ネコ好きにはたまりません。再び心配なチーター4兄弟(多摩動物園)

5月2日に訪問した、多摩動物園のチーター4兄弟です。

檻の前に「足を故障したチーターがおり、公開は3頭の場合もあります」という案内が!!
ブランカの怪我がまだ治らないのかな、と思い待っていると出て来ました。

やはり3頭です。

b0291402_08250478.jpg



元気に走り出しました。

b0291402_08251370.jpg



ブランカです。

b0291402_08252315.jpg



良かった、ブランカの足の怪我は回復してました。

b0291402_08253036.jpg



4兄弟の中で唯一の男の子、レンです。

b0291402_08254206.jpg



後ろでジャンプしてるのがレン。元気一杯です。

b0291402_08255263.jpg



そしてこの子はレリア。猛スピードで走ってます。

b0291402_08260094.jpg



この日、一番元気がいいのはレリアでした。

b0291402_08261207.jpg



・・・って、ことは、ここにいないのはマルタです。マルタは大丈夫でしょうか。
こちらは、走り疲れて、ゼーゼーしてるレリア。

b0291402_08293631.jpg



それほど走ってはなかったけど、やはり疲れた表情のブランカ。

b0291402_08294586.jpg



なんとなく一緒にいることが多かった、左がレン、右がレリア。

b0291402_08295428.jpg



レリアは4頭の中で一番大きくて、レンは一番チビ。
今度は手前がレリア、奥がレンです。

b0291402_08300229.jpg



昨年2月8日に生まれたアイガー、ジョラス、クラリスには、足の故障が無かったのですが、4ヵ月後の6月8日に生まれた4兄弟は故障続き。
母親が常に一緒にいた3兄弟と、母親が生後2ヵ月で亡くなってしまい、4頭だけで暮らしてる4兄弟との違いでしょうか。
今はガラス展示場で、時間も11時から11時30分の公開ですが、隣の大放飼場なら草地なので、足の負担も軽いはず。
はやく4兄弟がのびのびと大放飼場を走る姿を見たいものです。
なお、アイガー、ジョラス、クラリスは、シュパーブ母さんと親離れ・子離れして、3頭で暮らしており、大放飼場で午後に公開されています。



by tabi-to-ryokou | 2018-05-08 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : https://tabitotabi.exblog.jp/tb/28298995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by liebekatzen at 2018-05-08 16:42
おはようございます!
今日のブログタイトルを見て、心配で飛んできましたー。
ママとすぐに悲しいお別れをした4兄弟は故障続きなんですね…
それを思うと、やっぱりある程度までは母親の愛情を注いで
育てた方がいいのでしょうね。
マルタちゃん、早く元気になりますように☆
Commented by o-rudohime at 2018-05-08 17:23
食住満ち足りているのにこのスマートさがうらやましいです。
早くして親を亡くした子は矢張り違うのですね。
人間も母乳で育てると免疫が出来丈夫だと言われますからね。
猫好きでなくともこの光景を見ると頬がたるみますよ。
Commented by momophoto at 2018-05-08 17:59
3頭展示と言うのは見ていましたが、マルタだったのですね。
走ってる姿を写真で見ても、もう狭く感じますよね。
母が亡くなってしまうと、野生ではもちろん、園でも難しいことが色々あるのですね。
Commented by u-tan1114 at 2018-05-08 19:28
姉弟が走ったり、遊んでいる姿を見れてよかったですね。
でも、ケガは心配です。
ユキヒョウのことを教えてくれた方が
この姉弟は母親が早くに亡くなってしまったので、子供が
危険なことなどを教えられなかったので、注意できなくて
ケガをしてしまうんじゃないかと言ってました。
人間もそうですよね。
それだけ母親の存在は大切なんですね、そう思うと、フクちゃんは幸せですねー
Commented by kaorunchoko at 2018-05-08 19:39
❤旅プラスさん こんばんは☆
待ってましたの4兄妹!あれ?また故障者(>_<)
お転婆ブランカが復活したら、今度はマルタなんですね。。。
レン君のジャンプ!バッチリでしたね~♫
れリアのダッシュもバッチリ(*^^)v流石ですね!
ちょこはもうあまりダッシュしないんですが、従妹の家のチコちゃんが
若いので、めっちゃ動きがいいんですよ~♫でも全部ブレブレでした(>_<)
コンデジでも撮れるコツありますかね(^_^;)

3兄妹は遂にお母さんと別々になったんですね!
やっぱりずっと母親と一緒にいると強い子になるのかな!?
そうだ!フクちゃんもかなり手荒いスパルタミミ母さんに
本気の特訓ウケてるから、きっと怪我しないでしょうね(^_-)-☆
Commented by ayayay0003 at 2018-05-08 20:02
こんばんは^^
マルタちゃん、心配ですね~^^;
お母さんがいないとやはり、怪我とかし易いのでしょうか?
3兄弟は、怪我とか聞いたことないですものネ!
3兄弟、ついに親離れなのですね~
また、3兄弟も取材を楽しみにしています(^_-)-☆
それにしても4兄弟、大きくなりました(*^_^*)
Commented by yocomilk at 2018-05-08 20:10
こんばんは♪
タイトルを見てドキドキ・・
読みながらドキドキ・・
旅プラスさんも案内を読んでドキドキされたことでしょう。
心配になりますね・・
やはり母親がいないのが色々とバランスを崩すのでしょうか。
早く治ると良いですね。
遊んでいる姿、可愛いけれど、旅プラスさんの説明を読んでもなかなか見分けがつきませんよ~。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-05-08 20:33
liebekatzenさん、こんばんは
「ネコ好きにはたまりません」というタイトルで、毎回真っ先に、いらっしゃって下さるのが 、
liebekatzenさんですよ。いつもありがとうございます(^。^)
きっと、チーターの母親は、子供が危険な行動をしたら、すぐに、叱ると思うんですよ。
この4兄弟には、叱る母親がいないので、危険な遊びも平気でしてしまうのかもしれません。
自分もマルタが心配なので、近いうちにまた出かけてみますね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-05-08 20:42
himeさん、こんばんは
ケニアで野生のチーターを何回も見ましたが、彼らは食後はお腹がパンパンに膨らんで、
まるで地面にくっ付きそうなくらいまで膨らみます。
でも3日とか4日とか、狩りに成功しないと、お腹はペチャンコで、この写真の子みたいになってしまいます。
動物園のチーターは、規則的に食事が与えられるので、食いだめをする必要もないし、スマートなんでしょうね。
やはりこの4兄弟は、母親がいないで育ったということで、怪我をしやすいとか、ハンディキャップがあります。
まずは、マルタが怪我から早く回復してくれることを願い、また近々訪問してみます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-05-08 20:58
ゆうさん、こんばんは
前回がブランカで、今回がマルタ。本当に故障続きですが、マルタは、どんな状況なんでしょうね。
アイガー、ジョラス、クラリスが、大放飼場にデビューしたのは8月だったので、その時は生後6ヵ月。
一方の、4兄弟は今、生後11ヵ月なのに、まだ狭いコンクリートのガラス放飼場。
これも怪我をしやすい要因かもしれませんね。
悩ましい問題ですが、今を見守るしかありません。
多摩、上野、多摩、上野と順番に行ってるのですが、明日は上野の順番。
シャンシャンと会うつもりですが、寝てるやら、起きてるやら。運次第ですね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-05-08 21:07
u-tanさん、こんばんは
思ったのですが、あのガラス放飼場は床も、壁もコンクリだし、もう生後11か月になった4兄弟が
あそこで、一緒に走り回るには狭いし、怪我する危険性も高いと思います。
4兄弟の飼育員さんも、悩みながら育てていると思いますが、きっと母親がいない4兄弟は
危険を知らないので、あの広い放飼場に出すのが、ちょっと心配なんでしょうね。
でも、あちらは草地だし、思いっきり走れるし、できれば走らせてあげたいですね。
本当に危険は、母親が訓練して教えるものなんですね。フクちゃんは大丈夫ですよ。
あんだけこっぴどく教育されてるから、怪我もしないと思います(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-05-08 21:43
kaoruさん、こんばんは
本当に故障者が絶えない4兄弟です。3兄弟は、あれだけ活発に走っていても、故障者は出なかったんですけどね。
はい、レン君ジャンプも、レリアのダッシュも任せて下さい。
走るチーターを撮らせれば、もうセミプロですから(^。^)
カワセミのダイブを撮ってる先輩方は大勢いらっしゃるけど、
チーターのランや、ジャンプを撮ってるカメラマンは、まだ少ないですから(^。^)
そうそう、コンデジでも撮れますよ。オートじゃなくて、シャッタースピード指定にして、
そのシャッタースピードを、2000分の1秒にすれば、まず撮れます。
もし暗く映ってたら、編集段階で明るくすればOKです。
フクちゃんも、ミミ母さんの行動を見ながら、ここまでOK、ここから危険というのを学んだと思います。
4兄弟はそれがないから、今度自分が檻の中に入って熱血指導したいくらいです(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-05-08 21:52
アリスさん、こんばんは
マルタちゃんの状況を聞きたかったのですが、その日は飼育員さんが、我々の方に出て来なかったのです。
列を誘導してる女性係員に聞いたら、あっさり「わかりません」と言われてしまいました。
やはり飼育員さんしか分かりませんよね。
動物は、ここは安全なのか、そこからは危険なのか、母親の背中を見ながら学んでると思います。
なので、その背中が見えない4兄弟は、危険なことでも、ついやってしまうんでしょうね。
3兄弟はシュパーブ母さんとは、分かれましたが、そろそろ男の子と、女の子の兄弟が同居するというのも
限界らしく、今度はアイガー、ジョラスと、クラリスが別れるみたいです。
肉食動物の家族も大変ですね。
Commented by fleunn at 2018-05-08 21:52
厳しくも優しくも 母親の存在おおきいのでしょうね マルタはょ 良くなって みんな 元気に走り回る姿を見たいです(*^^*)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-05-08 22:02
yocoさん、こんばんは
ごめんなさい、ドキドキさせてしまって。
私だって、「どの子が???」、ともうドキドキでした。
ブランカが元気に走ってたので、ちょっと安心しましたが、2頭目の故障者はマルタでした。
でも、きっとすぐ復帰すると思います。
やはり母親の背中を見て学べないというのは大きいですね。
母親を見てれば、ここは安全、これ以上は危険とか、見て学ぶと思いますが、その母親がいないのは不利ですよ。
チーター兄弟の見分けは難しいんですよ。これは常連さんにならないと、難しいのですが、常連になっても、
撮った写真を見ながら、判別法を自分で見つけていくという地道な作業が必要です。
でも、ホッペタの模様が全員違うというのがポイントです(^。^)
是非、「多摩にも、たまには」、いらっしゃって下さいね(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-05-08 22:12
fleunnさん、こんばんは
確かに、生後2ヵ月で、母親が亡くなってしまい、飼育員さんに育てられているというのが、
この子たちにとっては、大きなハンディキャップです。
飼育員さんだって、4兄弟にミルクをあげながら、ここまで育てるのは、並々ならぬ苦労だったと思います。
やはり4兄弟は、自然に対する訓練が、まだちょっと足りてないのでしょうね。
でも、今はもう11ヶ月だから、いつまでも子供ではないし、段々と逞しくなっていくと思います。
大人になるまで、あとちょっと。見守りたいと思います。
Commented by umitosora14 at 2018-05-08 22:38
今晩は^^
故障続きの4兄弟、どうしてなんでしょうね。。。
母親と一緒に育てなかったのが原因とすると、
親の動きを見て、身のこなしのコツとかも掴むのかなぁ
でも、飼育員さんの愛情をたっぷりもらって、
無事に元気な大人になってほしいです
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-05-09 07:42
umiさん、おはようございます
> 親の動きを見て、身のこなしのコツとかも掴むのかなぁ
おっしゃる通りだと思います。
やはり親の背中を見て育つといいますか、親がやることは安全だからと真似し、
親がやらないことは危険だから真似しないというDNAが、あるんでしょうね。
この4兄弟でも、最初に怪我をしたブランカなんかは、かなりのお転婆で、
垂直の金網の高いとこまで平気でジャンプしてました。
もうじき1歳ですから、このまま元気に育って欲しいですね。
また近々、見に行ってきます。
<< 白浜の名の通り真っ白でサラサラ... 出没!アド街ック天国、本日は東... >>