タグ:CanonEF100-400mm ( 152 ) タグの人気記事

レッドブル・エアレース千葉大会で、過去2連覇してる室屋選手の悲劇の8秒間(千葉県、幕張)

5月27日に「レッドブル・エアレース、千葉大会2018」、決勝トーナメントを観戦しました。
レッドブル・エアレースの過去の日記は、カテゴリーの「飛行機」からご覧いただけます。

今回は、その「ラウンド14」に出場した室屋選手の8秒間です。
14機中の8機目で室屋選手の登場です。遠く検見川浜の方向から室屋選手が近づいてきますが、まだ3kmくらい先でしょうか。

b0291402_07414029.jpg



スタートポイントを通り過ぎ正面を通過中。

b0291402_07414898.jpg



機体を思い切り傾けて・・・

b0291402_07415546.jpg



高さ25mのエアゲートの間をすり抜けていきます。

b0291402_07420488.jpg



ほぼ垂直に上昇中。

b0291402_07421265.jpg



そのまま宙返りして背面に。

b0291402_07422158.jpg



くるっと背面から機体を戻します。

b0291402_07422996.jpg




さあいけるぞ、頑張れ、室屋選手。

b0291402_07423768.jpg



順調にポールの間を飛んでいきます。

b0291402_07424615.jpg



ん、??、ん~~ん、??、室屋選手コースを外れました。

b0291402_07430128.jpg




観衆は誰一人、何があったか分からなかったのですが、室屋選手の飛行機は浦安方向へ。
すぐにアナウンスがあって、室屋選手は第3ゲートのバーティカルターンで、12Gを超えており「オーバーG」の判定で、失格となりました。
室屋選手の上昇中の重力は20Gだったとか。

b0291402_07471968.jpg



写真はレース後のインタビューの模様ですが、HPによると「あまり良い気分ではありませんが、今回のレースからは多くを学べました。
まだ5レース残っているので、悪かったことは忘れて次のレースに集中したいと思います。」

b0291402_07472776.jpg



「今日のフィーリングは良かったですし、リラックスもできていましたが、機体のスピードとパワーが大きく、オーバーGを記録してしまいました。
対戦相手だったマット・ホール選手のタイムを聞いて相当プッシュした事と、垂直尾翼を急遽以前のものに戻した事と、そのどちらも影響したと思います。
アグレッシブすぎたかもしれません。」とコメントしました。
ちなみにマット・ホール選手は今回の千葉大会の優勝者。室屋選手は千葉大会を14位で終えポイントを獲得する事はできなかったのですがが、
ワールドチャンピオンシップ・ランキングは3位に留まっており、6月23日、24日のブダペスト大会にのぞみます。


by tabi-to-ryokou | 2018-06-21 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(12)

僕の名前は「アピ」、オランウータンの3歳の男の子です。僕のことを「若ハゲ」なんて言わないでね(多摩動物園)

2017年は、チーター3兄弟、ユキヒョウのフクちゃん、シャンシャンに、チーター4兄弟、ゴリラのリキ君が生れて、まさにベビーブーム。
赤ちゃんたちを撮るのに忙しくて、しばらくご無沙汰でしたが、2年ぶりにアピ君を撮ろうと、多摩動物園のオランウータン舎を訪ねました。

2014年6月19日生まれのアピ君は、もうじき4歳ですが、若ハゲは健在でした(笑)

b0291402_08293012.jpg



多摩動物園の、人気イベント「スカイウォーク」が、11時30分から始まりました。

b0291402_08294401.jpg



高さ15mのロープを伝い、150m先にある飛び地の放飼場に向かいます。
チャッピー母さん、その枝は置いてくればよかったのに(笑)

b0291402_08295654.jpg



15分程かかって、飛び地までやってきました。水を得た魚の如く、森を得たオランウータン(笑)

b0291402_08301082.jpg



満足そうに新鮮な葉っぱを食べるアピ君。この得意気なカメラ目線(笑)

b0291402_08302142.jpg



チャッピー母さんも、モグモグ・モグモグ。

b0291402_08303199.jpg



満足したのかアピ君が、そろそろ帰ろうよと、チャッピー母さんにアピールしてます、

b0291402_08304845.jpg



おい、おい、もうじき4歳なのに、まだおんぶかい。

b0291402_08305963.jpg



チャッピー母さんは45歳、ゆっくりゆっくりと休みながら進みますが、アピ君はぶら下がって、雲梯の要領で、すいすいと進んでいきます。
さようなら~~、またね~~!!

b0291402_08311663.jpg



最後の1枚は2016年4月16日に撮ったアピ君。まだ1歳で幼かったです。

b0291402_08314052.jpg



2年前の話ですが、この写真に、「もっと見せて」、というタイトルを付けてフォトコンテストに応募したら、
入選して4,000円のギフトカタログをいただきました。
アピ君には借りがあるのに、自分が最近撮ってるのはフクちゃん、チーター兄弟、リキ君、シャンシャンばかり。申し訳ないっす(笑)
今年の夏も頑張って、多摩と上野には通うつもりです。



by tabi-to-ryokou | 2018-06-15 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(24)

潮風香る「空のF1」、その出場選手と、恰好いい飛行機をご紹介しましょう(千葉県、幕張)

5月27日に「レッドブル・エアレース、千葉大会2018」の決勝トーナメントを観戦しました。
その1回目の日記は、ブルン・バブ~ン、空のF-1とも呼ばれる「レッドブル・エアレース」でした。

その「ラウンド14」に出場した選手と、可愛くて恰好いい飛行機をご紹介しましょう。

クリスチャン・ボルトンは、チリ空軍少佐で戦隊長。総飛行時間3,000時間のうち1,000時間以上はエアロバティックパイロットとしての操縦です。

b0291402_10354292.jpg



ピート・マクロードは、カナダのオンタリオ大学で経済学を学んだという異色の経歴。
2017年度は総合3位という実力者で、将来有望な若手パイロット。

b0291402_10355152.jpg



ニコラス・イワノフは、ロシア人とギリシャ人の血を引くコルシカ島出身のフランス人。
彼ののフライトは非常にアーティスティックで、「大空の絵画」と喩えられます。この赤い飛行機も恰好いいですね。

b0291402_10355997.jpg



マティアス・ドルダラーはドイツ出身で、14歳の時には単独飛行に成功したとか。
2016年シーズンのワールドチャンピオンであり、2018年も王座奪還を狙っています。

b0291402_10360679.jpg



マルティン・ソンカは、10年に渡るエアロバティックの経験を持つチェコ空軍パイロット。そしてこの「千葉大会2018」の3位に輝きました。
偶然、羽田に向かう旅客機が、この写真の左上に写っています。

b0291402_10361422.jpg



フアン・ベラルデはスペイン、マドリッドの出身。スペインエアロバティック選手権で優勝した経験を持ち、その後も世界で活躍を続けるベテランパイロット。

b0291402_10362271.jpg




マット・ホールは5,500時間以上の飛行時間を記録してきた、オーストラリア空軍中佐。
過去2シーズン連続でレッドブルエアレース総合2位を記録した実力者。写真は背面飛行です。

b0291402_10363055.jpg



マット・ホールが背面から、水平に移った瞬間ですが、西日を受けた水平尾翼が、キラリと輝きました。
そしておめでとうございます、彼がこの「千葉大会2018」のチャンピオンに輝きました。

b0291402_10363863.jpg



この次に飛んだのが、2016年、2017年と千葉大会を制覇した、日本人の室屋選手。
次回は室屋選手の悲劇の8秒間をお届けする予定です。


by tabi-to-ryokou | 2018-06-10 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(12)

サバンナの動物たち(その6)(精悍なチーター、臆病なエランド、赤ちゃん象)(ケニア)

2月28日、サファリの5日目は3日連続で、ナロック地区に向かいました。

当日の夜に掲載した写真と似てはいますが、全てが新しい写真です。
お約束の日の出は、換算で896mmになる超望遠。太陽の中にいるのはヌーです。
EOS学園の師匠にこの写真を提出したら、こんなに空はいらないから、もっと大地をということで、前回よりも空を少なくして大地を増やしたのがこの写真です。

b0291402_20404625.jpg



この日はチーターのマライカ親子と会いました。
昨年会った時には1歳だった子供たちが、2歳になり身体つきも精悍になりました。

b0291402_20410266.jpg


b0291402_20411173.jpg



狩りをやめてお昼寝モードの親子。右がママのマライカ(スワヒリ語で天使の意味)、左が子供で、もう1頭の子供は後ろ側で寝ています。

b0291402_20411885.jpg



撮影現場はこんな感じで、一番右の木の下で親子が昼寝中です。
サファリカーがやってきては、「寝てるよ」とまた去っていきます。

b0291402_20412520.jpg



我々も、親子の動きが止まってしまったので、次に向かいます。
大型草食動物エランドの大群。臆病な性格なので輪になって、周囲を警戒していますが、
我々のサファリカーの方向は無視で、近寄ってくる肉食獣だけを警戒してるみたいです。

b0291402_20413460.jpg



次に出会ったのは象の赤ちゃん。この大きさだと生後2~3ヵ月。

b0291402_20414309.jpg




ママ象のあとを、必死に歩いてました。

b0291402_20415214.jpg



翌日はケニアの最終日。サファリも午前中の6時から8時半の2時間半だけとなりました。
この日までの5日間で、ビッグ6(ライオン、ヒョウ、象、クロサイ、バッファロー、チーター)に、合計2巡(2廻り)も出会い、
写真も撮れたので満足ですが、翌日も面白い光景に出会いました。



by tabi-to-ryokou | 2018-06-09 16:00 | 動物 | Trackback | Comments(38)

ブルン・バブ~ン、空のF-1とも呼ばれる「レッドブル・エアレース」(千葉県、幕張)

空のF-1とも呼ばれる「レッドブル・エアレース千葉」の開催は今年で4回目。
私は第2回大会からで、今年が3回目の観戦ですが、室屋選手の3連覇がかかってるので、決勝ラウンドが行われた5月27日に応援してきました。

本番前に、選手たちがエアゲートのチェックも兼ねコースで練習中ですが、観戦に来たボートが沖合を埋め尽くして涼しそう。

b0291402_05550291.jpg



我々はというと、砂浜にギュウギュウ。この日の最高気温は27度で暑かったです。

b0291402_05551141.jpg



エアレースに使用されてる軽飛行機。

b0291402_05552072.jpg



ブルン・バブ~ンと音はうるさいけど、機体は可愛らしいです。

b0291402_05552925.jpg



機体をひるがえしながら、エアゲートの間をぬって飛びます。

b0291402_05553704.jpg



エアゲートの高さは25m。

b0291402_05554695.jpg



垂直に急上昇してから背面飛行に移ります。

b0291402_05555445.jpg



背面飛行のアップ。

b0291402_05560473.jpg



飛んでる場所は、沖合200mから300m。

b0291402_07081919.jpg



肉眼ではパイロットの顔は見えませんが、望遠を伸ばすと見えます。

b0291402_07083267.jpg



さらにドアップで。

b0291402_07083937.jpg



モクモクと白煙をあげて船橋方向に帰っていきました。

b0291402_07084715.jpg


次回は、午後2時からの本番の様子をお届けします。



by tabi-to-ryokou | 2018-06-05 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(16)

ブルーインパルスのジェット機は、青空に美しい(静岡県、静浜基地、その最終回)

5月19日に撮影したブルーインパルスの最終回です。
その1回目は、青と白  空駆け抜ける  インパルス 、2回目は天空に  空絵を描く  インパルス でした。

ブルーインパルスが使用してるジェット機「T-4」を、あらゆる方向から撮りました。

真横からの雄姿。

b0291402_05151685.jpg



斜め飛行。

b0291402_05152893.jpg



真下から。

b0291402_05154935.jpg



そして、後から。

b0291402_05155941.jpg



背面飛行。

b0291402_05160886.jpg



背面機との2機編隊。

b0291402_05161786.jpg



最後に一番大きく拡大した「T-4」

b0291402_05163096.jpg



5月29日の日経新聞夕刊に「ブルーインパルス」は航空法違反??、という記事が載り驚きました。
住民側は「住宅密集地の上空で曲芸飛行は違法」、空自側は「曲芸飛行にあたらない」、と平行線をたどっており、
今後は航空法違反の疑いで刑事告発をする動きもあるそうです。
青空での高度な操縦技術や、美しい飛行や白煙にはワクワクしますが、地元の方々には違った見方もあるんですね。
できれば存続して欲しいのですが、ブルーインパルスを巡る、今後の動向を見守りたいと思います。

今晩(6月2日)は、学生時代の部活の同期会。コメント欄は閉じさせていただきました。


by tabi-to-ryokou | 2018-06-02 16:00 | 飛行機

狩りに失敗したカワセミ(葛飾区、水元公園)

ちょっと前の撮影ですが5月16日に水元公園、不動池で撮影したカワセミです。

木の枝から獲物を物色するメスのカワセミ。

b0291402_07305780.jpg



飛び出しました。

b0291402_07310624.jpg



加速します。

b0291402_07311421.jpg



飛び込んだ瞬間。

b0291402_07313082.jpg



静かな池に、小さな音と、大きな水飛沫があがります。

b0291402_07313850.jpg



飛び出て来ました。嘴に小魚は見えません。

b0291402_07314577.jpg



狩りは失敗でした。ちょっぴり寂し気なカワセミの背中。

b0291402_07424099.jpg



その後の常連さんの噂では、このメスと、パートナーのオスのカワセミの巣には、雛が何羽かいて、
雛たちは親に連れられて、そろそろこの不動池にデビューするはずとか。
そんな噂を聞くと、また水元公園を訪ねてみたくなります。


by tabi-to-ryokou | 2018-05-31 16:00 | | Trackback | Comments(18)

天空に  空絵を描く  インパルス(静岡県、静浜基地)

5月19日に撮影したブルーインパルスのアクロバット飛行の続きです。

こちらは1番機。6機の編隊では、指令機の役割を受け持っています。

b0291402_05503276.jpg



こちらは5番機。コックピットには2人のパイロットがいますが、ブルーインパルスのパイロットの任期は3年。
恐らく後部座席はOJT訓練中なのではないかと思います。

b0291402_05504189.jpg



さあ、編隊が上空に戻ってきました。ここからが本日のハイライトです。

b0291402_05505029.jpg



名付けると、空中開花。

b0291402_05505821.jpg



次は5機が、バラバラに飛んで、勝手な方向に飛んでいきます。こ・これはなんだ~~!!

b0291402_05510737.jpg



空絵が完成しました。これは星です。周囲の観客からは拍手も聞こえました。

b0291402_05511568.jpg



これにてアクロバット飛行はおしまい。白煙の間を去っていくのは4番機です。

b0291402_05512622.jpg


初めて見ましたが、見事なものです。
ブルーインパルスのパイロットは、航空自衛隊の戦闘機パイロットの中から選抜されます。
戦闘機パイロットになるだけでも倍率が高いのに、その中でもトップクラスでないと、ブルーインパルスには推薦してもらえないとか。
さらに訓練期間中に脱落者もでるので、まさに、トム・クルーズのトップガン。一糸乱れぬ操縦技術は、6機とも素晴らしかったです。



by tabi-to-ryokou | 2018-05-27 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(20)

目には青葉  池にカワセミ  缶チューハイ(葛飾区、水元公園)

東京は5月14日から、30度近い暑さが続いています。
江戸時代の俳人は、初夏の季語を三つ並べて、暑さをユーモアにかえて凌いだとか。
「目には青葉  山ほととぎす 初鰹」のパクリですが、「目には青葉  池にカワセミ  缶チューハイ」で、少しは涼んでいただけたでしょうか(笑)

GWの水元公園では、カワセミの水浴びしか撮れず、先日の小石川後楽園では、カメとの睨めっこしか撮れず、リベンジのため水元公園不動池を訪れました。
カワセミは現れてくれましたが、距離が遠すぎて日陰、しかも逆光。

b0291402_05460611.jpg



でもこの格好は魚を狙ってます。

b0291402_05461604.jpg



ダイブの瞬間は撮り逃しましたが、池から飛び出てくる瞬間。

b0291402_05462557.jpg



狩りは失敗で、そのまま遠くに飛んで行ってしまいました。

b0291402_05463213.jpg



20分程して、再び戻って来ました。今度は明るい場所です。
嘴の色からするとメス。常連さんの話では、縄張りにはパートナーのオスもいて、2羽で抱卵中とか。

b0291402_05464149.jpg



今度は、横っ飛び。おい、おい、どこに行くんだい?

b0291402_05464901.jpg



またどこかに飛んで行ってしまいました。でも、この横っ飛びは、偶然にもピントが合ってくれたのでラッキーでした。

b0291402_05465677.jpg



撮影日は5月16日、この日の東京の最高気温は29度。
炎天下で2時間粘りましたが、カワセミの狩りは2回で、2回とも失敗。こんな日もあるさ。
さあ家に帰って、缶チューハイでも呑もう(笑)



by tabi-to-ryokou | 2018-05-23 16:00 | | Trackback | Comments(8)

青と白  空駆け抜ける  インパルス(静岡県、静浜基地)

5月19日、土曜日は小旅行に出かけました。
静岡県の焼津市に、ブルーインパルスの事前飛行訓練の様子を見学に行ったのですが、自分としては、「初・ブルーインパルス」でした。

浜松基地から飛んできたブルーインパルス6機の編隊飛行。

b0291402_08361686.jpg



どんな場所で撮ってるかというと、左側に見える静浜基地の、北側に位置する道路です。

b0291402_08362614.jpg



太陽は逆光。高い位置を飛んでる時は、太陽光がレンズに入ってきます。

b0291402_08363573.jpg



背後から基地方向へ、ほぼ真上を飛びぬけていく5機。

b0291402_08364615.jpg



次は左から右へ。編隊飛行って、恰好いいです!!

b0291402_08365499.jpg



そして、4機で急ターン。

b0291402_08370385.jpg



次は背面飛行です。パイロットの顔が撮れないかと、思いっきりレンズを伸ばしてみました。

b0291402_08371419.jpg



東京からは新幹線と路線バスを乗り継いで行きました。バス停を下りてから、基地の北側に歩いて行くまでが遠くて、
おまけに6~7kgの機材を背負ってたので、重いのなんの。
暑かったし、帰りの路線バスはなかなか来ないし、夕方よれよれになって帰宅しました(笑)
なおバスのアクセスや、レンズの選択は事前に「やきつべふぉとの、mozuraさん」からうかがいました。ありがとうございました。

30分間のアクロバット飛行で、撮った写真は400枚。もうちょっと恰好いい場面もあるので、次回に続きます。


by tabi-to-ryokou | 2018-05-21 16:00 | 飛行機 | Trackback | Comments(20)