ブログトップ

旅プラスの日記

毎日16時に投稿している、1年365日の写真ブログです。旅行、動物、祭り、イベント、花、グルメと、ジャンル無しのなんでもあり。毎週土曜日は、シャンシャンの写真をアップする「サタデーシャンシャン」を絶賛??開催中(笑)。ごゆっくりとご覧下さい。


by 旅プラス
プロフィールを見る
通知を受け取る

農林水産大臣賞に輝いた「和金」は、体長30cm、紅白の色と、つやがよい。

4月15日、日曜日、関東は朝から雨。雨では上野動物園のシャンシャンも、リキ君も、水元公園のカワセミも、あしかがの藤の花も、撮影がきびしい。

そこで選んだのは室内で観賞ができて、撮影もできる江戸川区船堀の「日本観賞魚フェア」。
タワーホール船堀の会場で、最高賞である農林水産大臣賞に輝いたのはこの「和金」。

b0291402_19182250.jpg



自分、金魚は全くの素人ですが、この和金は体長30cm、白と赤の対比や、色つやがよいのが評価されました。

隣の水槽は、水産庁長官賞に輝いた「琉金」。こちらも綺麗なツートンカラー。

b0291402_19183257.jpg



会場はというと、約70品種の金魚、計400匹が、大きな洗面器に入れられて展示されてます。

b0291402_19184136.jpg



中には目が上についていて、ギョッとする「金ギョッ」も。これは「水泡眼」という名前だそうです。

b0291402_19184990.jpg



売り物の金魚コーナーは大人気でした。大阪らんちゅう、3匹、1,000円。

b0291402_19190994.jpg



こちらは東錦、12,000円。

b0291402_19192299.jpg



東錦の親は35,000円もするそうです。

b0291402_19193094.jpg



このらんちゅうは25,000円と、10,000円。

b0291402_19194039.jpg



皆さん真剣に品定めをしていますが、売れ筋は1,500円~3,000円くらい。

b0291402_19195298.jpg



「めだかすくい」かと思ったら、「高級めだかすくい」だそうです。
1回300円、2回で500円、すくえなくても、2匹お持ち帰りができるそうです。

b0291402_19200170.jpg



全国の金魚生産者が集まって、自慢の金魚を展示する「日本観賞魚フェア」。
金魚の名前は和金に、出目金くらいしか知りませんが、珍しい金魚も展示されていて、見応えがありました。
なお開催は4月14日、15日の2日間でした。



トラックバックURL : https://tabitotabi.exblog.jp/tb/28250150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ayayay0003 at 2018-04-16 17:32
こんにちは^^
昨日は、何と「日本観賞魚フェア」へお出掛けだったのですね☆
和金、昔々、従妹が飼ってたことがあるので、少々見たことはあるのですが、名前までは知らなかったです~
優勝した和金、体長30センチとはまるで鯉のよう~(>_<)
こんなに大きくなるのですね~
いったい何を食べて???
普段は、もっと広い場所を泳いでることと想像します(笑)
東錦、35000円とは(@_@)
模様はさすがに優雅です~☆
好きな方にはたまらないのでしょうね~♫
私は、ここで見るだけが良いようです~(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-04-16 21:18
アリスさん、こんばんは
私も金魚をマジマジと見たのは、あの「アートアクアリウム東京展」以来です。
あのイベントは、現在博多で開催中。3月16日から、5月16日までのようです。
金魚で体長30cmというと、金魚と鯉とはどこが違うの?、と思いますよね。
一応調べてみたのですが、金魚はコイ科、フナ属。鯉はコイ科、コイ属。
決定的な違いは、鯉の口もとには2対の口髭があることくらいなので、ちょっと見ても違いは分かりません。
金魚の餌は、お麩、かつおぶし、にぼし、キャベツ、そうめんとかで、何でも食べるそうです。
「東錦」って、名前は米の銘柄にありそうだし、関取にもいたような名前ですね。
35,000円が高いのか安いのか、分かりませんが、品定めして、もっと安い金魚を買ってくお客さんは、
大勢いたので、金魚の飼育は、一部のマニアに根強い人気があるように思いました。
Commented by marucox0326 at 2018-04-16 22:19
こんばんわ。
農林水産大臣賞に輝いた「和金」
そして水産庁長官賞に輝いた「琉金」
どちらもなんだか不敵な面構えですね。
なんか金魚というよりホント鯉ですね、
このくらい大きくて立派だといいもん食べてそう・・・と思ったら
何でも食べるんですか。キャベツにソーメン、僕イケメーン
とは言わなかったでしょうけど^^;
Commented by umitosora14 at 2018-04-16 22:28
今晩は^^
金魚って、大きくなるんですよね^^;
小さいのが金魚って思ってた頃、
20センチぐらいにもなって水槽の中で狭そうな姿を、
知り合いの家で初めて見たときは、ぎょっとしました 笑
ほんとに、鯉みたいでした
でも、好きな人は好きなんでしょうね~
わたしは、金魚はやっぱり小さいのが好きですw
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-04-16 22:58
marucoxさん、こんばんは
確かに金魚の面構えは、なんともいえませんね。
想像では、「素敵だ」が2割、「不敵だ」が8割でしょうか(^。^)
私も慣れてないし、飼育したこともないので、不敵派の1人です。
金魚と、鯉は大きさが違いますけど、同じくらいの大きさだと似てて区別が難しいです。
顔を見て、金魚はあっさり系、鯉は濃い系・・と覚えとけばいいでしょう(^。^)
なんですと~、「キャベツにソーメン、僕イケメーン」
座布団10枚を差し上げましょう(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-04-16 23:09
umiさん、こんばんは
私も金魚は10cm以下と思ってましたよ。
農林水産大臣賞の立派な金魚は体長が30cm。
まさにギョ、ギョ、ギョ~~ッでした(^。^)
金魚を調べたら、金魚自体には満腹感がないらしく、餌を与えれば、与えられただけ、いくらでも食べるそうです。
3日か4日に1回あげるだけでいいのに、食べるからと3時間ごとにあげてると、
お知り合いの家の金魚みたいに大きくなっちゃうそうです。
自分も縁日の金魚掬いで持ち帰った金魚を育てた記憶がありますが、どれも小さかったです。
そして餌のやり方が悪かったのか1週間で全滅。それ以来、金魚は止めました(^。^)
Commented at 2018-04-16 23:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-04-17 05:25
23:36鍵コメさん、こんばんは
そうでしたか。同じく先輩にあたりますが、私は1997年だったので卒業してます。
その後も毎年のようになにかあり、考えること、準備したことは沢山ありましたが、
幸いにも土俵際で粘ってます(^。^)
Commented by kaorunchoko at 2018-04-17 12:52
❤旅プラスさん こんにちは!
「和金」見事ですね!って。。。何が見事で何が賞に値するかはイマイチ???
でも、金魚としての大きさと、くっきり綺麗に分かれた赤と白、
確かに色つやが良いですもんね(^^)v
大臣賞獲得までにはご苦労も多いかと想像します。
「金ギョッ」私もビックリしましたよ!奇形ですよね。。。
その奇形を交配して、きっと今のギョッが出来ているんでしょうね(^_^;)
魚は得意ではないので、飼う事は無いと思いますが、マニアには堪らないんでしょうね!
以前叔父(母の弟)がメダカにハマり、
珍しいメダカをネット購入しては増やして喜んでました(^_^;)
確か楊貴妃とかダルマとか光る物とか色々有ったような記憶が・・・
「アートアクアリウム」いつか行ってみたいと思いつつ、まだ見た事無いんです。
今年は見られるかな?!
雨の日でも、しっかり取材!お疲れ様ですm(__)m
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-04-17 15:24
kaoruさん、こんにちは
「和金」「琉金」「出目金」は、私も守備範囲外。
「闇金」とは縁が無く、「借金」も完済しました(^。^)
評価基準は全然分かりませんが、好きな金魚は「黄金」、「金塊」、「一時金」あたりです(^。^)
「金ギョッ」ですが、毎年観に行ってる「変化朝顔」を思い出しました。
遺伝子交配で、なんでもできてしまうって、ちょっと怖いです。
楊貴妃とダルマは、メダカの種類なんですね。
お酒の銘柄かと思いました。サントリーのだるまにはお世話になりましたから。
明日は水曜日なので、休みなんですが、明日も雨なんです。
もうまいりました。傘を差しながら、シャンシャンでも見ようかなんて思ってます(^。^)
by tabi-to-ryokou | 2018-04-16 16:00 | | Trackback | Comments(10)