ブログトップ

旅プラスの日記

毎日16時に投稿している、1年365日の写真ブログです。旅行、動物、祭り、イベント、花、グルメと、ジャンル無しのなんでもあり。毎週土曜日は、シャンシャンの写真をアップする「サタデーシャンシャン」を絶賛??開催中(笑)。ごゆっくりとご覧下さい。


by 旅プラス
プロフィールを見る
通知を受け取る

花菖蒲  撮られ詠まれる  江戸美人 (足立区、しょうぶ沼公園)

下町の花菖蒲というと、200種、6,000株が咲き誇る「堀切菖蒲園」が有名ですが、最近は観賞客が多くて、
しゃがみ込んでアップを撮ろうなんてすると、押されて「ドボン」なんて危険もあるし、他の観賞客の邪魔にもなります。

そこで、今年は足立区の「しょうぶ沼公園」を訪ねました。140品種、8,100株の花菖蒲が咲きますが、区の公園なので入園無料、隠れた穴場です。
5月26日に、じっくりと、しゃがみ込みながら(笑)、美しい花菖蒲を選んで撮ってきました。

鮮やかな色彩の「江戸紫」

b0291402_08425742.jpg



こちらは「北の天使」

b0291402_08430696.jpg



名前が好きです、「薄化粧」

b0291402_08431895.jpg



木立に囲まれた五つの菖蒲田には木道があるので、真上から花菖蒲を撮ることができます。
園内には滝や、せせらぎ、三連水車もあり、周囲の喧騒が嘘のような、のどかな公園です。

b0291402_08433397.jpg



主役は「爪紅」、背景のボケは「江戸紫」

b0291402_08434316.jpg



真田丸にも登場しました、「吉野太夫」

b0291402_08435529.jpg



これから咲こうかという蕾は「翠映」

b0291402_08440656.jpg



木道には、小さな女の子と、ママに抱っこされた赤ちゃんも。

b0291402_08442014.jpg



下から花を見上げてみた「五月晴れ」

b0291402_08442813.jpg



ブラインド撮影で、真下から。

b0291402_08443712.jpg



この「しょうぶ沼公園」ですが、昔は野生の花菖蒲が咲く沼だったそうです。場所は千代田線北綾瀬駅下車徒歩1分。
この公園を造成し、花菖蒲を育てている「足立区さん」に感謝です。素晴らしい区立公園でした。



トラックバックURL : https://tabitotabi.exblog.jp/tb/28343277
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by liebekatzen at 2018-06-01 17:12
おはようございます!
たった今汗だくで掃除を終えたところなので
今日の花菖蒲を拝見し、一気に清々しい気分になりました。
こんなに色々種類があるのですね〜。
私が気に入ったのは…爪紅です♪
背景の江戸紫がいい仕事してくれていますからね(笑)
Commented by umi_bari at 2018-06-01 17:23
区の施設で無料は有難いですね、ワイドもマクロもいっぱい撮れますね。背景暈し、お見事バグースです。
Commented by ei5184 at 2018-06-01 17:34
花菖蒲の時季が来ましたね~
私も近場から訪ねて行こうと思っていました。
今年は何だか関東の方が、早く咲き始めたとか?
Commented by pikorin77jp at 2018-06-01 18:20
私も 菖蒲園に撮りにいきたいなと思っています。
背景の色 ボケがとっても素敵で美しいですね。
Commented by ayayay0003 at 2018-06-01 18:43
こんにちは^^
私は、2枚目の「北の天使」が好きです~♡
写真的には5枚目の背景暈しの色が好きです(^_-)-☆
足立区が運営してる菖蒲園、良いですね~
やはり4枚目の木道があるところが撮りやすくて良いと思います♪
こちらの方では、あまり見かけないです~
8枚目の小さい女の子とママさん、赤ちゃんの写真、見ててほのぼの、良い感じです~
色とりどりの菖蒲も素敵ですね(^_-)-☆
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-06-01 21:01
liebekatzenさん、こんばんは
お掃除、お疲れさまでした(^。^)
日本の花菖蒲は、江戸時代から新種の開発や、品種改良が進められて、今では5,000種類もあるそうですよ。
江戸時代の中期には、もうハナショウブ園が、堀切に開かれて、庶民が楽しんだと言われます。
爪紅は、ちょうどいい場所に咲いててくれました。
白と、紫は、お互いに惹き立てあってくれますね。
花菖蒲は今が咲き始めなので、もう1回撮影に行けるかもしれません。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-06-01 21:06
アラックさん、こんばんは
ここは幸いに、コインパーキングが近くにある公園なので、駐車場から歩く距離は200mくらい。
持ってるカメラと、レンズを総動員して、カメラ2台、レンズ3本を持ち込みました。
・・・といっても、殆どの写真は、マクロか、望遠の2本で撮ってます。
今が咲き始めなので、あと2週間くらいは楽しめそうですよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-06-01 21:13
eiさん、こんばんは
毎年なら、関東の花菖蒲は6月中旬からなので、殆どの公園の「しょうぶ祭り」も6月中旬に設定されてます。
でも今年は5月の最終週には3分の1は咲いてしまいました。
やはり気温がずっと高かったので、そうなってしまったようです。関西は、ちょうどこれからですか。
ならば、あと2週間はたっぷり楽しめますね。
関東は、トマトも、キャベツも、レタスも大豊作になってるらしく、値段は昨年の8割から9割とか。
嬉しいような気もしますが、農家の方々は大変だなあと思います。
eiさんの花菖蒲の写真、楽しみにしてますね。でも千賀遥さんの写真のがもっと楽しみです(笑)
Commented by umitosora14 at 2018-06-01 21:22
今晩は^^
綺麗に咲いてますね~
園内には滝や、せせらぎ、三連水車、ですか?
和の風情がたっぷり味わえる、素敵な庭園^^
私の好みは。一枚目の江戸紫♪
やっぱりこの色、深いですね~

Commented by tabi-to-ryokou at 2018-06-01 21:25
ぴこさん、こんばんは
今回は上の2枚が70-300mmの望遠、
そして、薄化粧とか、吉野太夫が100mmのマクロです。
最後の下から見上げたショットも100mmマクロでした。
首から、望遠を付けたカメラと、マクロを付けたカメラと、2台ぶら下げながら撮ってたので、
カメラを菖蒲田に落とさないようにだけは、注意してました(^。^)
ボケは、望遠がいいのか、マクロがいいのかは、撮る人それぞれでしょうね。
私は一長一短があると思うので、どうしても2台持ちになってしまいます。
菖蒲園に行かれたら、色々試してみて下さいね。楽しみに待ってます。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-06-01 21:40
アリスさん、こんばんは
この「北の天使」はとても綺麗な、江戸系の花菖蒲でした。
1枚目、2枚目の写真の後方のボケの色は、望遠だから出る色で、マクロだと、なかなかこうはいきません。
そうそう5枚目も、望遠で撮ったボケの色です。
でもマクロで、もっと近づいて撮りたくも、なってしまうんですよね。
こんな小さな公園で、カメラを首から2本もぶら下げてるカメラマンはいないのですが、
ついつい、両方で撮って試してみたいので、変なカメラマンのおじさんと自覚しつつも、2本持ちで撮ってます(^。^)
8枚目は、ご近所のママさんだと思うのですが、あんな小さな赤ちゃんも連れて、観賞してました。
ちょっとほのぼのする光景でしたよ。距離が離れていて「撮らせて下さい」という声かけができなかったので、
遠くて顔が目立たない写真を選びました。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-06-01 21:50
umiさん、こんばんは
そんなに大きな公園ではないのですが、水車までありました。
写真の4枚目に、その水車が小さく写ってます。
1枚目の江戸紫は綺麗な紫でしたよ。
昔なら、桃屋の佃煮を思い出してますが(^。^)、現在なら、
スカイツリーのライティングに採用された紫色が「江戸紫」なので、そちらを思い浮かべます。
江戸紫の正式な定義は、江戸で染められた紫の意味で、青みをおびた紫のことだそうです。
なんか、深いですねえ。
紫と黄色は補色の関係にあるので、江戸紫の背景の黄緑色は、江戸紫を、より惹き立ててくれました。
Commented by minibears at 2018-06-02 08:46
こんにちわ。

花菖蒲も素敵ですが、いつも気がついたところ旅プラスさんのタイトル5・7・5の句はお上手です!!
この写真を撮るときの注意は、ドボンっとされないことですかね(笑)
旅プラスさんは、薄化粧。。。がお好きなんですねぇ~(^_-)-☆
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-06-02 11:38
marukoさん、こんにちは
「旅プラスさんのタイトルは、いつも長い」、と言われることがあり、
それなら「5・7・5」で、17文字ならちょうどいいだろうと、最近は俳句調が増えました。
でも自分の俳句の知識といえば、木曜夜7時のプレバトをみてるくらいなので、全くのド素人。
でもあの番組を観だして、「そこはちゃうやろ~、季語があらへん」なんて、
テレビに向かって、「凡人」を批評したりしてるうちに、自分でも俳句を作るようになりました。
自分が自分を評価しても、やはり「凡人」なので、まだまだですが、最近はちょっとだけ創作欲が湧いて来ました。
はい、菖蒲田への、ドボンだけは避けましょう。
自分は助かっても、多分カメラはご臨終ですから(^。^)
ハ、ハ、薄化粧!!、なんか言葉の響きもいいですね。
紫陽花や、薔薇にも、薄化粧なんて名前があったらいいのにと思います(^。^)
Commented by yocomilk at 2018-06-02 11:41
こんにちは!
1枚目から美しくてドッキリしました。
背景の緑に紫が映えて綺麗すぎます!
(私、菖蒲のお花の撮影は苦手です・・。)
そういえばたしかに堀切菖蒲園ではドボンと行ってしまいそう。明治神宮も・・。
菖蒲に行くなら今年はこちらにしたいと思いました(^^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-06-02 16:00
yocoさん、こんにちは
青紫の補色が黄色、紫色の補色が黄緑なので、1枚目の写真は補色の関係。
なので色彩が際立つ効果があります。
でも、この写真は意識したわけでなく、偶然です。
画家ではゴッホや、スーラが補色を意識的に使ってるように見えます。
菖蒲を撮る時、どうしても花の高さにカメラを合わせたくなりますよね。
しゃがんでも安全な菖蒲田と、危険な菖蒲田がありますから要注意です。
堀切菖蒲園の見頃の時期は、本当にあの狭い道がスーパーの特売場みたいになるので、
危険覚悟で「いざ、勝負」となりますね(^。^)
今晩は、年に2回の部活の同期会。遠い地方からわざわざ上京してくる同期もいて、皆さんかなり呑みます。
私も今晩は「いざ、勝負」です(笑)
by tabi-to-ryokou | 2018-06-01 16:00 | | Trackback | Comments(16)