ブログトップ

旅プラスの日記

毎日16時に投稿している、1年365日の写真ブログです。旅行、動物、祭り、イベント、花、グルメと、ジャンル無しのなんでもありですが、最近はパンダのシャンシャン、ユキヒョウのフクちゃん、ゴリラのリキ君、それからレッサーパンダや、チーターの子供をよく撮ってます。


by 旅プラス
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カワセミは空振り三振のあとに、三遊間のヒット(水元公園)

最近は、たまにしか行くことがないカワセミ撮影。いつも行くのは水元公園のかわせみの里ですが、この日は不動池に行ってみました。

先客は6・7名。皆さんが三脚を立て、カメラを1方向に向けて撮ってるので、既にカワセミがいるみたいです。
慌てて戦列に参加すると、メスのカワセミが、湖面を睨み魚を探してました。

b0291402_08111933.jpg




獲物を見つけたようです。

b0291402_08112718.jpg



ボシャンと水飛沫があがり、池から飛び出すカワセミ。画像がボケボケで申訳ありません。

b0291402_08113666.jpg



残念!!、空振り三振でした。ちょっと残念そうな、この表情(笑)

b0291402_08114415.jpg



今度は別の止まり木から、虎視眈々と獲物を探します。

b0291402_08115415.jpg



一瞬、池に水飛沫が上がったのですが、カメラマンはその速さについていけません。
おっと~、小さな魚を咥えています。ホームランってほどの大きさではありませんが三遊間のヒットくらい(笑)

b0291402_08120185.jpg



この日は、飛び込みも、飛び出しも撮れなかったけど、カワセミ君は獲物が獲れて良かった、良かった。
相変わらず、カワセミ撮影用の三脚、照準器、大砲レンズを持ってないので、400mmレンズを首からぶら下げて手持ち撮影です。
カワセミの飛び込みは、チーターのランよりもはるかに速いので失敗ばかりですが楽しく撮影しています。撮影は12月29日の土曜日でした。


トラックバックURL : https://tabitotabi.exblog.jp/tb/29061111
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by o-rudohime at 2019-01-10 17:00
目線をくれたカワセミやバックシャンのカワセミの色を見ると翡翠と書くのに納得です。
やっと獲った小さな獲物に誰も「リリースしろ!」なんて言えないですね。
Commented by umi_bari at 2019-01-10 17:51
カワセミの飛び出しに、魚をくわえた瞬間、バグースですよ、ホームランですよ。
Commented by aamori at 2019-01-10 18:37
カワセミ、凄い能力デスネ。
小さいのに、凄い、
しかも、かわいくておしゃれな装い。
小さいカワセミの表情まで、
お魚とれて、良かったね‼
Commented by ayayay0003 at 2019-01-10 19:04
こんばんは^^
年末は、お天気が良かったのですね~
カワセミの里の撮影がとてもクリアで素敵です~(^_-)-☆
ボシャンと水飛沫のお写真、なかなか見れないですから
嬉しい瞬間ですよ~♡
カワセミさんのガッカリな表情まで捉えた写真は可愛いですね~♡
小さい魚を加えたシーンは、ややドヤ顔かな(・・?(笑)
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-01-10 21:37
himeさん、こんばんは
カワセミは背中側のブルーも美しいし、お腹側のイエローも美しい小さな鳥です。
遠くからだと背中側のブルーしか見えないことが多いので、翡翠と名付けられたんでしょうね。
想像ですが、1日にこれくらいのサイズの魚を2・3匹捕まえて食べないと
体力が維持できないだろうから、カワセミも結構大変なんじゃないかと思います。
ええ一度、嘴で捕えたら、意地でもリリースしないと思いますよ(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-01-10 21:40
アラックさん、こんばんは
鳥の撮影と、お花の撮影は、自分の自己評価でも5段階中の2点か3点(^。^)
何回も撮りには行ってますが、なかなか上達しません。
カワセミの場合は、そのスピードが、あまりにも速いので、スピードに合わせた機材を
揃えないと、飛び込みや飛び出しは、なかなか撮れません。
まあ、今はこんな写真ですが、気長にみて下さいね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-01-10 21:42
ATSUKOさん、こんばんは
鳥を撮影する「バーダーさん」は、全国に数多くいますが、
カワセミの魅力は、カメラを構えてる 目の前で狩りをしてくれること。
小さくて美しいのに、凄いスピードで、池に飛び込んで、飛び出してくる時は、
写真のように小魚を咥えています。素晴らしい能力ですよね。
私も、このカワセミの狩りの瞬間を撮りたいのですが、目にもとまらぬスピードなので、上手に撮れません。
しばらくは動物写真に集中して、カワセミはボチボチと頑張ります(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-01-10 21:44
アリスさん、こんばんは
そういえば、撮影は年末の12月29日でした。
10連休の2日目だったので、1回くらいは会いにいってみようと出かけましたが、
今回も撮影の壁は厚かったです(^。^)
あの水飛沫が上がった瞬間に、カワセミの顔と目が写っていれば、
良かったのですが、「おいおい、どっち向いてんだい」みたいな写真で、残念でした。
魚を咥えた時は、後ろを向いてましたが、ご本人はきっとドヤ顔だったと思います。
その後は、おもむろに魚を縦に咥え直して、ゴックンと呑込んでました(^。^)
Commented by mamako48722 at 2019-01-10 21:45
時々思うのですが、
小鳥たちの鮮やかな羽の色は、雄がメスを惹き付ける為、とは言え、
色とりどりの彼らは、私達も愉しませてくれますよね。

でも敵からも狙われやすいのでは、と気にもなりますね。
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-01-10 22:59
黄葉さん、こんばんは
オスとメスが、全く違うという鳥は、結構多いです。
一番、オスが目立つ例は、クジャクですね。
カワセミの場合は、どちらも羽根の色は同じで背中がブルー、お腹がイエローです。
見分け方は、嘴の下半分が赤っぽければメス、上も下も黒だとオスなんですよ。
確かに猛禽類から狙われる恐れはあります。カワセミの場合は、大きな鳥が入ってこれない木の繁みに
素早く逃げてしまいます。
鷹とか、鷲とかは空からも目立ち、スピードも遅い鳥を狙うみたいですよ。
この間の1月2日の放鷹術実演では、高いビルの上から鷹が
舞い下りて、鳩を捕まえてました。
こんな都会でも、弱肉強食の営みが繰り広げられてることに、驚いてしまいます。
Commented by GreenKetty at 2019-01-11 07:59
お久しぶりです。
なんときれいなカワセミでしょう!こんなに大きくピントもぴったりに撮れるって素晴らしい!
バードウォッチングで、よく現れるという池でもなかなかお目にかかれない鳥なのでびっくりです。美しいカワセミを見せていただきありがとうございます♡
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-01-11 10:25
G.Kettyさん、こんにちは
大きくて、ピントもぴったりというのは、私の実力でもなく、レンズのお陰です(^。^)
3年前くらいに知り合ったEOS学園の講師は、写真だけは、お金で、幸福が得られますと
おっしゃいましたが、鳥や野生動物を撮るには、ちょっとお金をつかわなきゃ駄目かなと、
清水の舞台から飛び降りて買ったレンズが、100mm~400mm。
2016年からケニアのマサイマラで、野生動物を撮るようになりましたが、サバンナでも、
そして近所の公園のカワセミでも、このレンズが役立ってくれてます。
撮った場所は葛飾区の水元公園ですが、ここに行けば打率8割くらいで、カワセミと会えます。
でも飛び込み、飛び出しとなると、打率は1割以下。
まだまだですが、今後も、もうちょっとスキルアップするように頑張ります。
Commented by kaorunchoko at 2019-01-11 12:30
❤旅プラスさん こんにちは!
確かに!久々にカワセミを見せてもらった気がします(^^)v
やっぱりカワセミって綺麗な鳥ですよね!
このメスはまだ若いのかな?羽もとってもツヤツヤで美しいですね❤
獲物がゲット出来て良かったです(^_-)-☆
↓サバンナの子供ライオン、あぁ~なんて可愛いんでしょ❤
じゃれ合う姿も可愛いし、カメラ目線はニッコリ微笑んでますよ~♫
15mってめっちゃ近いですね!
ディクディクも真っ黒なお目目で可愛いし、マングースも笑える❤
キリンの親子も微笑ましく、本当に動物の写真を見ているとホッとします!
さぁ~あと半日で三連休です(^^)vお互い頑張りましょうね!!!
Commented by tad64 at 2019-01-11 13:12
京都府立植物園内の池にもカワセミが来るので大砲がいつも何台か並んでいます。
あの速さで魚を捕らえるカワセミを手持ちでしかも400mmレンズで捉えるなんて只者じゃないでうよね!
400mmでこれだけ大きく撮れるんですか?凄いです。
Commented by miemie2017 at 2019-01-11 14:22
旅プラスさま
こんにちは^^

本年もたくさんのユニークな写真やエピソードを
楽しく拝見させていただきます~♪
よろしくお願いいたします^^

昨年教えていただいた”かに”!!!
今年も家族全員で美味しく頂きましたよ^^
本当にありがとうございます☆
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-01-11 16:34
kaoruさん、こんにちは
最近、カワセミは、さぼっていて、撮影は1年に5回か6回でしょうか。
このカワセミは、まだ若いメスだと思います。
子育ての時期になると、巣穴を掘るので、ドロベタになったり、
抱卵の時期には、あまり食べれないので、やつれたりとかありますが、
今はモリモリと食べる時期なので、身体は太めで、羽は綺麗です。
ライオンはサファリカーを全く恐れないので、極端な場合は2mとか3mもあります。
そうなると、ちょっと恐いですけどね。
おお~~~3連休ですか。もうあと2時間くらいでしょうか。
私はあと1時間で3連休です。
3外出、3撮影、3日記を狙います。
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-01-11 16:46
tadさん、こんにちは
大きく撮れるのは、この不動池が、そんなに大きくなくて、池の止まり木が
6・7mのところにあるからなんですよ。
逆に近いので、カワセミが飛び出すと、その瞬間にフレームアウト。
「おいおい、どこ行ったんだ」というケースが非常に多いです(^。^)
しかも900gのCanon7Ⅱと、1.6kgのCanon100-400mmですから、合計で2.5kg。
これを振り回しても、なかなかカワセミはフレームに収まってくれません。
只者じゃないくらい、格好良く撮りたいのですが、いつもカワセミが写ってない、
ぼやけた景色を量産してます(^。^)
この池にいらっしゃる常連さんは、全員が、大砲、三脚、照準器の3点セットを持ってられます。
私も買いたいなと思うこともあるのですが、旅行にお金が出て行ってしまうので、
ずっと我慢してます。でもいずれは、ちゃんと道具も揃えてきちんと撮りたいなとは思ってるんですよ。
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-01-11 16:53
Sanshiさん、こんにちは
あ、あのカニ、注文されましたか。
あそこは品質もいいし、大きさも揃ってるし、美味しいです。
我が家も、子供たちが大喜びで食べて、帰っていきました。
今年も、写真を沢山撮りますよ。
沢山撮ってると、写真も比例して上手になってくんじゃないかと期待してるのですが、どうでしょうね。
まあ、進歩があっても、無くても、今年も
旅、写真、ブログで、1年365日のブログを頑張ります。
Sanshiさんも、シュンシュンの写真をよろしく。
いつも楽しみに拝見してますよ。
Commented by sakim5 at 2019-01-12 17:21
カワセミ、たま~に見かけるのですが..いまだ撮れません(涙
なんと手持ちでクリアに。さすがです!
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-01-12 19:46
sakiさん、こんばんは
私も、最初の1年間くらいは全く撮ることができませんでした。
70~300mmの望遠を買った年から、静止画像ならなんとか撮れるようになったのですが、
常連さんたちが撮る、飛んでる写真には、全く及ばない写真ばかりでした。
2016年から、ケニアのマサイマラで野生動物を撮り始めたのですが、
その時に、100~400mmを買って、ちょっとだけましな写真になりました。
でも、未だに飛び込み、飛び出しの写真は5回に1回か10回に1回しかうまく撮れません。
先はまだまだ遠いのですが、常連さんたちみたいに、毎日カワセミ撮りに出かけるような時期がきたら、
大砲レンズ、がっしりした三脚、照準器を買って、本格的に挑戦してみようかと思ってます。
by tabi-to-ryokou | 2019-01-10 16:00 | | Trackback | Comments(20)