ブログトップ

旅プラスの日記

毎日16時に投稿している、1年365日の写真ブログです。旅行、動物、祭り、イベント、花、グルメと、ジャンル無しのなんでもあり。毎週土曜日は、シャンシャンの写真をアップする「サタデーシャンシャン」を絶賛??開催中(笑)。ごゆっくりとご覧下さい。


by 旅プラス
プロフィールを見る
通知を受け取る

エコール・ド・パリを中心に(松岡コレクションの特別展示)

10月13日まで松岡美術館の2階にて、エコール・ド・パリを中心とした特別展示を開催中です。
展示室5、展示室6に、40点の作品が並び、松岡コレクションの素晴らしさを堪能してきました。
全ての作品が写真撮影可能ですが、その中でも私が好きな画家の作品をご紹介しましょう。

展示室5は、キスリング5点、ユトリロ5点、シャガール5点が圧巻でした。

b0291402_22183027.jpg



左からユトリロのオルテーズのサンピエール教会、モンマルトルのジュノ通り、アン県の教会。

b0291402_22183890.jpg



同じくユトリロのキュスティーヌ通り。

b0291402_22184725.jpg



シャガールの赤い輪。

b0291402_22185565.jpg



ここからはシャガールが続きます。青い鳥。

b0291402_22191193.jpg



画家と女。

b0291402_22192041.jpg



ラ・ペ通り。

b0291402_22192965.jpg



婚約者。

b0291402_22193717.jpg



展示室5にあった他の作品では、左からデスパニャの、花と青い壺。
真ん中はヴュイヤールの、フリデット・ファットン夫人の肖像、右は同じくフレシネ夫人です。

b0291402_22201047.jpg



モディリアーニも1点ありました。若い女の胸像(マーサ嬢)です。

b0291402_22201993.jpg



他所の美術館から借りるわけでもなく、所蔵するコレクションだけで、このような特別展示ができてしまうところが、
松岡コレクションの凄いところ。
次回に続きます。


トラックバックURL : https://tabitotabi.exblog.jp/tb/28635208
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by aamori at 2018-09-12 16:45
いいですねぇ、、好みの絵が並んでいます。
写真撮影もいいなんて、、、
ユトリロ、好きなんです。
一度訪ねようかな、出不精ですが、、
Commented by ayayay0003 at 2018-09-12 17:20
こんにちは^^
松岡美術館のことは、あまり知らなかったのですが
旅プラスさんの日記で知れて嬉しいです~(^-^)
凄いコレクションですよね~
個人で収集したというのが凄い!(^^)!
シャガ―ルもユトリロも好きな画家さんなので
いつか鑑賞しに行きたいです~♡
陶磁器や仏像とかのコレクションも凄いみたいですね~♫
Commented by umi_bari at 2018-09-12 17:30
作品はもちろん素晴らしいですが、なんと言っても、撮影が出来るのが有難いですね、バグースですね。通常は撮影禁止ですからね。
Commented by kaorunchoko at 2018-09-12 20:27
❤旅プラスさん こんばんは☆
今日は途中爆睡してないですよ(笑)
いやぁ~しかしまぁ・・・凄いですね。。。
美術に詳しくない私でさえも、知っている画家のオンパレード\(◎o◎)/!
しかも、その作家の特徴がバッチリな作品ばかりですよね!
シャガールってほんと不思議だわ。。。
モディリアーニも・・・これぞって感じ。。。ホント凄いですね!
どうもバロック期の物が好きなので、馴染めない感じですけど・・・
これだけ揃うと圧巻だろうな!って言うのは感じます(^_-)-☆
写真撮ってもOKなのって、有り難いですね!
見せていただきありがとうございました~♫
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-09-12 20:56
ATSUKOさん、こんばんは
好みの絵ですか。良かった。
実は、この日記にはあと1回だけ続きがあって、さらに、藤田嗣治、ローランサン、ピカソの絵画が登場予定です。
どうですか。やはり本物を観たくなったでしょう(^。^)
白金台駅1番出口から徒歩7分。プラチナ通りを散歩すれば、あっという間に松岡美術館ですよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-09-12 21:06
アリスさん、こんばんは
松岡美術館のことを知ってるという人は、日本全国でも少ないと思います。
残念ながら有名ではありませんから。なので、「隠れ家的美術館」(^。^)
いつもすいてるし、コレクションは多いし、自信を持ってお薦めできる美術館です。
陶磁器や、仏像のコレクションも凄かったのですが、残念ながら自分が、よく分かってない分野なので、
撮った写真は、僅かでした。
いつかyocoさんが日記に書かれてた、国立科学博物館付属自然教育園や、庭園美術館も近いので、
3ヵ所で半日はちょっときついけど、1日の散歩にはちょうどいいと思いますよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-09-12 21:17
アラックさん、こんばんは
撮影できるかどうかは、勿論主催者である美術館が決めるのですが、所蔵コレクションはまず撮影可です。
松岡美術館は展示する全ての作品が所蔵品なので、全館が撮影OKです。
上野の国立西洋美術館の場合は、常設展示は、松方コレクションなので撮影可。
特別展の展示品の場合は、殆どが他美術館からの借り入れなので、撮影不可です。
なので、どの美術館がというよりも、借入作品かどうかが撮影の可否の重要ポイントになってます。
やはりこればかりは所蔵してる美術館の意向が最優先されるので、仕方がないですね。
所蔵コレクションが多い美術館が、写真も撮りたい愛好家に有難い美術館です。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-09-12 21:32
kaoruさん、こんばんは
あれれ、今夜の女王様はもう登場ですか(^。^)
深夜に馬車をお迎えに出そうと思ってましたが(笑)
こんな名も無い美術館に、こんな作品があるのかという「隠れ家的美術館」なんです。
シャガールも、モディリアーニもありますが、倉庫にはもっと沢山の作品があるみたいです。
だって、エコール・ド・パリという特別展示なのに、以前に自分がここで観た、ルノアールなんかは、
倉庫に隠してたくらいですから。
バロック期の絵画が好きですか。レンブラント、カラヴァッジョ、ベラスケス、ルーベンスですね。
ここのコレクションは印象派以降が殆どです。多分バロック期の画家の作品はオークションには
出てこないし、日本人の個人コレクターが買うにはには金額的にも難しいからでしょうね。
ここは気楽に普段着で観れる美術館。いつかプラチナ通りを散歩する機会がありましたら、寄ってみて下さいね。
Commented by kogechatora at 2018-09-12 21:34
松岡美術館…場所は知っていたけど中身は全くノーマークでした!!
所蔵品だけでこんなに素晴らしい展示ができる美術館だったんですねー

プラチナ通りは仕事帰りのウォーキングコースだけど…仕事帰りにこの辺りを通るのは7時8時…では遅すぎますね…
休日にお出かけすることにいたしますー
Commented by yocomilk at 2018-09-12 22:26
こんばんは!
すごいコレクションですね!
私でもわかる作者です(^^;
しかも撮影オッケーなのも太っ腹(^ ^)
こちらは知る人ぞ知る、美術館なのですね。
旅プラスさんはご出身だからお詳しいのでしょうか。
私も次はこちらもコースに入れたいと思いました!
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-09-12 23:15
kogechatoraさん、こんばんは
松岡美術館は新橋にあったのですが、2000年に、こちらに越してきました。
コレクションは半端なく凄いです。
そして場所もいいとこですよね。プラチナ通りからちょっと奥まった1等地ですよ。
仕事帰りにここを通られるんですか。
神楽坂の夜の灯りが懐かしくなったりしませんか(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-09-12 23:25
yocoさん、こんばんは
絵画は殆どが印象派以降の作品です。そして有名画家、人気画家の作品ばかりで、豪華ですよ。
私が白金台で暮らしてたのは、1回目が幼少期。
2回目は両親が他界して、空き家になったので、1990年代に3年ほど暮らしました。
でも松岡邸が美術館に建替えられたのが2000年なので、現住所に引っ越してから、この美術館を知りました。
松岡邸は、白金台に暮らしてた時代に、恵比寿三越まで、酒の肴を買いに行く時に、前を通ってました(^。^)
Commented by fujimotosan1979 at 2018-09-13 00:15
好きなシャガールの絵を見ることが出来て嬉しいです。
こちらの美術館、相当なコレクションを所蔵されているようですね。
一度行ってみたいな。
Commented by tabi-to-ryokou at 2018-09-13 07:57
bunbumさん、おはようございます
シャガールの絵はお好きですか。
合計で5点、展示されてました。
10月13日までの特別展示ですが、終わってしまうと、またここの倉庫に戻ってしまうかもしれません。
なんといっても、魅力は他に誰もいない部屋で、シャガールを独り占めできること。
そして撮りたければ、撮って自宅に持ち帰れること(^。^)
このシャガールのためだけに、お出掛けになる価値はじゅうぶんあると思いますよ。
by tabi-to-ryokou | 2018-09-12 16:00 | 絵画 | Trackback | Comments(14)