ブログトップ

旅プラスの日記

毎日16時に投稿している、1年365日の写真ブログです。旅行、動物、祭り、イベント、花、グルメと、ジャンル無しのなんでもありですが、最近はパンダのシャンシャン、ユキヒョウのフクちゃん、ゴリラのリキ君、それからレッサーパンダや、チーターの子供をよく撮ってます。


by 旅プラス
プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カワセミ君は雪見の宴

昨日(2月10日)は、久々にカワセミの撮影に出かけました。

葛飾区水元公園の不動池で待つこと20分。
若いオスカワセミです。

b0291402_05315156.jpg



前日(2月9日)に降った雪が日陰に残り、カワセミ君には雪見の宴。

b0291402_05315992.jpg



恐らく前日は狩りができなかったのでしょう。さっそくダイブ。

b0291402_05320811.jpg



見事に成功。小さな魚を嘴に咥え、どこかに飛んでいってしまいます。

b0291402_05322085.jpg



しばし待ち時間。ツグミも雪見を楽しんでるような。

b0291402_05322815.jpg



雪見の宴も終わったのか、再び登場のカワセミ君。
再びダイブして飛び出しの瞬間です。

b0291402_05324055.jpg



また、小魚を咥えてます。
上のカワセミがリアル、下のカワセミは映り込み。

b0291402_05324997.jpg


狩りが上手なカワセミ君。
雪を見ながらの、宴は美味しかったでしょうね。
日曜日は常連さんが大勢いらっしゃるので、1時間ほどで撤収しました。


トラックバックURL : https://tabitotabi.exblog.jp/tb/29249762
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by cenepaseri at 2019-02-11 16:08
台湾で知った、翡翠はカワセミのこと。
ブルーと紅いオレンジで翡翠なのですね〜
この羽根で西太后はかんざしを作っていましたね、
きっとカワセミを頭につけたかったに違いありません。
鳥の宝石ですね〜
東京で見られることって幸せですよね〜
日比谷公園でカメラおじさんが大勢でがザワザワしてたので
何かあるのか?尋ねたらカワセミが…と言ってました。
銀座の隣ですよ、東京は凄い…
Commented by rui-asami at 2019-02-11 16:21
こんにちは、お久しぶりです。
水元公園の記事を拝見すると案内された時のことをいつも
思い出します。手織りのレッスンで、話をすると、「いってみたいわ~」と言う返事がこだまのように~~~
素敵な公園ですよね。
雪景色の中のメタセコイヤはどんなかしら。
滑らないよう車の運転を気をつけてくださいね。
Commented by umi_bari at 2019-02-11 16:21
二回もカワセミの捕食、凄いですね。
さらに水鏡とは驚くばかりです。
お見事バグースです。
Commented by rui-asami at 2019-02-11 16:24
そうそう、先日のチーターの画像が出てきた時もコメを入れようと思っていたのですが、
チーターって品の良い顔立ちなんですね。
美しさに見入ってしまいました。
今までの自分のイメージとかなり違っていました。
Commented by aamori at 2019-02-11 17:08
雪でも、飛び込んで魚を獲る、、
えらいなぁと、ちいさいのにね、
cenepaseriさんと同じで、
私も日比谷公園で、カワセミと出会いました。
うれしかった、写真は無理でした。
先日は、ヒヨ鳥が池に飛び込んでました。
あれは水浴び?
水に移ったヒヨドリ、、すごいな、お写真。
最後のは、お見事、
Commented by Diary-17 at 2019-02-11 20:15
カワセミの羽の配色がファッショナブルに見えます。
動物から人間のファッションにも参考になりそうですね。
Commented by tkytora at 2019-02-11 20:40
2枚目✨
場所も雰囲気もフォルムも
ステキです(o^O^o)
Commented by ayayay0003 at 2019-02-11 20:53
こんばんは^^
カワセミくん、お久しぶりです~♡
雪の残る枝に止まってくれるなんて素敵~(^_-)-☆
風流です~
寒くてもダイブしてお魚をとるあたりが素晴らしい!
↑当たり前のことですが!
ツグミくんの背景を見るとかなり東京も雪が降りましたネ!
雪背景の野鳥さんは美しく、流石、雪が降っても撮りにいかれるなんて旅プラスさんだと感心いたしましたよー(^^♪
Commented by tad64 at 2019-02-11 21:57
近くの植物園にある池でカワセミを撮影される方が多く、先日はじめて撮影された写真をその場で見せて頂きました。
しっかりと大きな魚をくわえて水面から飛び立つ瞬間の貴重な一枚でした♪
どうして飛び込むところから飛び立つ瞬間がこんなに鮮明に撮れるのかと驚きでした!
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-02-11 22:11
ぱせりさん、こんばんは
日本では、翡翠と呼ぶ人のが多かったそうですが、最近はカワセミと呼ぶほうが、一般的だそうです。
やはりこのブルーと、オレンジの組み合わせが人気なんでしょうね。
西太后も、かんざしを作ったんですか。
歴史は疎いので、あやふやですが、中国の北京にもカワセミがいたのだと、興味を持ちました。
日比谷公園は時々ですが、カワセミが来ます。そうすると情報網があるのか、
大砲レンズを付けたカメラマンが、4・5名撮りにきます。
でもここのカワセミはまた、パタッと来なくなっちゃうんですよ。
心字池は小さいから、カワセミが活躍すると、小魚がいなくなってしまうのかもしれませんね。
そうそう、ここに来るカワセミの縄張りは皇居だと思います。
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-02-11 22:20
ruiさん、こんばんは
よく覚えてますよ。あの時は、水元公園までお越しいただき、ありがとうございました。
かわせみの里をご紹介しましたが、今回の写真は、もう1か所の不動池のほうです。
かわせみの里の、カワセミは現れたり、現れなかったりで、まだ明確にここを縄張りとする
カワセミが決まってないという噂です。
そしてカワセミが止まる枝木までの距離が遠くて、カメラマンには、ちょっと不利なんです。
そのせいか、常連さんはカワセミまでの距離が短かく、安定して現れる不動池に集まる傾向があります。
なので、私は常連ってほどでもないのですが、最近は2か月に1回くらい不動池に通ってます。
まあボチボチですが、繁殖の時期になると、もうちょっと動きが活発になると思います。
メタセコイアは黄葉の時期も終わり、今は丸坊主で、次の見ごろは新緑の時期になります。
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-02-11 22:23
アラックさん、こんばんは
今回は1時間で、2回ダイブがあって、2回とも狩りに成功していました。
このオスカワセミは凄いです。
池の水は透き通ってましたが、あの小さい小魚を見つけて、ダイブして、
嘴に咥えて飛び上がってくるんですから、達人ですよ。
最後の写真はたまたまです。
雪が降った翌日で、池がきれいだったので、水鏡まで
うまく映ってくれました。
たまたまでも、いい写真が撮れると、また撮りに行きたくなってしまいますね(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-02-11 22:27
ruiさん、こんばんは
チーターは、小顔でお目目はパッチリ。
神様はチーターに、速く走れる強靭で、しなやかな身体と美しさと
両方を与えたのかと思います。
同じアフリカでも、ケニア、タンザニアにはチーターが多いですよ。
毎日とは言えませんが、2日に1回は必ず、野生のチーターと出会えます。
次回のアフリカは、ケニアのほうにいかがですか。
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-02-11 22:29
ATSUKOさん、こんばんは
きっと土曜日は雪のせいで、池の水面が見えず狩りができなかったんだろうと思います。
なので日曜日は、朝から積極的にダイブをしてました。
私が見たダイブは2回だけだったのですが、どちらも小魚をゲットで、
サッカーで2回蹴って、2ゴールを決めた選手みたいに格好良かったですよ(^。^)
日比谷公園のカワセミは恐らく縄張りは皇居なのだと思います。
なので、来たり、来なかったり。でも来ると大砲レンズのカメラマンが集まるので、
「おや、来てるな」とすぐわかるんですよ。
でもヒヨドリの飛び込みはまだ見たことがありません。
夏の暑い日だったんでしょうか。
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-02-11 22:33
Diaryさん、こんばんは
いよいよ、到着ですね。
そして素晴らしいホテル!!
ストレスもなく、のんびりできそうですね。
訪問してみたい観光地も沢山あると思いますが、まずはゆっくりと休養して下さい。
カワセミは、クジャクよりも、白鳥よりも美しいと思うのは、私だけかもしれませんが、
猛スピードで美しく飛んでる姿を撮りたくて、でもなかなか撮れなくて、
ついつい通ってしまう被写体です。
最近、撮りたい被写体が多くなり過ぎて、休みの日だけでは足りず、
日程のやりくりに苦労してます(^。^)
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-02-11 22:37
takaさん、こんばんは
2枚目、良かったですか。
私も若いころ、よく2枚目と言われましたから。
↑ しょうもないギャグですいません(^。^)
本当は多摩動物園で五つ子か、サーバルかと予定してたのですが、
雪が降った翌日なので、急遽カワセミに変更しました。
2枚目だけは、枝に雪が残り、イメージに近い写真が撮れました。
贅沢を言いますと、目がもうちょっと光ってくれれば、なお良かったのですが、
朝の10時ごろの逆光で、顔が陰になってしまいました。
でも2回のダイブの、2回とも小魚を咥えて飛び出してくれたのはラッキーでした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-02-11 22:46
アリスさん、こんばんは
本当に久しぶりのカワセミでした。
最近、お気に入りの、五つ子か、サーバルをと思ってたのですが、
雪が降った翌日は、冬牡丹か、カワセミということで、2カ月ぶりに、水元公園に行ってきました。
雪の枝に止まってくれてよかったですよ。
それだけでも、行った甲斐がありましたが、2回も狩りをしてくれてラッキーでした。
ところで、カワセミの羽毛は水をはじくらしいですよ。
なので、水の中にダイブしても、冷たくないそうです。
そう何かに書いてありましたが、でもきっと冷たいですよね(^。^)
ツグミ君の背景は、不動池の周囲でここは人間が立ち入り禁止。ちょうどいい具合に雪が残ってました。
今日は、早朝が雪だったので、美術館巡りでした。
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-02-11 22:55
tadさん、こんばんは
カワセミを本格的に撮ってるカメラマンは、お金も相当かかるらしいですよ。
私がこの写真を撮った水元公園には、常連さんが20名以上、いらっしゃいますが、
その7割以上は、500mmか、600mmの大砲レンズを三脚に乗せて、撮ってます。
カメラ+レンズだけでも、軽く100万円。
もちろん、技術もありますが、それくらいの装備があると、
水面から飛び立つ瞬間も鮮明に撮れます(^。^)
私も、そういう大砲レンズと、がっしりした三脚が欲しいのですが、
カワセミ撮影は、1年で4・5回なので、じっと我慢してます(^。^)
いずれはと思ってますが、やはり高いので、当分は大砲なし、三脚なしで頑張ります。
Commented by 3740s at 2019-02-12 07:50
おはようございます。
1,2枚目がいいですネ。
惹いては2枚目です。
特に小さく丸くなった可愛らしさ!
Commented by kaorunchoko at 2019-02-12 12:56
❤旅プラスさん こんにちは!
相変わらず、カワセミの色の綺麗な事と言ったら…❤
最後の写真水面の映り込みが余りにもクリアで、ビックk利ですよ
下たる素敵はキラキラ☆良いですねヽ(^。^)ノ
そしてそして!サーバルの兄弟の可愛い事!!!
やっぱりネコ科バンザ――イ!って感じです(笑)
どっちも可愛い❤多摩動物園は今動物を見るのに最高ですね❤
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-02-12 15:21
パテオナベさん、こんにちは
「雪とカワセミ」というタイトルを想定して、水元公園まで行きましたが、
なかなか希望の枝に止まってくれず、雪と一緒に撮れたのは、2枚目だけでした。
自身も、初の「雪カワセミ」。ラッキーでした。
このカワセミは、常連さんの話では、昨年生まれた1歳のオスだそうです。
元気に飛びまわってましたが、彼らは寒くないみたいです。
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-02-12 15:32
kaoruさん、こんにちは
カワセミのブルーとオレンジが池に、映えてましたよ。
特に雪の翌日で、池の透明度が増しており、リアルも、映り込みも綺麗でした。
不動池が、こんなに綺麗なのは珍しくて、きっとカワセミも、水中の小魚がよく見えるからと、
張り切って狩りをしてたと思います。
サーバル、可愛いですよ。
順番待ちの入れ替え制なのが、ちょっと残念ですが、バズもニールも元気に遊んでました。
今の大きさは、チョコちゃんと一緒くらい。
でもサーバルは1年経つと、もう大きくなって、肉食獣の面構えになってると思います。
今が可愛いので、あんまり早く大人にならないで欲しいです(^。^)
Commented by sakim5 at 2019-02-12 19:56
瞬時捉えられてさすがです!
カワセミは見かけてもなかなか撮れないです..私(^^;
Commented by tabi-to-ryokou at 2019-02-12 20:36
sakiさん、こんばんは
パンダのシャンシャン、ゴリラのリキ君、チーターの子供たちを撮り始めてはや4年。
カワセミはもっと早くて5年前くらいから撮り始めてますが、なかなか上達しません。
常連さんたちが撮る写真は、飛んでてもピタッと静止して凄いのですが、
その秘密は、シャッタスピード優先モードで撮ること。
私の場合は2000分の1秒で撮ってます。
あとはできるだけ明るくて長い望遠レンズを買うこと。
でも高いので、私は買ってません。
あとは三脚と、うん台と、照準器。
私は照準器は買いましたが、三脚とうん台は花火撮影用に買ったオンボロを使ってます。
次のステップアップを狙うには、まず徐々に道具を揃えていければいいのですが、
私も、まだそこまでのフル装備はできてません。
まあ、ぼちぼち行きましょう(^。^)
次回、カワセミと会うことがありましたら、頑張ってくださいね。
by tabi-to-ryokou | 2019-02-11 16:00 | | Trackback | Comments(24)