カテゴリ:散歩( 39 )

赤坂プリンスクラシックハウスは、泡が美味い(千代田区紀尾井町)

5月5日に掲載した「出没!アド街ック天国、本日は東京千代田区紀尾井町です」、の続きです。
今回は、赤坂プリンスクラシックハウスの館内をご案内しましょう。

赤坂プリンスクラシックハウスの正面エントランス。

b0291402_07462009.jpg



窓枠がお洒落。

b0291402_07462959.jpg



ステンドグラスが嵌め込まれた窓も見えます。

b0291402_07463862.jpg



入ってすぐのフロントですが、天井のシャンデアリアもお洒落。

b0291402_07464621.jpg



CAFEの開店まで10分程あり、「どうぞ、こちらでお待ちください」と、通された部屋。

b0291402_07465874.jpg



なんか居心地がよくないので(笑)、館内見学に出かけました。
「La Maison Kioi」、はモダンフランス料理のレストラン。
アフタヌーンティーは3,500円、ディナーは5,000円から。

b0291402_07470841.jpg




ウェディング・セレモニーが行われる中庭です。

b0291402_07471583.jpg



「Bar Napoleon」は、11時からCAFEですが、18時からはBARになる、お洒落な空間。

b0291402_07472550.jpg



窓からは薔薇が咲く庭が眺められます。

b0291402_07473258.jpg



注文したのは、イタリアのスパークリングワイン。

b0291402_07522267.jpg



イケメン、ウェーター君のサービスですが、プロでも開栓の瞬間は横を向くんですね(笑)
そういえば自分も、開栓する瞬間は横を向きます。

b0291402_07523079.jpg



なんとも美味しそうなこの泡立ち。

b0291402_07523809.jpg



建物の外観がお洒落、内装もお洒落で、沢山のお洒落がありましたが、このグラスもお洒落。

b0291402_07524505.jpg



このスプマンテは、イタリア、ベネト州の「ASTORIA CASA VITTORINO」
きりっと引き締まった辛口で、お値段は税込みで900円。サービス料が10%付いて、お支払いは990円でした。
「私はコーヒーか紅茶のがいい」という皆さんには、カフェグルマン【ミニケーキ4種+コーヒーor紅茶】が、1,500円。
今なら、庭の薔薇を眺めながらいただくことができます。



by tabi-to-ryokou | 2018-05-16 16:00 | 散歩 | Trackback | Comments(20)

出没!アド街ック天国、本日は東京千代田区紀尾井町です

GW後半、5月3日の憲法記念日に出かけたお散歩日記です。
東京は前日の雨が朝まで残り、遠出は無理なので、紀尾井町まで散歩に出かけました。紀尾井町は千代田区の西に位置し、港区、新宿区との境に位置します。
江戸時代は伊和歌山藩徳川家、州徳川家、彦根伊家の中屋敷があり、各家の文字を1文字ずつとって紀尾井町という名前になりました。

b0291402_18005002.jpg



東京ガーデンテラス紀尾井町には、オフィス、ホテル、商業施設等が入居する紀尾井タワーと、賃貸マンションの紀尾井レジデンスがあり、
12月には、箱根ガラスの森美術館とコラボした、約48,000粒のクリスタルガラスが輝くクリスタルツリーが、この入り口に登場します。

b0291402_18005857.jpg



1~4階は商業施設、5~28階はオフィスで、ヤフー株式会社もテナントです。30~36階が、ホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」。
レストランもありますが、まだ開店準備中でした。

b0291402_18010674.jpg



さあ、ここが今回の散歩の目玉、「赤坂プリンスクラシックハウス」で、東京都指定有形文化財。
大韓帝国最後の王家、李王家のイ・ウン殿下が 日本の皇族の梨本宮の長女方子様と結婚して、この邸宅にお住まいでした。

b0291402_18011594.jpg



1930年に建設されたチューダー方式の洋館ですが、現在は結婚式場として使われています。

b0291402_18012386.jpg



手前のバラが綺麗だったので、名札を見たら「ストロベリーアイス」と書いてありました。

b0291402_18013052.jpg



館内のカフェで、スパークリングワインを1杯呑みました。この日の東京は27度の曇り空。とにかく暑かったんです。
喉にシュワッと優しく染みわたり、ウメ~~~!!、1,000円札でお釣りがきました。

b0291402_18015112.jpg



「ガス欠」気味だったのですが、エネルギー補給ができ元気一杯。帰り道ですが、お濠に釣り人がいました。

b0291402_18021208.jpg



閑だったので、しばらく見てましたが全く釣れません(笑)

b0291402_18022156.jpg


弁慶橋を渡ると、「弁慶フィッシングクラブ」です。釣り堀があり、釣りボートも貸してくれます。
コイ、フナ、、雷魚や、ブラックバスが釣れて、釣り竿も貸してくれるそうです。

b0291402_18022960.jpg



赤坂プリンスクラシックハウスは結婚式場なので格調が高かったけれど、この辺りは桜の名所でもあり、江戸時代から庶民の遊び場。
気負わない、紀尾井町(笑)
休みの日の散歩にいかがでしょうか。
なお、「赤坂プリンスクラシックハウス」の館内の写真も数枚撮ったので、近々お届けします。



by tabi-to-ryokou | 2018-05-07 16:00 | 散歩 | Trackback | Comments(22)

儀装馬車を見て思い出した、キャロライン・ケネディ氏と、ポール・マッカートニー氏

「なんのこっちゃ」というタイトルで恐縮です(笑)

皇居東御苑に梅を撮影に行った1月17日に、儀装馬車を目撃しました。
カメラ2台と、レンズ3本はリュックの中。遠くから馬車が近づいて来るのに気づき、慌ててリュックを道路に置いて、
ごそごそと5Dに、24-105mmの標準レンズを装着しました。
馬車は右に廻る直前、間一髪間に合いました。

b0291402_05514986.jpg



慌てましたよ。悪いことはしてないけど場所が皇居の中なので狼狽しました。
なんの関係もありませんが、リュックを置いた横に咲いてたのは蝋梅です(笑)

b0291402_05520060.jpg



帰宅後にあの儀装馬車は何のために移動してたのか、調べましたが結局分からず、そういえばと思い出したのは前回、儀装馬車を見た
2013年11月19日のことでした。
初の女性駐日米大使となるキャロライン・ケネディ氏が、天皇陛下への信任状奉呈式のため儀装馬車で皇居入りした時です。

b0291402_05521916.jpg



新任の外国大使が天皇陛下にあいさつする「信任状奉呈式」の馬車列は、昨年12月からJR東京駅の改装工事が終了したことにともない、
赤れんが駅舎から皇居に向かうルートに変更されました。もしかしたら新ルートの練習に出かけるとこだったのかもしれません。
信任状奉呈式の送迎は皇室用の自動車か、馬車かを大使側が選び、宮内庁が用意しますが、大半の大使は馬車を希望されるとか。

b0291402_05523112.jpg



ここでまた、話がぶっ飛びます。
2013年11月19日に、儀装馬車の撮影を終え、オフィスに戻る時にペニンシュラホテルに大勢の人が出待ちか、入り待ちのようでした。
誰を待ってるのか分からないまま、私も出待ちの列に加わると、出てきたのはこの人でした。

b0291402_05524605.jpg



ポール・マッカートニー氏。お年の割に恰好良かったです。
以上、「なんのこっちゃ」という、儀装馬車と、キャロライン・ケネディ氏と、ポール・マッカートニー氏の想い出日記でした(笑)



by tabi-to-ryokou | 2018-02-09 16:00 | 散歩 | Trackback | Comments(16)

清宮幸太郎選手のプロマイド写真を撮ろうと狙いましたが・・・(ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム)

清宮幸太郎選手は新人の中ではただ一人、1軍のキャンプに参加するため、1月28日にアメリカのアリゾナ州に旅立ちました。
アリゾナ・キャンプは2月14日までで、帰国するとすぐ、2次キャンプ地の沖縄が待ってます。
私が「鎌スタ」を訪れたのは1月27日だったので、清宮選手の自主トレの最終日でした。

プロマイド写真になりそうなポートレートをと、狙いますが・・・・・
本人50mダッシュの後で、この表情。

b0291402_13500921.jpg



写真は下ほど、段々といい顔になっていきます。

b0291402_13502208.jpg



プロの練習は厳しいなあ、じっと空を見る。


b0291402_13503625.jpg



ランニングが終わった途端に元気になりました。

b0291402_13504984.jpg



次の練習の打ち合わせ。皆さん直立不動のなか、右足を前に出して余裕の清宮選手。

b0291402_13510570.jpg



大きなボールを投げる練習。清宮選手には、コーチか、トレーナーらしい2人が付きっきり。

b0291402_13512410.jpg


ラスト2枚は、190枚撮ってきた中では、比較的いい写真。

b0291402_13513699.jpg



自写自賛ですが、これなんかブロマイド写真にどうでしょうか(笑)

b0291402_13514905.jpg



清宮選手は、右手母指基節骨骨挫傷で、今は力を入れたバッティングができません。
早く回復して、調子を上げて、開幕レギュラーの座をつかんでほしいですね。頑張れ!!!



by tabi-to-ryokou | 2018-02-02 16:00 | 散歩 | Trackback | Comments(16)

184cm、102kgの大型ルーキー、さてその選手は??(日本ハムファイターズ鎌ヶ谷スタジアム)

自宅からは車で約1時間、ファイターズ鎌ヶ谷スタジアム(通称:鎌スタ)を訪問しました。

鎌スタでの、新人合同自主トレーニングは、第5クール2日目。
10時半頃に到着すると、清宮幸太郎選手が練習中。見守るファンは100人以上。

b0291402_07592252.jpg



50mダ~~ッシュ!!

b0291402_07593210.jpg



2人1組ですが、清宮選手のが速い!!

b0291402_07594309.jpg



疲れた~~というこの表情。

b0291402_07595585.jpg



鎌スタの球場には入れず、外野席の外側のフェンスの奥から撮ってるのですが、選手たちとはかなり距離があります。
さらにフェンスの金網が邪魔で、望遠レンズを使わないと金網を消せません。
なので、「ファイターズ女子?」は、一眼レフに望遠をつけてる子が多いのですが、この子たちは反対側を向いて、大谷翔平選手の出待ちです。
この日の大谷選手は、室内練習場でマシーンのボールを打ったそうですが、私は会えませんでした。

b0291402_08000664.jpg



奥の建物は、大谷選手が暮らし、今は清宮選手が暮らし始めたファイターズの寮。
手前では、レギュラー選手たちが出待ちのファンにサインのサービスをしてました。

b0291402_08131784.jpg



清宮選手の練習風景の写真が、もう少しありますので次回に続きます。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-28 16:00 | 散歩 | Trackback | Comments(20)

「翼も氷る」東京の新名所には、早朝からカメラマンが集まります(日比谷公園)

気象庁によると、東京都心で氷点下4度以下まで気温が下がったのは1970年以来というので48年ぶりのこと。

b0291402_07575483.jpg



場所は日比谷公園の鶴の噴水です。一周してみましょう。

b0291402_07580556.jpg



私は26日の朝10時頃に行きましたが、既に一眼レフを持ったカメラマンは20名ほど。散歩がてらスマホで撮影していく人も多数。

b0291402_07582539.jpg



背景のビルは、今年3月29日にグランドオープン予定の「東京ミッドタウン日比谷」
有楽町1丁目の「三信ビルディング」と、「日比谷三井ビルディング」の跡地を三井不動産が開発してるもので、地上35階、地下4階。
11スクリーンのシネマコンプレックスと、60店のショップ、レストランが出店し、上層階はオフィスです。

b0291402_07583628.jpg



鶴が嘴から水を噴き出してる瞬間に、逆光側から氷柱を狙ってみました。

b0291402_07584761.jpg



都心でこんなに立派な氷柱を見たのは生まれて初めてです。

b0291402_07585886.jpg



この氷柱が、いつまで存在するか分かりませんが、今日と明日の都心の最高気温は6度。
もしかしたら、あと2・3日の儚い命かもしれません。



by tabi-to-ryokou | 2018-01-27 16:00 | 散歩 | Trackback | Comments(34)

元旦は、明治神宮、浅草寺に次いで、東京の初詣客ランキング第3位の西新井大師へ。

昨年の元旦は浅草寺でしたが、今年は混雑を避け、西新井大師へ初詣に出かけました。

大師線は東武スカイツリーラインの「西新井駅」と、「大師前駅」を運行する東武鉄道の電車。
この電車は単線で、しかも料金は無料。大師前駅で「迎春」のプレートを「撮り鉄」しました。

b0291402_22530701.jpg



駅から10分程歩き、西新井大師です。真言宗豊山派の寺で、古くから「関東の高野山」と呼ばれます。

b0291402_22532394.jpg



関東三大厄除大師といえば、川崎大師、観福寺大師堂、西新井大師、人気があるわけです。

b0291402_22533446.jpg



参拝を終わって境内を見渡すと、初詣客はこれくらい。
でも行列は、すいすいと進み、本堂までは立ち止まることも無く進むことができました。

b0291402_22534688.jpg



ダルマは「七転び八起き」の意味合いや、仏教の「家内安全」、「無病息災」を祈願する縁起物。境内にはダルマの露店が3軒あります。

b0291402_22541279.jpg



酉の市の熊手と同じで、商いが成立すると「ヨ~シャン・シャン・シャン!!」の手拍子が。

b0291402_22542185.jpg



露店の花屋さん。水仙300円、ヒヤシンス600円、シクラメン1000円。

b0291402_22543386.jpg



境内にずっと漂っていた、いい匂いはここからでした。
ゲソ300円、紋甲イカのゲソ400円、半身が400円、丸焼きが600円。

b0291402_22550619.jpg


一杯やりたかったのですが、午後は家族が自宅に集まるので、初詣だけで帰宅しました。
2018年の元旦も、穏やかに過ぎましたが、初詣が1ヵ所では御利益が少ない気もするので、浅草寺にも行こうと思ってます(笑)



by tabi-to-ryokou | 2018-01-02 16:00 | 散歩 | Trackback

分福茶釜の寺として有名な茂林寺。茂林寺前駅で狸が3匹お出迎え(群馬県、館林市)

茂林寺は2013年4月27日、2015年4月26日、そして今回が2017年4月23日と、1年おきに訪問しており、今年で3回目となります。
東武伊勢崎線の茂林寺前駅を降りると3匹の狸が迎えてくれるので、必ず写真を撮ります。
この閑散とした茂林寺前駅には似合わない、ピンクの美人さんが駅に入って行きます。尻尾は生えてないけど、4匹目の狸が化けてるのかも(笑)

b0291402_07575703.jpg


駅から歩いて15分程で茂林寺です。途中には売店があり、狸の置物が売られています。

b0291402_07581711.jpg


総門から赤門へと続く参道には、21体の狸像が並び参拝者を出迎えます。

b0291402_07583861.jpg
b0291402_07584663.jpg


八重桜が満開でした。天気が良かったので八重桜の影が参道を染めます。

b0291402_07585519.jpg
b0291402_07590542.jpg



八重桜の左奥にあるのが守鶴堂。守鶴和尚は当地に小庵を結んで以来、歴代の住職に 役僧として仕え、分福茶釜を当山にもらたしたと伝えられています。

b0291402_07591638.jpg


そして本堂です。当寺の本尊、釈迦牟尼仏像が祀られています。 応仁2年(1468年)に建立、享保12年(1727年)に改築を行い、現在に至ります。

b0291402_07592542.jpg


今回は、東武トレジャーガーデンの、ネモフィラと、芝桜が目的だったので、茂林寺の宝物、茶釜の拝観はパスしました。
2年前に撮った分福茶釜の写真がこれです。

b0291402_07595000.jpg


関東でつつじの名所といえば、館林の「つつじが岡公園」
早咲きのヤマツツジと、中咲きのキリシマツツジが見頃を迎えGW期間中も楽しめるそうです。
同じ館林でも、つつじが岡公園は遠いので、境内のつつじを掲載します。

b0291402_08040287.jpg


茂林寺の裏は「茂林寺沼湿原」、東武トレジャーガーデンまで行く人は、この道を歩きます。

b0291402_08041316.jpg


対岸では、鯉のぼりが泳いでました。いよいよGWですね。

b0291402_08065680.jpg


GW期間中は、ひたち海浜公園のネモフィラ、あしかがフラワーパークの藤の花、多摩動物公園のチーター3兄弟を予定してますが、どこも大混雑が予想されます。
平日は行けないので、大混雑でも気力・体力で行ってきます。どうなることやら(笑)



by tabi-to-ryokou | 2017-04-28 16:00 | 散歩 | Trackback | Comments(18)

冬雲を  西日貫く  桔梗濠  ・・・・今日はいいタイトルが浮かびません(笑)、(1月9日の皇居周辺)

1月9日の午後、メトロ大手町駅で降りて、大手門に向かって歩いています。

b0291402_08063780.jpg


こちらは桔梗濠の反対側で、竹橋方向の大手濠。
ランナーは走り、水鳥は日向ぼっこ。

b0291402_08064728.jpg


時間は15時半くらい。
西日が雲を貫き、皇居の森に沈もうとしています。

b0291402_08065819.jpg


桔梗濠には、逆光の白鳥。

b0291402_08070840.jpg


最後の1枚は黄金色に染まった桔梗濠と冬の雲。

b0291402_08071736.jpg


皇居東御苑に、梅を撮りに行った日の、往きと帰りの撮影でした。



by tabi-to-ryokou | 2017-01-13 16:00 | 散歩 | Trackback | Comments(20)

東京から眺める富士山と夕陽(2016年最後の日記)

2016年の最後の日記は富士山です。
今年も365日、日記を書き続けることができました。
体力が続く限り来年も続けようと思います。

12月30日、15時40分、足立区の都市農業公園から。

b0291402_07443630.jpg


上の写真は望遠レンズの100mm側、下の写真は望遠レンズの400mm側。
手前の小さな山は丹沢です。

b0291402_07444438.jpg


ここは荒川の河川敷なので風が強く、通りかかるのは元気なランナーと、犬を連れて散歩する人。手前でキラキラ輝いてるのが荒川です。

b0291402_07445490.jpg


15時57分。ねぐらに帰る鳥が3羽。

b0291402_07450293.jpg


太陽が低くなり、沈む寸前に空が赤く染まります。

b0291402_07451157.jpg


16時7分。太陽が雲に隠れて、富士山がシルエットになりました。

b0291402_07452051.jpg


もうちょっと粘って、空の色がどう変化するかを撮りたかったのですが、荒川の河川敷はとにかく寒い。
正月に風邪を引くのは避けようと、ここで自宅に戻りました。

今年も「旅プラス」の日記を見に来ていただき、「イイネ」や、「コメント」や、励ましを沢山いただきまして、ありがとうございました。
皆様の応援を励みに、365日、365回の日記を書きました。
「門松や 冥土の旅の 一里塚」、なんて句もありますが、来年も元気に写真を撮って、日記を書き続けようと思います。

2017年が、皆さまにとって最高に素晴らしい年になりますように。



by tabi-to-ryokou | 2016-12-31 16:00 | 散歩 | Trackback | Comments(38)