動~。
餌場から帰ってくるところなんですね。
白鳥さんの飛ぶ姿って、真剣な顔で、なんだかユーモラスだったり、とっても魅力的です。
可愛いです。
佐倉からさらにそんなに遠いのですね。
でもたくさんの白鳥さんが来るのですね、いつか行ってみたいです。
次は出川さんも登場するのかな、楽しみです!!
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-23 21:39
sakuramoonさん、こんばんは
6年前から撮り始めたのですが、千葉県の佐倉にこんな白鳥の飛来地があると知った時は驚きましたよ。
初めて行った時には、正午から、お月様が出て暗くなるまで、ずっと白鳥を撮り続けました。
それくらい1,000羽に近い白鳥は、インパクトがありました。
最近は見慣れた景色なので、そんなに驚きませんが、それでも近距離用カメラと、遠距離用カメラを駆使して
1回行くと、1,000枚は撮ってきます。
空を飛んでる白鳥の写真はどれも似ていて、変わり映えしませんが、それでも美しいので何枚も撮りたくなります。
最後の写真が良かったですか。白鳥がほぼ真上なんですが、こちらに飛んできてくれるタイミングを待ってました。
白鳥の日記はあと2回続きますが、また見に来て下さいね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-23 21:57
もこママさん、こんばんは
もこママさんとは、銀座5丁目の「銀座プレイス」の写真展で会い、銀座3丁目のcanonnのギャラリーでも会い、
今回は印西市の「白鳥の郷」でも偶然お会いして、まるで運命の糸で結ばれてるみたいですね(^。^)
まさかあの「白鳥の郷」にもこママさんが、いらっしゃるなんて想像もしてなかったですよ。
私はもこママさんが帰られたあとも粘ってあそこで、1,000枚は撮ってきました。
日記は、「空を飛ぶ白鳥」、「白鳥の郷」、「出山さん」の順で書いてくつもりですが、
1,000枚もあると、ノミネートと、現像だけでも、相当な時間がかかるので、今は嬉しい悲鳴です。
7DⅡは気にいってますよ。最近の取材はいつも5Dと、7Dの二刀流で、自称大谷選手です(^。^)
今年は釧路の丹頂鶴の撮影には行けそうもありませんが、もう1ヵ所くらい白鳥の撮影に行きたいなと思ってます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-23 22:07
fleunnさん、こんばんは
ボケとらんと、自分も言いたいのですが、最近は記憶力が衰えてきて、我が社の社員の顔は覚えていても、
名前がすぐに出て来ません。明らかにボケとる(^。^)
なに、ボケとらんは、写真のこと??、写真はまだボケとらんです。
だって飛んでる白鳥でも、ピッタリと、ピントが合ってから、シャッターを押してますから。
質問に答える時は、よくピントをはずしてますが、まだ写真は大丈夫です(^。^)
鶴さん、頑張って撮りましたよ。昔、私が勤務してた会社ですから、「鶴への恩返し」は決して忘れません(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-23 22:20
yocoさん、こんばんは
yocoさんは、自然の川に集まる白鳥で、しかも早朝から。
自分は田んぼに水を張った池で、しかも午後から。
写真では、yocoさんの美しい白鳥に、とてもかないませんよ。
飛んでる鳥は、カワセミで練習してますが、白鳥の飛ぶスピードは、カワセミの半分以下。
白鳥は1000分の1秒でも楽に撮れます。
ここに来る見物人は、皆さんが車でいらっしゃっていて、ナビは「本埜第2小学校」を入れれば来れます。
私は自宅から直接でもいいのですが、楽して佐倉駅からレンタカーしてます。
運転時間は、かれこれ片道30分です。
ちょっと、ちょっと、ちょっと、なんで「出川さん」やねん。バラエティー番組とちゃうで。
ここで餌を蒔く伝説の人物は「出山さん」、覚えといて~な(笑)
Commented by rui-asami at 2018-01-23 23:57
こんばんは。印西と言ったら我が家の近くではないかしら?
白鳥の郷があるのですね、知りませんでした。
鶴も一緒に飛んでいるのを確認しました
(旅プラスさん茶目~)
Commented by umitosora14 at 2018-01-23 23:57
今晩は^^
青空を舞う白鳥、綺麗ですね~
1枚目がいちばんのお気に入り♪
数年住んでいた山形の冬の空を、思い出します
冬には白鳥がいっぱいいて、
でも、写真は、古米をあげる子ども達の背景写真が数枚ぐらい
今だったら、いっぱい写真撮ったでしょうね 笑
鶴と一緒。。。に、思わず、どこ?って探しちゃいましたよ!
ほんと、鶴と白鳥の貴重なお写真ですね♪
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-24 08:01
ruiさん、おはようございます
ruiさんの最寄り駅からだと、成田線に乗って5駅目か、6駅目の「小林」という駅から歩いて行けますが、
駅からはちょっと遠いみたいです。
でも車でいらっしゃるなら1時間もかからないと思いますよ。
ナビでセットするなら「本埜第2小学校」、そこまで行けば、
農道に車が沢山停車してるので、すぐ分かります。
白鳥たちは2月の中旬から3月にかけては、再び北に帰っていくので、ご覧になるなら今のうちです。
写真の鶴をご覧になっていただけましたか(^。^)
私が現在の会社を起業するまで、働いていた会社なので、遠くを飛んでる飛行機でも、
鶴丸なら、すぐに見分けがつきます(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-24 08:18
umiさん、おはようございます
私の1年、1回、1月の恒例行事ですから、白鳥を撮りに行く日は、気合も入ります。
白鳥はゆっくり、優雅に飛んでくれるので、撮影はカワセミよりもはるかに楽。
写真を何枚も撮りましたが、ブレ写真は殆ど無しでした。
今回は飛んでる写真の中から、良さそうなのを厳選して載せました(^。^)
新潟県の瓢湖には、5,000羽の白鳥が飛来するといいますが、山形県はそのすぐ近くじゃないですか。
渡りの時期になると、空を飛んでる白鳥も、途中で休憩する白鳥も、毎日のように沢山見えるでしょうね。
いや~~、写真をいっぱい撮っておけばよかったですね。
私の鶴と白鳥は、鶴にピントを合わそうとしたので、白鳥のピントが甘くなってしまいました(^。^)
Commented by GreenKetty at 2018-01-24 08:42
素晴らしい白鳥の写真ですね〜
カップルだったり子供だったり。
ちゃんと白鳥がいつどのあたりにいるのか、どのように移動するか分かってないと撮れない写真ですね。最近鳥の写真に目覚めている私です。こんな写真をとってみたいです!
最後の写真は素晴らしすぎますね♪
Commented by rinkatuu at 2018-01-24 12:33
優雅に舞う姿
いいですね~
どれだけ見てても見飽きないんですよね(^.^)
Commented by kaorunchoko at 2018-01-24 12:44
❤旅プラスさん こんにちは!
今年も印西市の白鳥の郷の取材お疲れ様でしたヽ(^。^)ノ
レンタカーで30分!結構不便な場所なんですよね。。。
私が先日見たアメリカコハクチョウはここでも少数派なんですね!
先日見たのは、川で泳いだり、羽を広げる白鳥だったので、
飛んでいる姿はまだ見た事がありません(^_^;)
旅プラスさんの所で初めて、足を身体に付けたり、着水体制になるって知りました!
そうそう、子供が灰色だって言うのも!嘴の色で種類が違うとかも!
色々勉強させてもらってますm(__)m
えっ!?鶴!?確かに鶴が飛んでますね!ナイスショットでした(^_-)-☆
最後の写真は本当に真っ白で、美しい白鳥ですね!
続きも楽しみにしてま~すヽ(^。^)ノ
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-24 17:01
Kettyさん、こんにちは
白鳥も、丹頂鶴も、ナベヅルも、日本に渡来しますが、その飛来地は、毎年同じ場所に決まってるようです。
白鳥だとその殆どが、新潟県、千葉県。丹頂鶴は北海道。ナベヅルは鹿児島県。
なのでそのご当地のHPをチェックすると、今は何羽来てるとかが分かるんですよ。
Kettyさんの兵庫県は、白鳥と、鶴は来ないかもしれませんが、豊岡市周辺はコウノトリの繁殖地になってますね。
そうそう、最近、美しい鳥写真を撮られてますね。いつも見てますよ。
鳥の世界にのめりこむと、長いレンズが欲しくなって、「レンズ沼」という恐ろしい沼が待ってます。
最後の飛んでる写真は300mmで撮りましたが、Kettyさんはレンズ沼に落ちぬよう、
気を付けながら撮って下さいね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-24 17:07
rinkatuuさん、こんにちは
この白鳥の郷では、出山さんと言う伝説の人物が、午前と午後に1回ずつ、古米の餌を蒔いてます。
午後は15時半くらいなのですが、出かけていた白鳥も14時くらいから続々と戻ってきて、
出山さんが古米を蒔くのを待つのですが、その戻ってくる時間帯が、飛んでる写真を撮る絶好の時間なんです。
実に優雅で、壮観な景色ですよ。撮りながら時間の経過を忘れてしまいます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-24 17:22
kaoruさん、こんにちは
白鳥の郷は、広大な田んぼの真ん中にあり、とても不便な場所です。
大きな小学校が近くにあるので、過疎地ではないのですが、一番近い電車の駅まで
歩いて行くと30分かかるそうです。
そうなんです。アメリカコハクチョウは、運が良くないと見ることができません。
自分は、昨年は出山さんに教えていただき、目撃しましたが、今回は見つからなかったです。
900羽もいてそのうちの3羽だと、「ウォーリーを探せ」より難易度が高いです(^。^)
鶴が見えましたか。ここは成田空港にも近いので、時々飛行機が見えます。
その飛行機の中でも、鶴丸の飛行機が飛んでるのをを一番多く見かけます。
昔、私が働いてた会社なので、「鶴の恩返し」のため近くを飛んでくれるのかも(^。^)
Commented by nukunuku-ku-nel at 2018-01-24 20:03
こんばんは。
今年も行かれたのですね。
私は今年まだ訪れていません。
延ばしていると白鳥さん帰ってしまうことが多々あります^^;

綺麗ですね~。
着水態勢と羽を広げてお腹が見える姿が大好きです^^

素敵な写真に癒されました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-01-24 22:59
nukunukuさん、こんばんは
はい、今年も行ってきました。6年連続です。
去年や、一昨年は、あの白鳥の郷と言われるまでになった飛来地を作った出山さんと話す機会もありましたが、
今年は餌蒔きで、お忙しそうだったので、話かけるのは遠慮してしまいました。
2時間くらいで、1,000枚は撮りましたので、日記はあと2回続く予定でして、
着水態勢の写真とか、羽根をバタンバタンの写真もありますよ。
でもお近くだから、是非ご自身でも、チャンスがあったらお出かけ下さい。
やはりあそこは、別世界です。
あの景色、空気、匂い、鳴き声に癒されて帰ってきました。
<< 誰よりも君をアイス・チューリッ... 藁ぼっち  暖光そそぎし  冬... >>