2016年 07月 30日 ( 1 )

非日常的”涼”空間、史上最大の金魚鉢作品は江戸時代の花街をイメージしました(アートアクアリウム2016)

1度目は、7月24日の日曜日、開館10分前に行きましたが、500mの行列を見て諦めました。
2度目の挑戦です。平日の午前中、しかも開館30分前の、10時30分に到着しました。
行列は30mで、50人ほど。でも列はどんどん伸びて、11時には200人以上はいたと思います。

幸いにも10時50分くらいから行列が動き始めて、11時にはアートアクアリウムに入れました。

b0291402_07215371.jpg


あっという間に館内は大混雑。

b0291402_07221379.jpg


ポケモン発見かい?、というくらい、スマホ女子が前列にいて、金魚にたどり着けず(笑)

b0291402_07222112.jpg


でも、私だってブロガーのはしくれ。負けてられません。
要するに会場は大きな1部屋なので、順番に廻ろうなんて思わずに、その時その時で、すいてるところに移動すればいいんです。

b0291402_07230206.jpg


この作品は今回の目玉で、「超・花魁」
世界最大の金魚鉢で、3,000匹の金魚が泳ぎます。

b0291402_07232398.jpg


金魚の屏風だって、なんのその。

b0291402_07235181.jpg


ジワジワと前進して、最前列で、しっかりと撮りました。

b0291402_07240168.jpg


お子さんも大勢いましたが、この非日常的”涼”空間はお子さんでも楽しいと思います。

b0291402_07243941.jpg


金魚のカメラ目線を撮ろうと苦戦中。

b0291402_07244620.jpg


そして天井の豪華シャンデリア。

b0291402_07245440.jpg


40分程で、混雑する館内での撮影に疲れてしまい、出口を探しています(笑)
出口の近くにはバーカウンター。お酒は山口県の純米大吟醸「獺祭」です。

b0291402_07250986.jpg


今回は10周年ということで、テーマは「江戸・金魚の涼」、会場のコンセプトは「現代における江戸の花街」でした。
展示されてる金魚は8,000匹で、過去最大。

過去9年の累計入場者は600万人といいますから、今回もかなりの人数が訪れそうです。土日の見学を予定される方は1時間前から並んだほうが良さそうです。
日本橋三井ホールでの開催は9月25日までですが、今年は大阪、金沢でも開催されます。



by tabi-to-ryokou | 2016-07-30 16:00 | イベント | Trackback | Comments(20)