ブログトップ

旅プラスの日記

毎日16時頃に投稿している、1年365日の写真ブログです。旅行、動物、祭り、イベント、花、  グルメ、などジャンル無しのなんでもあり。ごゆっくりご覧下さい。


by 旅プラス
プロフィールを見る

サバンナの動物たち(その3)(ヒョウの親子を至近距離から眺めた日)

2月26日は、国境方面のチーター親子を諦め、マサイマラの東側のナロック地区を訪ねました。

仲間からの無線連絡を受け、朝一番に出会ったのは、ヒョウの親子で、今回のサファリでは一番記憶に残る素晴らしい出会いとなりました。
ヒョウのママです。

b0291402_07534909.jpg



赤ちゃんヒョウ。ドライバーのオルオチに聞いたら生れて2ヵ月だそうです。

b0291402_07535902.jpg



ママヒョウは早く移動したいようですが、赤ちゃんは時々座り込んでしまいます。

b0291402_07540913.jpg



この時のママヒョウとの距離は5・6m。迫力満点です。

b0291402_07541831.jpg



赤ちゃんヒョウがあとに続きます。

b0291402_07542863.jpg



・・・と思ったら、また座ってしまいました。周辺地域にはライオンもハイエナもいなかったので、ここは安全ですが、大丈夫でしょうか。

b0291402_07543801.jpg



見晴らしのいい場所で、間近にそして長い時間、ヒョウの親子を観察できるなんてことは、滅多にないことなので、
十数台集まってきたサファリカーの皆さんも夢中でシャッターを切ってました。
勿論、自分もそのうちの1人ですが、44分間に渡ってこのヒョウの親子を観察できたので、日記はあと1回続きます。



トラックバックURL : https://tabitotabi.exblog.jp/tb/28193907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jammin3 at 2018-03-17 16:45
いやぁーーーー美しいですね!!!
豹を、こんな至近距離で撮られたなんて!!!
本当にラッキーでしたね(^_-)-☆
しかも親子です!
絵になりますね~♫

Commented by o-rudohime at 2018-03-17 16:59
ヒョウの親子に出会え長時間撮影できたのはラッキーとしか言えませんね。
ママの足元 ソックスを履いている様で肉球を触ってみたくなります。
わずか2か月と言えども堂々と見えますが休み休み歩いていると聞くと矢張りそこは子供なのですね。
次回が楽しみです。
Commented by ayayay0003 at 2018-03-17 17:42
こんにちは^^
ヒョウの親子と5,6メートルの距離とは
驚きました~(^^♪
野生の目、ド・迫力です~☆
チーターはカッコイイですが
ヒョウは、威厳があるという感じですネー(^_-)-☆
赤ちゃんですら可愛い中にもプライドがある?
赤ちゃんは、ネコの少し大きいバージョンでしょうか(*^_^*)
夢中でシャターを押した44分は至福の時間だったのでしょうね(^-^)
見させていただいてる私もワクワク、ドキドキするお写真です~♡
Commented at 2018-03-17 17:58
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-03-17 21:50
jamminさん、こんばんは
ヒョウのヒョウ柄、遠くで見ても、近くで見ても美しかったです。
それに比べれば、ライオンは毛皮も、模様も無くて、美しさが全くないです。
野生のヒョウにここまで近づけたのは、初めてでしたが、普通なら瞬間に消え去ってしまうのに、
生後2ヶ月の赤ちゃんが2頭もいたので、44分間も見ることができました。
このヒョウの親子が、今回のサファリ旅行の最大の成果だったのですが、
こんなのが撮れると、また行きたくなってしまいます(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-03-17 22:03
himeさん、こんばんは
そうなんです。おっしゃる通りで、何回通ってもヒョウに会ったことがないという動物カメラマンがいる一方で、
行けば毎回、ヒョウに会えて、しかも今回みたいに44分間も写真を撮れたなんて、動物カメラマンは
私だけかもしれません(^。^)
ママがソックスを履いてるというのは4枚目ですね。足元がはっきり写ってる写真は今回初めてなんですが、
確かにそう見えます。冷たい地面でも、これを履いてりゃ暖かそうです(^。^)
2ヶ月の赤ちゃんでも、これだけ眼光が鋭いので、ヒョウって恰好がいい肉食獣ですね。
ユキヒョウが明治時代の市民とすると、ヒョウは明治時代の軍人みたいです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-03-17 22:11
アリスさん、こんばんは
はい、ママと5・6m。もしかしたら赤ちゃんは、もっと近くを通り過ぎたかもしれません。
ヒョウは、昔なら武士、最近なら軍人という雰囲気がありますが、チーターは顔が柔和なので、
スポーツ選手という感じがします(^。^)
この2ヶ月の赤ちゃんでも、体重は十数キロあるかもしれません。
トラさんよりも既に大きいかも。
今、思い出してもあの44分間はドキドキします。
撮ってる自分は20分か、25分という感覚だったのですが、無我夢中だったので、
44分間も撮っていたとは、気付きませんでした。
こんなことがあるから、ケニア通いが止められなくなってしまいます(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-03-17 22:16
17:58鍵コメさん、こんばんは
そうですか。きっと喜んでいただけると思います。
同じネコ科なので、ヒョウも、ネコも類似点は多いと思いますが、
ヒョウの眼光の鋭さは、半端じゃなく凄いです。
でも親子連れで、ゆっくり歩いてる姿は、癒されますよ。
特に、ヒョウの赤ちゃんは可愛いので、つい触ってみたくなります(^。^)
Commented by yocomilk at 2018-03-17 23:41
旅プラスさん、こんばんは。
遅くに失礼致します。
豹の赤ちゃんとママ、会えたのですね~!!
さすがです♡
美しいです、
見れば見るほど美しい模様ですね。
座りこんでしまう赤ちゃん。
お散歩中のmilkみたいです(笑)
まぁ、うちの場合は抱っこしちゃうのですが・・。
Commented by nemo_2014 at 2018-03-17 23:44
わー、すごいですね!赤ちゃんが見られたなんて羨ましいです!!!!
赤ちゃんと言え、鼻筋はしっかりしているし、口元がへの字でお母さんそっくり。小さくてもヒョウはヒョウだなあ。絶対ニャアなんて言いませんしね。
ヒョウは短足でずんぐりしてるなんて言う人もいますが、大型ネコ科では一番美しいバランスだと私は思っています✨

ついにヒョウが現れたので、ついついコメントしてしまいました(笑)
次の記事も楽しみにしてます!
Commented by surgeon24hrs at 2018-03-18 02:32 x
こんにちは。

うわー、素晴らしい体験をなさっていらっっしゃるのですね。
5−6メートルなんて至近距離まで近づけると言うのもビックリです!
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-03-18 08:01
yocoさん、おはようございます
過去4回の訪問で、生後1年未満の赤ちゃんと出会ったことは2回あったのですが、
生後2ヶ月のヒョウの赤ちゃんは、最年少記録。
もうドキドキしてしまい無我夢中。
でも遠い時は100~400mm、近くを通る時は24~105mmと、
2台のカメラを交互に使いながら、操作だけは無意識でも間違えずにやってました。
座り込んでは、ママを呼んでましたよ。こういう時は赤ちゃんも、ミルクちゃんも一緒なんですね。
自分も車から降りて、抱っこしに行きたかったです(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-03-18 08:12
nemoさん、おはようございます
ライオン、チーター、ヒョウを比べると、ヒョウの顔が一番整っていて、迫力があるように感じます。
ヒョウ柄の模様も綺麗ですよね。
なんといっても口元のへの字が可愛いです。ええ、ニャアとは言いませんよ。シャーに近いです(^。^)
バランスでいうと、ヒョウは均整がとれてますが、ユキヒョウは短足・胴長で、犬でいうと、ダックスフント。
ユキヒョウは、ユキヒョウで、それなりに均整はとれてるけどユーモラスです。
今日はユキヒョウのフクちゃんを撮りに行こうか、6回目のシャンシャンにしようかなんて迷ってます(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-03-18 08:24
surgeonさん、おはようございます
アフリカでも地域によって違うのですが、マサイマラはサファリの本場で、昔からヨーロッパの観光客が、
サファリカーで、動物たちを見学してるので、動物たちもサファリカーを怖がりません。
もう親や、先祖の代から、サファリカーは石ころと一緒と、DNAに刻まれてるみたいです(^。^)
一番近づいた時で、ライオン、チーターは30cm。手を出せば、頭を「ナデナデ」できる距離でした。
私の乗ってるムパタ・サファリ・クラブの車は、側面も覆われていて、窓を開けてみたり、天窓から見ますが、
側面に鋼材が使われてない剥き出しのサファリカーは、30cmまで近づかれたら怖いと思いますよ。
こういう別世界、異次元の経験ができるのが、マサイマラの魅力で、
もしアフリカでサファリをされるなら、私のお勧めはケニアのマサイマラです。
by tabi-to-ryokou | 2018-03-17 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(14)