<   2018年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

僕はゴリラの赤ちゃんリキ。お姉ちゃんが手荒く僕と遊んでくれます(その後半)(上野動物園)

お姉ちゃんのモモカが、弟のリキ君の子守りを任されて奮闘中です。

モモカはリキ君を喜ばせようと高い岩山に連れてきました。

b0291402_08273286.jpg



「お姉ちゃん大丈夫かなあ」と、ちょっと不安な表情のリキ君。

b0291402_08274348.jpg



でもそこはゴリラの赤ちゃん、ナンテッタッテ ゴ~リ~♪、ナンテッタッテ ゴ~リラ♪
恐らく怖がってはないと思います。


b0291402_08275111.jpg



今度は山を下りるみたいです。

b0291402_08281267.jpg



なんとモモカは、「どうよ」と、我々にリキ君を見せに来てくれました。モモカ、いい子だ!!

b0291402_08282182.jpg



リキ君、「オチオチ寝てられないよ」と、目をパッチリ開いてます。

b0291402_08282831.jpg



再び山に連れていこうとするモモカ。
モモコ母さんはノソノソとゆっくりしか歩きませんが、モモカは岩山も軽快に登ります。

b0291402_08284947.jpg



リキ君に、「ほらいい眺めでしょ」、と言ってるみたい。

b0291402_08290213.jpg



そこに食事が終わったモモコ母さんが登場。リキ君は引き取られていきました。
危なっかしい子守りだったけど、モモカはよく頑張った!!

b0291402_08290905.jpg



こちらは「僕、疲れたよ」、という表情のリキ君。

b0291402_08292885.jpg



ゴリラ家族の深い絆を見た午後のひと時でした。



by tabi-to-ryokou | 2018-04-26 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(20)

アドベンチャーワールドのサファリで出会った動物たち(南紀白浜)

4月21日の、南紀白浜、アドベンチャーワールドです。

ここのお楽しみは、まず5頭のパンダ。次にサファリワールドのサファリ。
歩けば1周50分でタダ、ケニア号も1周25分でタダ、レンタサイクルは1,000円、カートサファリは1台が4,000円~、
2階建てバスは1人2,500円、ジープサファリは1人3,000円。ピンからキリまでありますが、私が選んだのはタダのケニア号(笑)


アフリカ象です

b0291402_10523284.jpg



アミメキリン

b0291402_10524282.jpg



クロサイ

b0291402_10525163.jpg



乗客が少なかったケニア号を車内から撮り鉄。正面がサファリワールドの猛獣がいるエリアの入り口です。

b0291402_10522024.jpg





ライオン

b0291402_10530076.jpg



エゾヒグマ

b0291402_10530959.jpg



アムールトラ

b0291402_10531888.jpg



チーター

b0291402_10532615.jpg



ケニア号は、列車タイプの4両連結大型車ですが、シャッターチャンスがあっても、「ここで止まって」と言えないのが、カメラマンにとってはつらいところ。
最後のチーターは、最悪の場所でしたが、撮らないと、どんどん離れてしまうので、やむを得ず撮ってます(笑)
僅か25分のサファリでしたが、まあまあ一通りの動物は見学できて楽しめました。



by tabi-to-ryokou | 2018-04-25 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(14)

バスク地方のここは見ておきたい(その4)(バスク料理)

昨年9月29日から10月3日まで訪問していたバスク地方。

過去日記は旅行期間中に書いていた、「只今バスク地方を旅行中」が、その1~その6、2017年9月29日~10月3日
帰国後に書いたのが、「バスク地方のここは見ておきたい」 その1、世界遺産ビスカヤ橋  その2、グッゲンハイム美術館  その3、ビルバオ市内
そして今回の(その4)(バスク料理)で、バスク地方の旅日記は最終回となります。

さて、バスク料理の印象ですが、野菜は豊富で新鮮。魚介類は沿岸の海で獲れ、生ハムは絶品。
肉も魚も炭火焼が多く、これがほのかに甘みをまして結構美味しい。

ここで朝食ブッフェを紹介しましょう。
私の泊まったホテルは、バスターミナルにも、グッゲンハイム美術館にも歩いて行けるという立地で選びましたが、
日本人ツアー客から見ると標準なホテルで、食堂も決して広くはありません。

b0291402_08295028.jpg



ところがその内容は豪華。まずはパンです。

b0291402_08300961.jpg



こちらはトースターで焼くためのパン。種類が多いです。

b0291402_08302615.jpg



生ハムとチーズ。ちょっと隠れてますが右の方には新鮮な野菜が山盛り。
そして右上の鳥かごのような針金細工には、茹で卵が入ってました。

b0291402_08304383.jpg



サラダ用のオリーブオイル、バルサミコは5種類。どれを選べばいいか迷います。

b0291402_08305498.jpg



こちらにはフルーツとヨーグルト。

b0291402_08312098.jpg



そしてこれは豪華。朝からシャンパン、略して「朝シャン」のサービス。
毎日、朝から観光なので、乗るバスを間違えたりしないように我慢してましたが、ビルバオの最終日に開栓してもらい、
たった1杯じゃあ、申し訳ないので、生ハムと一緒に、たっぷりといただきました(笑)

b0291402_08313358.jpg



お陰で気持ちよくなってしまいベッドで朝寝。その日の午前中に予定していた旧市街の散歩は出かけずじまい。恐るべし、朝シャン効果(笑)
スタンダードなホテルで、これだけのブッフェを出すのですから、バスク料理が美味しいと世界から評価されているのも頷けます。
またバスク地方は、ミシュランの星付きレストランの数では、世界有数の密集地と言われています。



by tabi-to-ryokou | 2018-04-24 19:56 | グルメ | Trackback | Comments(16)

まったりくつろぐモモタロウ、ゲンキ、ゲンタロウのゴリラ一家(京都市動物園)

4月22日は、南紀白浜から、京都に移動しました。
真っ先に向かったのは京都市動物園。昨年の4月以来なので2度目です。

まったりとくつろいでるのは、ゲンキ母さん(1986年6月、京都市動物園の生まれ)と、
ゲンタロウ(2011年12月、京都市動物園の生まれ、日本初の4世ゴリラ)

b0291402_08465529.jpg



だらしない恰好でくつろいでるのは、モモタロウ父さん(2000年7月、上野動物園の生まれ)
この日の京都は29度ですから、「こう暑くちゃ~、たまんねえよ」、と言ってるような。

b0291402_08470352.jpg



お腹がすいたのか、天井にぶら下がる草を取りに行きます。
推定200kgの体重で柱と梁を登ってくのですから、凄い筋力です。

b0291402_08471751.jpg



負けじとゲンタロウも天井へ。このゴリラ舎は樹の上で暮らすゴリラの習性を考慮した設計です。
それにしてもゲンタロウ、両足で草を持ち、口にも咥えて、懸垂で移動してます。

b0291402_08473227.jpg



梁の上に座ったゲンタロウの食事タイム。

b0291402_08474256.jpg



ゲンタロウが落とした草を食べてるのは、天井に登るのがあまり好きでないゲンキです。

b0291402_08475129.jpg



スリーショットが撮れました。ゲンキが、モモタロウを避けてるようにも見えますが、常連さんにうかがうと、実は仲が良くて、
いつ懐妊しても不思議ではないそうです。

b0291402_08480041.jpg


モモタロウ、ゲンキ、ゲンタロウは次回に続きます。
本日は東京で同窓会。コメント欄は閉じさせていただきました。


by tabi-to-ryokou | 2018-04-23 16:00 | 動物

南紀白浜のアドベンチャーワールドで暮らす5頭のジャイアントパンダたち

4月21日、和歌山県の南紀白浜に来ています。

アドベンチャーワールドには5頭のパンダがいるので、簡単にご紹介しましょう。
希少動物繁殖センターである「PandaLove」には3頭の子供たちが暮らしています。

桜浜(おうひん)、2014年12月生まれの女の子。

b0291402_02285085.jpg



手前が桜浜、奥に見えるのが双子の姉妹で桃浜(とうひん)

b0291402_02285928.jpg



結浜(ゆいひん)は2016年9月18日生まれの女の子で、今1歳。

b0291402_02290804.jpg



ブリーディングセンターには両親の2頭が暮らしています。
父親の永明(えいめい)は1992年9月生まれ。

b0291402_02291721.jpg



母親の良浜(らうひん)は2000年9月生まれです。

b0291402_02292550.jpg



一番傑作なのは結浜(ゆいひん)、屋外の放飼場にいましたが、ずっと動いて遊んでました。
でんぐりがえしを披露してくれます。

b0291402_02293551.jpg



本日(4月22日)は、京都に移動して、京都市動物園のゴリラ(モモタロウ、ゲンキ、ゲンタロウ)と1年ぶりに会う予定です。
(コメント欄、閉じてます)



by tabi-to-ryokou | 2018-04-22 05:22 | 動物

僕はゴリラの赤ちゃんリキ。お姉ちゃんが手荒く僕と遊んでくれます(その前半)(上野動物園)

昨年10月9日に生まれたゴリラの赤ちゃんリキ君、やっと半年です。
最近はコモモ姉さんが、よくリキ君を誘拐しますが、本日はいかに。
誰かが、リキ君を背中に背負い、岩山を登ってます。

b0291402_05294124.jpg


リキ君のお尻には白いベビーシグナル。そしておんぶしてるゴリラにも、かすかにベビーシグナルが残ってます。

b0291402_05294951.jpg



おんぶしてるのは下のお姉ちゃんのモモカ。モモカは2013年4月24日生まれで、まもなく5歳。
でも岩山のてっぺんで立ち上がるかなあ(笑)。危なっかしくて見てられません。

b0291402_05295767.jpg



こちらを向きました。満足そうなモモカのドヤ顔。不安そうなリキ君。
鉄壁ディフェンスのモモコ母さんが、お転婆モモカにも、リキ君の子守りを許可したようでうす。

b0291402_05301188.jpg



あれ、リキ君を下しました。高さ3mの岩山のてっぺんだけど大丈夫なのか。

b0291402_05302129.jpg



今度はリキ君を頭の上に乗せました。
出川哲郎氏なら「やばいよ、やばいよ」と叫んでます(笑)

b0291402_05302909.jpg



リキ君は居心地が悪いのか、暴れてモモカの背中に移動しました。

b0291402_05303670.jpg



はたして、このコンビは大丈夫なのか。次回に続きます。

お知らせ : 明日(4月21日)は、自宅を早朝5時20分に出発して、南紀白浜のアドベンチャーワールドに向かいます。
       月曜日(4月23日)まで、日記の投稿や、コメント、訪問が滞ると思いますが、よろしくお願いします。


by tabi-to-ryokou | 2018-04-20 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(22)

シャンシャンの 午睡は爆睡 夢の中(上野動物園)

4月18日、東京は前夜からの雨が、お昼まで残りました。
傘を差して行列に並ぶのもしんどいので、自宅を出たのは雨上がりの午後。上野動物園への到着は13時40分で、
貰った観覧券は14時10分~14時30分でした。

あちゃ~~~、親子で寝てました。

b0291402_08514218.jpg



退園して、お隣の上野東照宮、ぼたん苑で1時間程、時間をつぶしてから再度の入園。今度の観覧券は15時10分~15時40分。

あちゃ~~~、まだ寝てるよ。
でも今度は、こっちを向いて、すやすやと寝てます。

b0291402_08515068.jpg



シンシンは既に起きていて、室内2号室と、シャンシャンが寝てる室内3号室を行ったり来たり。
スリガラスの向こうに、シャンシャンのツートンカラーが微かに見えてます。

b0291402_08515738.jpg



写真が3枚だけなので、過去に撮ったシャンシャンの可愛い写真を2枚。
2月17日の撮影。

b0291402_08522651.jpg



そしてこちらは2月21日の撮影。

b0291402_08524630.jpg



上野動物園のHPによれば、2月25日が19.8kg、3月25日が23kg、4月5日が24.1kg。
2月撮影の写真よりは、かなり大きくなってるはずですが、寝てちゃあ分からない(笑)
シャンシャン人気は、相変わらず続いてるので、次はGWが終わってから訪問してみます。



by tabi-to-ryokou | 2018-04-19 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(20)

まだまだ見頃が続いていたチューリップ(茨城県、ひたち海浜公園)

4月14日は、みはらしの丘でネモフィラを見た後、チューリップワールドに向かいました。
ここには250品種、25万本のチューリップが咲き誇り、メルヘンな世界を創り出しています。
昭和記念公園のチューリップは4月上旬が見頃で、ほぼ終わりですが、ひたち海浜公園は咲き始めのチューリップも多く、見頃が続いてました。

b0291402_08070055.jpg



美しいチューリップを3本選びました。

b0291402_08071084.jpg



天気は生憎の曇り空。もっと光が欲しい。

b0291402_08071838.jpg



あまりうまく撮れないのは、曇天のせいにして、撮ったチューリップは3本だけでした。

b0291402_08072520.jpg




チューリップが駄目なら、ワンちゃんたち。このワンちゃんたち可愛かった。

b0291402_08073568.jpg



さらにもう1枚。一番目立っていたワンちゃんたち。
黒いほうのワンちゃんのメガネと帽子が可愛いです。

b0291402_08074345.jpg



東京都立川市の4月の平均気温は10~18度、茨城県ひたちなか市の4月は6~17度。
茨城県のが冷え込みもきついだけに、チューリップもまだ元気でした。
でもネモフィラと同じく、見頃は今月いっぱいと思います。



by tabi-to-ryokou | 2018-04-18 16:00 | | Trackback | Comments(20)

一面鮮やか つつじまつり(その後半)(文京区、根津神社)

4月8日に訪問した文京区、根津神社のつつじ苑。
その後半は、苑内の様子と、ツツジの花です。

b0291402_08511800.jpg



花は赤系オレンジ、背景は赤系ピンク。

b0291402_08512693.jpg



とにかく赤系オンパレード、どこをどう撮ればいいのやら。

b0291402_08513315.jpg



インスタ映えに挑戦中のスマホ女子も赤狙い。

b0291402_08514136.jpg



目立ってる可愛いツツジも赤が多い。

b0291402_08515320.jpg




ツツジは約100種類。可愛いツツジがすぐに見つかります。

b0291402_08522583.jpg



このピンク色のツツジが一番可愛らしかったのですが、背景の色の濃さに負けてしまって目立ちません。

b0291402_08523600.jpg



あまりに赤かったので、ここで休憩。最後の1枚は一番赤くない景色から選びました。

b0291402_08521584.jpg


根津神社、つつじ苑の開苑時間は9時から17時30分。早咲き、中咲き、遅咲きのツツジがあるので、4月中旬も見頃が続いています。



by tabi-to-ryokou | 2018-04-17 16:00 | | Trackback | Comments(16)

農林水産大臣賞に輝いた「和金」は、体長30cm、紅白の色と、つやがよい。

4月15日、日曜日、関東は朝から雨。雨では上野動物園のシャンシャンも、リキ君も、水元公園のカワセミも、あしかがの藤の花も、撮影がきびしい。

そこで選んだのは室内で観賞ができて、撮影もできる江戸川区船堀の「日本観賞魚フェア」。
タワーホール船堀の会場で、最高賞である農林水産大臣賞に輝いたのはこの「和金」。

b0291402_19182250.jpg



自分、金魚は全くの素人ですが、この和金は体長30cm、白と赤の対比や、色つやがよいのが評価されました。

隣の水槽は、水産庁長官賞に輝いた「琉金」。こちらも綺麗なツートンカラー。

b0291402_19183257.jpg



会場はというと、約70品種の金魚、計400匹が、大きな洗面器に入れられて展示されてます。

b0291402_19184136.jpg



中には目が上についていて、ギョッとする「金ギョッ」も。これは「水泡眼」という名前だそうです。

b0291402_19184990.jpg



売り物の金魚コーナーは大人気でした。大阪らんちゅう、3匹、1,000円。

b0291402_19190994.jpg



こちらは東錦、12,000円。

b0291402_19192299.jpg



東錦の親は35,000円もするそうです。

b0291402_19193094.jpg



このらんちゅうは25,000円と、10,000円。

b0291402_19194039.jpg



皆さん真剣に品定めをしていますが、売れ筋は1,500円~3,000円くらい。

b0291402_19195298.jpg



「めだかすくい」かと思ったら、「高級めだかすくい」だそうです。
1回300円、2回で500円、すくえなくても、2匹お持ち帰りができるそうです。

b0291402_19200170.jpg



全国の金魚生産者が集まって、自慢の金魚を展示する「日本観賞魚フェア」。
金魚の名前は和金に、出目金くらいしか知りませんが、珍しい金魚も展示されていて、見応えがありました。
なお開催は4月14日、15日の2日間でした。



by tabi-to-ryokou | 2018-04-16 16:00 | | Trackback | Comments(10)