<   2018年 03月 ( 30 )   > この月の画像一覧

東京のソメイヨシノが満開となった日曜日、上野公園から目黒川に廻りました。

3月25日、日曜日、上野公園から目黒川と桜の人気スポットを廻りました。
土曜日には六義園、小石川後楽園、墨田公園を廻ったので、ウォーカープラスの「東京お花見人気ランキング」の上位7位までの5ヵ所を廻ったことになります。
あと千鳥ヶ淵と、東京ミッドタウンを廻れば、上位7位までのグランドスラム達成でした(笑)

上野公園では、動物園のシャンシャンの行列と桜。

b0291402_07452663.jpg



そして誰もがここで撮る、上野公園の桜並木です。

b0291402_07453578.jpg



上野駅からメトロ日比谷線に乗って、中目黒までやってきました。
目黒川にかかる「日の出橋」からの眺めです。こちらが下流方向。

b0291402_08001378.jpg



上流方向。

b0291402_07460795.jpg



橋の最前列で撮るにはしばらく待たなければいけません。

b0291402_07461945.jpg



もう一つ上流にかかる橋は「別所橋」です。こちらが下流方向。

b0291402_07462667.jpg



上流方向。

b0291402_07463412.jpg



目黒川にかかる人気の橋の二つですから、どちらも橋の上は大変な賑わいでした。

b0291402_07533959.jpg



最後の1枚は「雲海」、いえ「桜海」。

b0291402_07465424.jpg



実はこの写真は東横線の中目黒駅のホームから撮りました。
この真ん中あたりに目黒川が流れてるのですが、満開の桜が目黒川を覆い尽くしてます。
東京は、桜の満開が土日と重なったのでラッキーでしたが、花粉もちょうどピーク。
折角治まってた花粉症が、土日のお花見取材で再発しました(笑)

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】


by tabi-to-ryokou | 2018-03-31 16:00 | | Trackback | Comments(18)

3月29日に「東京ミッドタウン日比谷」がオープンしました

初日に訪問するのが江戸っ子のたしなみ・・・・・てなわけないか(笑)
朝方は行列が凄かったので、夕方の16時半に野次馬してきました。
私のオフィスからは晴海通りを渡るだけなので、歩いて2分、JR有楽町駅からは徒歩5分です。

b0291402_08265461.jpg



ここが正面入り口。行列は無くなってましたが、ロープの中をクネクネと廻り、いよいよ館内へ。

b0291402_08270518.jpg



東京ミッドタウン日比谷は、有楽町1丁目の「三信ビルディング」と、「日比谷三井ビルディング」の跡地を三井不動産が開発し、
60店のショップ、レストランが出店しました。

b0291402_08271230.jpg



エスカレーターを昇って3階からの俯瞰図です。

b0291402_08272016.jpg



「TOHOシネマズ 日比谷」は全部で13スクリーンのシネマコンプレックス。
そういえば、昔は周辺に有楽座や日比谷映画がありましたが、2,300席は都内最大級。
東京ミッドタウン日比谷のコンセプトは、芸術文化・エンターテインメントの街だそうです。

b0291402_08272801.jpg



3階からは外も眺められます。大きな広場が新しくできて、その先は東宝ツインタワービル。

b0291402_08273795.jpg



先ほどの俯瞰図とは反対側から撮った俯瞰図。私以外にも野次馬が大勢(笑)

b0291402_08274652.jpg



届いたお花も豪華。

b0291402_08275448.jpg



ここで2階から外に出ました。右側がTERRACEと呼ばれる本館。連絡通路があって、左側はステップショップとステップ広場です。

b0291402_08280336.jpg



地上35階、地下4階のビルは地下1階~3、6、7階は商業フロアとなり、4階がシネコン。
9、10階にロビーフロアが設けられ、11階から34階がオフィスフロアです。ビルの中ほどに映り込んでるのは、ザ・ペニンシュラ東京です。

b0291402_08281104.jpg



ショップや、レストラン。そして6階にあるという約1000㎡の空中庭園は、昨日の30分では見れなかったのですが、
オフィスからすぐ近くなので、少しずつ歩いてみます。



by tabi-to-ryokou | 2018-03-30 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(14)

久しぶりにスカイツリーでも撮ろうかと、構えてたら突然ゴーカートが通り過ぎた日

3月17日の土曜日、天気もいいので、久しぶりにスカイツリーを訪れました。

河津桜とスカイツリー」は、既に日記に書きましたが、今日は「ゴーカートとスカイツリー」です。
建設が始まった2008年から、完成して開業した2012年にかけては、毎月1回か2回はこの周辺でスカイツリーを撮ってました。

b0291402_05512673.jpg



幅が4m程の狭い道ですが、突然、前方からゴーカートがやってきました。道路の右側から撮れば、背景をスカイツリー側にもってこれたのですが、
そんな余裕は無く、それでも咄嗟にしゃがんで、カメラをドライバーの目線と同じ高さにしました。

b0291402_05513413.jpg



恐らく1台目は、この「ストリート・カートツアー」のドライビング・ガイドさん。後に続くのは全員が外国人でした。

b0291402_05514203.jpg



車に「MariCar.Com」の文字が見えたので、自宅でwikiを引いたら、訪日旅行客向け公道カート観光アクティビティを運営する、
「MariCar」という会社のカートでした。それにしても皆さんが笑顔で手を振ってくれます。

b0291402_05515081.jpg




申込みには日本の免許証か、国際免許証が必要ですが、浅草、スカイツリー、秋葉原、銀座、上野、浅草と廻るコースで、1人9,000円。

b0291402_05515862.jpg



高いのか安いのか、なんとも言えませんが、乗ってる外人さんたちが、私に笑顔とVサインをくれたので、皆さんが楽しんで乗ってたみたいです。

b0291402_05520535.jpg



「ストリート・カート」が通り過ぎ、再びスカイツリーの撮影に戻りました。

b0291402_05521557.jpg



ここで3月24日に撮ったスカイツリーの写真を1枚、追加します。
タイトルは、「スカイツリーが隠れるほどの枝垂れ桜」、撮影は墨田公園からでした。

b0291402_21373636.jpg


カートに乗ってた方々の衣装が目立ってましたが、あれはオプションで、貸してくれるそうです。
もし興味がありましたら、「マリカー秋葉原」で検索して下さいね。
メインのターゲットは訪日観光客みたいですが、「はとバス」では物足りないという日本の皆さんにもいいかもしれません。

春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】



by tabi-to-ryokou | 2018-03-29 16:00 | 街撮り | Trackback | Comments(22)

昔から「春のうら~ら~の♪ 墨~田~川♪♪」と唄われたくらいで隅田川は花見の名所

墨田川は江戸時代から花見の名所でしたが、現代の「東京のお花見人気ランキング」にも堂々3位に選ばれています。
六義園、小石川後楽園で枝垂れ桜を愛でたあと、まだ時間があったので墨田公園に向かいました。

浅草寺のすぐ横で信号待ちをしてたら、花嫁さんが通るので、咄嗟に車中から撮りました。
今から浅草神社で挙式するんでしょうね。見つめる3人は貸衣装屋さんから出てきた外人さん。浅草らしい光景でした。

b0291402_20212951.jpg




桜の上にスカイツリーが聳えるなんて、作曲家の滝廉太郎さんも天国で驚いてることでしょう。

b0291402_20214235.jpg



のぼりくだりの船人が、今では屋形船と、観光船です。

b0291402_20215038.jpg



墨田公園の「インスタ映え」スポットを紹介しましょう。桜とスカイツリー。

b0291402_20220095.jpg



枝垂れ桜とスカイツリー。

b0291402_20220940.jpg



桜と黄金のスカイツリー。

b0291402_20221652.jpg



墨田公園は、お花見客で溢れてました。

b0291402_20222796.jpg



最後の1枚は、可愛いお嬢ちゃんが、お2人です。

b0291402_20223664.jpg



春のうららの 隅田川 のぼりくだりの 船人が 櫂のしずくも 花と散る ながめを何に たとうべき
滝廉太郎さんの歌曲集四季の「花」は、墨田区で「区民の愛唱歌」に指定されています。


by tabi-to-ryokou | 2018-03-28 16:00 | | Trackback | Comments(18)

桜シーズン初日は、六義園から小石川後楽園と、都立庭園巡りでした

3月24日の桜シーズン初日は、六義園から小石川後楽園へとハシゴしました。
どちらも都立の日本庭園、そしてどちらも枝垂れ桜なので、ソメイヨシノの満開より4・5日早く満開になります。

b0291402_17025032.jpg




六義園はメインの枝垂れ桜が1本ですが、ここには数本あり、「紅枝垂れ」以外は満開でした。
まるで空から降ってるように、花が咲きこぼれます。

b0291402_17042233.jpg



青空と枝垂れ桜。

b0291402_17043194.jpg



場所は東京都文京区後楽一丁目、遠くにかすかに見えるのは東京ドームの屋根です。

b0291402_17045340.jpg



10時を過ぎると花見客がどんどん増え、なかにはこんなに可愛いお客さんたちも。

b0291402_17050198.jpg



映り込みの桜と鯉。池の水がもうちょっと透明なら良かったのですが、タイトルは「花見客」。

b0291402_17050925.jpg



こちらも「花見客」。ここに来るといつもいるコサギ君と、前ボケの桜です。

b0291402_17051786.jpg


ソメイヨシノはまだ七分咲きから八分咲きでしたが、枝垂れ桜はちょうど満開の見頃でした。
あと1週間は、見頃が続くと思います。



by tabi-to-ryokou | 2018-03-27 16:00 | | Trackback | Comments(14)

僕はゴリラの赤ちゃんリキ。コモモ姉さんが僕の誘拐に成功した事件(上野動物園)

昨年10月9日に生まれたゴリラの赤ちゃんリキ君。
最近はモモコ母さんと、コモモ姉さんとの間で、リキ君の争奪戦がおきてます。

モモコ母さんの食事中に、黒い影がそっと現われ、リキ君をおびき寄せます。

b0291402_16214868.jpg



リキ君も興味津々で自分からも、コモモ姉さん(8歳)に近づきます。

b0291402_16215830.jpg



コモモが、リキ君を抱き上げました。

b0291402_16220518.jpg



誘拐犯は逃げるが勝ち。

b0291402_16221975.jpg



あっという間にリキ君を連れ去りました。手前に見える頭はモモコ母さん。
美味しい葉っぱを食べてる最中だったので、黙認状態です。

b0291402_16222708.jpg



モモコ母さんから見えないようにと岩陰に身を潜めます。

b0291402_16223951.jpg



でも本当は、こちら側から丸見えです(笑)

b0291402_16225121.jpg



なんともぎこちない抱き方で、リキ君が落っこちそう。

b0291402_16230041.jpg



岩の上から目撃してたのは、下の姉さんのモモカ(4歳)です。

b0291402_16234098.jpg



私にも抱っこさせてと駆け付けます。逃げるコモモ、邪魔するモモカ。

b0291402_16272068.jpg



コモモは岩の頂上に避難し、モモカも追いかけてきました。

b0291402_16273232.jpg



そこに下から登ってきたのは、モモコ母さん。

b0291402_16274769.jpg



モモコ母さんが片手でリキ君を奪還しました。

b0291402_16280240.jpg



上はリキ君を取り戻されて、ガッカリするコモモ。
下では「母ちゃん、リキが落ちるよ」と、モモカが支えます。たまにはモモカも役に立つ(笑)

b0291402_16281945.jpg



無事にモモコ母さんが下山します。

b0291402_16282895.jpg



リキ君は折角、誘拐されたのに元のさやにおさまり、ちょっと残念そう。

b0291402_16284843.jpg


以上、写真16枚でお届けした、ゴリラ家族の誘拐劇でした。
人間と似たようなドラマが繰り広げられるので、ゴリラの家族は最高に面白いです。



by tabi-to-ryokou | 2018-03-26 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(20)

樹齢70年、東京で最も有名な枝垂れ桜が見頃を迎えました(文京区、六義園)

3月24日、桜シーズン開幕の初日は、私が都内で最も好きな桜を観に行きました。もう10年くらい前から毎年観に来ている六義園の枝垂れ桜です。

昨年は4月2日に訪問しましたが、今年は3月24日で早いです。最初は真正面から。

b0291402_21463618.jpg



本当の開園は9時ですが、枝垂れ桜が咲く時期だけは8時45分に園内に入れます。
8時45分から9時までの15分間だけ、誰もが桜に近づかないように係員が誘導してくれて、全員が10m以上離れたところから、桜の全景を眺めます。
次は左から。

b0291402_21464480.jpg



ちょっと花芽が薄いような気もしますが、満開になった初日ですからこんなもんでしょう。
今度は右から。

b0291402_21465265.jpg



樹齢70年の枝垂れ桜を、一通り撮って、中庭に続く門からも撮ってみました。

b0291402_21470532.jpg



9時になると全員が、枝垂れ桜に近づきます。

b0291402_21471338.jpg



ここで標準ズームレンズ(24-105mm)を、望遠レンズ(70-300mm)に換えました。

b0291402_21473136.jpg



高さ15m、幅20mの枝垂れ桜の花の色は薄紅色です。今年も咲いてくれました。ありがとう。

b0291402_21473935.jpg



名残り惜しいのですが、満開になった最初の休日なので、この日は花見のハシゴ。
内庭大門から1枚撮って、六義園をあとにしました。

b0291402_21474913.jpg



次回はこの後に向かった、小石川後楽園の枝垂れ桜です。



by tabi-to-ryokou | 2018-03-25 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(26)

僕はゴリラの赤ちゃんリキ。コモモ姉さんが僕を誘拐しようとした未遂事件(上野動物園)

昨年10月9日に生まれたゴリラの赤ちゃんリキ君。
最初はシワクチャでしたが、ふっくらと大きくなり、顔もしっかりしてきました。

b0291402_08313846.jpg



僕がコモモ姉さんのほうに行こうとすると・・・・・

b0291402_08320809.jpg



後ろから足を引っ張るモモコ母さん。

b0291402_08322078.jpg



「止めてよ」と、モモコ母さんに抗議するリキ君。

b0291402_08323151.jpg



再びコモモ姉さんのほうに近づくリキ君。

b0291402_08324596.jpg



今度は成功。僕を抱っこするコモモ姉さん。

b0291402_08325319.jpg



忍び寄るモモコ母さんの後ろ姿。

b0291402_08330498.jpg



再びモモコ母さんに摑まってしまいました。

b0291402_08332074.jpg



僕の束の間の逃避行は失敗に終わりました。

b0291402_08332842.jpg



もっとコモモ姉さんと遊びたかったのに、三度笠と合羽の旅支度??(笑)、のモモコ母さんに摑まり、泣く泣く故郷に連れ戻される僕でした。

b0291402_08333677.jpg



上野動物園のゴリラ舎で、最近は毎日のように繰り広げられる光景です。
今回は未遂編ですが、次回はコモモ姉さんが誘拐した成功編をお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2018-03-24 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(8)

外国からのお客様に使えるレストラン(ロイヤルパークホテル、鉄板焼き「すみだ」)

外国からいらしたお客様との会食というと、普通なら日本料理店となりますが、何回か日本にいらっしゃってるお客様は、
「会席料理以外に何かないの」と、聞かれることがあります。そんな時によく案内するのは、天麩羅か、鉄板焼き。
本日は鉄板焼きですが、「ちょっと豪華、だけど安い」という店をご紹介します。

メトロ水天宮駅から直結のロイヤルパークホテル。その20階にある鉄板焼き「すみだ」です。
店のHPからお借りした写真ですが、ここは夜景が綺麗です。そしてこの写真の左端に見えてるのが東京タワー。

b0291402_08055918.jpg



会食はお昼でしたが、まずは、じゃがいものスープから。
コースでは、グラスワイン・スパークリングワイン・ソフトドリンクから、ワン・ドリンクを選べます。

b0291402_08061847.jpg



前菜は牛肉の焼き寿司2貫。

b0291402_08063721.jpg



食材がお披露目されました。背景には東京タワーが見えてるのですが写真では見えません。

b0291402_08064725.jpg



オーストラリア産のビーフヒレステーキ、ニュージーランド産のビーフランプ、それと野菜です。

b0291402_08072449.jpg



焼き上がりました。さすが「一休ドットコム」の鉄板焼き部門の人気ベスト10のお店です。

b0291402_08073446.jpg



食後のコーヒーは別室でいただきますが、こちらからはスカイツリーが、かすかに見えます。

b0291402_08075510.jpg



肝心のお値段ですが、「一休ドットコム」経由の、平日限定プランで、3,900円。本来の値段が5,227円なので、お得だったような気がします。
この平日限定プランは毎月内容が変わりますが、東京タワーとスカイツリーの両方を見ながら会食して、料理も美味いとなると、ちょっと大事なお客様の
接待にもちょうどいいのではないでしょうか。


by tabi-to-ryokou | 2018-03-23 16:00 | グルメ | Trackback | Comments(14)

「MOVE 生きものになれる展」と、常設展示(日本科学未来館)

3月10日に訪問した日本科学未来館です。

2足歩行ロボット「ASIMO」の実演を見てから、特別展の「MOVE 生きものになれる展」を見学しましたが、
小さなお子さんを連れた家族連れで賑わってました。

b0291402_16460877.jpg



「ライオンになって獲物に跳びかかれ」というゲームでは時間内にシマウマの横のボタンを押せば子供たちの勝ちです。

b0291402_16462003.jpg



「バシリスクになって水上を走れ」というゲームでは実際に水の上を子供たちが走ります。
勿論、水の上には透明なビニールが張ってあって、水に濡れることはありません。

b0291402_16462940.jpg



この特別展は4月8日まで開催しています。折角なので常設展示場に寄り道しました。
必ず写真を撮るのが、HⅡAロケット、第一段メインエンジンの「LE-7A」です。

b0291402_16463977.jpg



次は金星探査機のあかつき。

b0291402_16465002.jpg



ノーベル賞の小柴博士が「そこにスーパーの紙、置かんで」と言ったとか、言わないとか(笑)
「スーパーカミオカンデ」の10分の1模型です。

b0291402_16470866.jpg



毎回、写真を撮ってますが、ニュートリノが壁面に現れ・・・

b0291402_16471693.jpg



宇宙音のサウンズとともに、ニュートリノ検出器が輝きます。

b0291402_16472404.jpg



今回、常設展示場に新たに加わったのが、この奇妙な模型。
人類が科学技術を発展させ、活動領域を拡大させたことで、これまで存在しなかったハザード(危険)が、生み出されていますという
地球への警鐘を表現する模型でした。

b0291402_16473460.jpg



シャイで、内気で、寡黙で、引き籠りだった元理系少年(笑)は、今でも日本科学未来館は好きな場所です。
場所は、お台場で「ゆりかもめ」のテレコムセンター駅から徒歩4分。入館料は620円です。



by tabi-to-ryokou | 2018-03-22 16:00 | イベント | Trackback | Comments(8)