2018年 03月 21日 ( 1 )

石の家と、迷宮の世界遺産ストーンタウン(その2)(タンザニアのザンジバル)

3月2日に歩いたタンザニアの世界遺産、ストーンタウン。
その1の「魚市場と子供たち」に続き、今回は迷宮編です。

ストーンタウンは治安もよく安全ですが、旅行者がこの街に来てすぐに、1人で迷宮を歩くとまず迷子になるので、勇気と時間が必要です(笑)

b0291402_08355106.jpg



前回も登場した女の子。こういう朽ちかけたような石の家に人は住んでるのかと思いますが、どの家にも住人がいます。
彼らはお金を少しずつ貯めては、家の修理をしてるので、いつも外壁はボロボロです。

b0291402_05321124.jpg



ザンジバル・ドアと言われる、木彫の玄関ドアにも、ザンジバルの人たちはお金をかけます。
中継貿易で栄えた時代に、商人や貴族が取り入れたことから、今でも木彫ドアが好まれます。

b0291402_08360132.jpg



ストーンタウンの街は、その名の通り、石造りの家が多く、この街はアフリカというより、アラブや、インドの建築様式が殆どです。

b0291402_08360971.jpg



人種でいうとアラブ人、インド人、アフリカ人と様々ですが、宗教はイスラム教が大半で、キリスト教徒、ヒンドゥー教徒もいますが人数は少数です。

b0291402_08361747.jpg



周辺にはこんなお店もありました。品揃え豊富なサンダル屋さん。

b0291402_08362638.jpg



そして金物屋さんも、庭の手入れに必要な道具や生活用品を沢山並べてました。

b0291402_08363664.jpg



公設市場にやってきました。この一角はかなりディープで、人種のるつぼの様な賑わいです。

b0291402_08364587.jpg




八百屋さん。

b0291402_08422614.jpg



結構、新鮮な野菜が並んでました。

b0291402_08423467.jpg



この公設市場にも屋内の魚市場、肉市場がありますが、歩く人が多いし、臭いもきついので、パスしました。
戦後の闇市を想像してもらえばいいのかもしれませんが、かなりディープです。
最後の1枚は鳥を品定めして買う人(向こう側)と、高く売りたい鳥商人(手前側)。

b0291402_08424275.jpg



エキゾチックで面白いのですが、迷宮の雰囲気に慣れるには時間がかかります。
もし真剣に見学されるなら、迷いながらでも2・3日かけて、ゆっくり歩かれるといいでしょう。
北アフリカのフェズや、マラケシュにも大きな市場がありますが、タンザニアザのンジバルでは東アフリカでも代表的な市場を堪能できます。


by tabi-to-ryokou | 2018-03-21 16:00 | 世界遺産 | Trackback | Comments(22)