2016年 06月 30日 ( 1 )

銀座の小さな懐石料理店は、料理良し、サービス良し、そしてお値段はというと、ちと高い(銀座小十)

吹けば飛ぶような小さな我が社も、6月最終週には、いっちょ前に株主総会をやっています。
お陰様で、今年も増収・増益の好決算だったので、シャンシャンシャンの無風株主総会。
夜は役員慰労会で、一席を設けました。場所は並木通りの「銀座小十」さんです。

付け出しは、生うに、生湯葉、豆腐すり流し。

b0291402_22292333.jpg


もう1品は、車海老と生野菜。
取り敢えずビールから始めて、お次は赤ワインです。

b0291402_22293242.jpg


お椀は、鱧と蓴菜(じゅんさい)。は~も~申し分ありません、美味しいです。

b0291402_22294043.jpg


お造りは、鰹、塩釜産の松葉鰈、あおり烏賊。醤油と塩でいただきました。
料理も美味しいけど、それぞれの器も選ばれたものみたいです。

b0291402_22295486.jpg


焼き物は、活き鮎の塩焼き。40分かけてじっくり焼くそうで、サクサクとしてるので、頭から尻尾までガブッといけます。
お酒はワインと日本酒、そして手前は鮎の時に合うというビールです。
ガブッといったら、写真を撮ってないことに気づきました。鮎は本当は3匹ありました(笑)

b0291402_22300891.jpg


煮物は、3時間かけて蒸しあげたという鮑に、賀茂茄子。この鮑は本当に柔らかかったです。
お酒は再び、ワインに戻りました。

b0291402_22301606.jpg


お食事は、琵琶湖の天然大鰻を使った鰻丼。蒸さずに炭火で焼き上げてるので、カリッとした噛み心地でした。
「銀座子十」の名物料理といえば、先ほどの活き鮎と、この天然大鰻だそうです。

b0291402_22302712.jpg


甘味は、左がマンゴーブランマンジェ、奥が枇杷と佐藤錦の梅酒ゼリー掛け、右が抹茶わらびもちです。

b0291402_22303874.jpg



オーソドックだけど、それぞれに主張がある料理で美味しかったです。
我々は個室でしたが、ここの人気はカウンター席。よくしゃべると評判の、奥田店主とのおしゃべりを楽しみたい方々は、カウンターを予約しますが、
8席しかないので、なかなか予約が取れないとか。
そして予約が取れても、奥田店主は、月のうち1週間はパリの支店で腕をふるうので、いない時もあるとか。
この日はカウンターで采配をふるってたので、我々が帰る時にはご挨拶してくれました。
さてお値段は??、高かったので言えません、秘密です(笑)



by tabi-to-ryokou | 2016-06-30 16:00 | グルメ | Trackback | Comments(27)