2018年 02月 09日 ( 1 )

儀装馬車を見て思い出した、キャロライン・ケネディ氏と、ポール・マッカートニー氏

「なんのこっちゃ」というタイトルで恐縮です(笑)

皇居東御苑に梅を撮影に行った1月17日に、儀装馬車を目撃しました。
カメラ2台と、レンズ3本はリュックの中。遠くから馬車が近づいて来るのに気づき、慌ててリュックを道路に置いて、
ごそごそと5Dに、24-105mmの標準レンズを装着しました。
馬車は右に廻る直前、間一髪間に合いました。

b0291402_05514986.jpg



慌てましたよ。悪いことはしてないけど場所が皇居の中なので狼狽しました。
なんの関係もありませんが、リュックを置いた横に咲いてたのは蝋梅です(笑)

b0291402_05520060.jpg



帰宅後にあの儀装馬車は何のために移動してたのか、調べましたが結局分からず、そういえばと思い出したのは前回、儀装馬車を見た
2013年11月19日のことでした。
初の女性駐日米大使となるキャロライン・ケネディ氏が、天皇陛下への信任状奉呈式のため儀装馬車で皇居入りした時です。

b0291402_05521916.jpg



新任の外国大使が天皇陛下にあいさつする「信任状奉呈式」の馬車列は、昨年12月からJR東京駅の改装工事が終了したことにともない、
赤れんが駅舎から皇居に向かうルートに変更されました。もしかしたら新ルートの練習に出かけるとこだったのかもしれません。
信任状奉呈式の送迎は皇室用の自動車か、馬車かを大使側が選び、宮内庁が用意しますが、大半の大使は馬車を希望されるとか。

b0291402_05523112.jpg



ここでまた、話がぶっ飛びます。
2013年11月19日に、儀装馬車の撮影を終え、オフィスに戻る時にペニンシュラホテルに大勢の人が出待ちか、入り待ちのようでした。
誰を待ってるのか分からないまま、私も出待ちの列に加わると、出てきたのはこの人でした。

b0291402_05524605.jpg



ポール・マッカートニー氏。お年の割に恰好良かったです。
以上、「なんのこっちゃ」という、儀装馬車と、キャロライン・ケネディ氏と、ポール・マッカートニー氏の想い出日記でした(笑)



by tabi-to-ryokou | 2018-02-09 16:00 | 散歩 | Trackback | Comments(16)