2016年 07月 08日 ( 1 )

「ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのためにつくられた」と賞賛されるバロック芸術の彫刻家ベルニーニ

無料で見学でき、写真も撮れるベルニーニの彫刻を見ようと、教会や噴水を廻っています。
朝早くホテルを出てからのローマ市内の移動手段は、バス、タクシー、徒歩、地下鉄でした。

サン・フランチェスコ・ア・リーパ教会、サンタ・マリア・ソプラ・ミネルヴァ教会を見学し、これから紹介するバルベリーニ広場へは徒歩で移動しました。

バルベリーニ広場の「トリトーネの泉」は、ベルニーニが制作した数多くの噴水でも、最初の作品です。
なんと背後のホテルは、その名もBERNINI。

b0291402_08093074.jpg


4頭のイルカの上で海神トリトーネが水を噴いています。

b0291402_08094870.jpg


そしてすぐ近くにある「蜂の噴水」は、水汲み用。つまり生活用水として使われてきた噴水です。

b0291402_08111785.jpg


開いた貝に三匹の蜂がとまっている愛らしい噴水ですが、なぜ蜂なのかというと、噴水の依頼者がウルバヌス8世で、三匹の蜂を紋章にしているバルベリーニ家出身だから。

b0291402_08101981.jpg


バルベリーニ駅から地下鉄に乗り、2駅目のフラミニオ駅に向かいました。
以前、カラヴァッジョの絵でもご紹介した、サンタ・マリア・デル・ポポロ教会です。

b0291402_08113457.jpg


教会のキージ家礼拝堂はラファエロによって設計されましたが、右側の彫刻に注目です。

b0291402_08120008.jpg


ベルニーニ作、「ハバククと天使」
手も足も飛び出してますが、一つの大理石から切り出して刻んだ彫刻であり、もう驚くしかありません。

b0291402_08121331.jpg


この教会にはもう一つあって、同じくベルニーニ作で「ダニエル」

b0291402_08125225.jpg



角度を変えて見ると、ライオンが足をペロリと舐めてます。

b0291402_08130256.jpg


「オルガン下の天使の像」は主祭壇の右にありますが、この像はベルニーニの作だという確証がないそうです。どうみてもベルニーニ作にしか見えませんが、どうなんでしょうね。

b0291402_08132880.jpg


ここから再び地下鉄の1駅分の距離を、なんとか歩き、スペイン階段までやってきました。途中でジェラードを食べたのが元気回復のもとでした。
スペイン階段の下にある噴水が、バルカッチャの噴水(船の噴水)です。

b0291402_08213268.jpg


この作品はベルニーニと、ベルニーニの父親の共同制作と言う説があります。

b0291402_08214267.jpg


ベルニーニは1598年から1680年にかけての彫刻家であり、建築家でした。なので、解明されてない作品もあります。
しかしながら17世紀のローマで彼が、これだけの素晴らしい彫刻を数多く残したということは、イタリア芸術の奇跡です。
今はユーロですが、昔のイタリア・リラには彼の肖像がお札の裏に印刷されていました。
「ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのためにつくられた」といわれるくらい、彼の彫刻は今でもローマで愛されてます。



by tabi-to-ryokou | 2016-07-08 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(16)